レンズ豆 と 排気ガス問題。
f0034392_1044835.jpg
レンズ豆(ひら豆)を仕入れてきました。何でレンズ豆って云うのか?豆の形が虫眼鏡のレンズに似ているからきているそうだ。
缶詰めと白っぽいレンズ豆(レンティルピース)MUSUR DUL(ヒンズー語)   レンズ(和)   LENTIL PEAS(英) 直径6~7mm程度の大きさ。黒っぽい方は熱帯魚の水槽に敷いたら丁度いい大きさで直径4mm程度。豆の名はグリーンレンティルピース(GREEN LENTIL PEAS) 日本語じゃぁ“緑のレンズ豆”ってンだナ! 
f0034392_105175.jpg
なんでこの豆が良いかつうと、第一に豆の大きさだろうよ。これが15mm位の大きさで豆のホクホクさが一個一個味わえたらホクホク感がうっとうしくなって食べ飽きると思う訳よ。この小ささが良い!と考えている。
でぇ、豆料理や芋を喰うと当然ガスが発生し体外に噴射しなくてはならない。
糖分が体内吸収出来ない分がどうもスカンクガスとして出ちゃうようでガス。体が豆料理に慣れたら問題解決なんだそうですが、豆喰っても喰わなくても処かまわず噴射するんで豆料理になんの変化もないが喰いなれない人は人混みで出てしまった場合、女の人ならいの一番に眉をしかめ「な~にぃ~っ!!いゃぁ~っ!」って小さく言えばOKです。が男の場合は豪放一発「知らん!」てぇ顔で目元辺りで『臭ぇえんだよ!』てすりゃいいんじゃねぇですかア?
では、缶詰めからいくかぁ!フランクフルト・ソーセージのレンズ豆煮込みだな。
[PR]
by bacamasa | 2009-04-20 00:24 | 料理 | Comments(0)
<< レンズ豆料理 と 買い物中の良... 釣りキチ三平と土佐の一本釣り ... >>