子どもにかえって・・パチンコ遊びと大根の葉っぱと豚丼。
プラムの木を剪定(本人はそのつもり)で切り取った二股枝、パチンコの土台にピッタンコ。作っているときに向かいの犬が猛烈な勢いで吼えまくり出し『野郎!パチンコ出来次第そのうるさい口に打ち込んでやる!』と、そのような怒りが“ピッ”と頭ン中で炸裂したが実行は出来ません。がぁっ、一瞬閃いただけ。
f0034392_431561.jpg
「もっと芸術品ぽくしな。白いテープはダサイ。」と駄目だし!グリーンの処がそのテープ部分。
赤い印が小石を挟んで飛ばす幅広ゴム部分。試し打ちのときに“バシッ!”いい音でゴムが弾けたが、どうも挟んだ小石が飛んだ形跡がない?改良せんといかんナ。

f0034392_17381291.jpg

皮細工屋さんでハギレの皮を買い弾受けを本皮の一部二枚張りにしてと、もう餓鬼の頃に戻って試し打ちがまちどおしいじゃ。

餓鬼の頃は電線に止まっている“すずめ”を狙って打っていたが一度も当たらず・・・現在に至ってます。
このパチンコを見て絵描き屋さんが一言「バッカだねぇ~」って・・・バカです!


f0034392_17441378.jpg
f0034392_1863544.jpg
葉付きの大根をもらいました。
正確には『せっかくくれるのなら葉を付けて』とお願いしやした。
一応、無農薬栽培なのを確かめて(農薬使用でも生きる時間はほとんど変わらないンすガァ)大根の葉っぱ料理。
味噌汁。
新鮮大根葉っぱ入り切り干し大根。
先の青葉のピリ辛炒め。
葉っぱと豚コマと木綿豆腐。

大根をくれた人「葉にすごい栄養があるとは聞いて知っています。でも、大根の葉は食べません」とキッパリ。
また、キャベツの芯を味噌あさ漬けにして食べているのを知って「なんでも食べているんですねぇ」って言われて夕食時にキャベツの芯の味噌漬け摘まんでジーッと見てしまう。

右の豚肉はハーブ(家の回りに植えてある全種)のコッパ微塵きり入りニョクマム主体の漬けタレに漬け込んで何種類かの豚丼に変身。どの豚丼になるかは絵描き屋さんの希望で決定です。
[PR]
by bacamasa | 2009-07-17 00:57 | 遊び | Comments(0)
<< ショッピングモール『イオン』と... なんてぇこったい!! >>