ちいさなパン屋『ぴこらぺこら』
f0034392_1627112.jpg
『あれぇ?この前来た時は無かった。ナニ屋だ?』と車を止めて見ているとドアが開いておばちゃん達4人出てきたじゃ。絵描き屋さんを偵察に、戻ってきて「パン屋さん。どうする?入って見る?買う?それとも冷やかし?」結局買い皿の手前のンが好み。それと角食一本を紙袋に入れてもらい、更にビニールの買い物袋に入れてくれ後部座席の置いてアチャコチャに行って家に着くと角食の紙袋がベショベショ。焼きたてをビニール袋で密閉状態にしたので蒸れて汗をかいた。暫く室内の空気にさらして今朝食べた美味い!開店して一週間目とか。長く営業を続けてもらいたいのと斬新すぎる味は苦手なんで、もう一個食いたいと思わせる味が良い。
食い意地張っている貧乏人としては支払った金額に見合う物を飲みたい食いたいと云う訳ダ。それで只今一番支払った金額に見合っていないのがコーヒー!コーヒーが最悪不味いなら雰囲気だけでもと思うベやナ。音楽流れてねぇ~。店内でコーヒーおとしているのにコーヒーの香りがしてないゾっ!それと食い物屋なども含めテーブルが粘つく処が意外と多い。
このパン屋さん店内は小さいが焼きたての匂いがして近々角食を買いに行くかぁ。何回か喰わんと分かりません。角食を焼いてバターを塗って食べるだけではないンでそりゃ~慎重になりまっせ!
[PR]
by bacamasa | 2009-04-28 00:15 | 小旅行 | Comments(0)
<< 何だァ“エコネコ石鹸”じゃねぇの! 喫茶『手風琴』での展示“夢想画... >>