(Janat Dores Teas) 紅茶染めバック。
兄弟喧嘩勃発前の一澤帆布製のショルダーや何種類かの布製ショルダーを使っていたが、ロフトの無印で買った無地の布袋に染めQで染めたダブル骸骨。何でもポンポン出し入れ簡単使い勝手がいい便利袋。
下地が白すぎて骸骨図柄が浮いているような気がして染めることに決定。
f0034392_18475014.jpg
何を使って染めようか?
珈琲豆?
インスタントコーヒー?
醤油??
丁度飲んでいた“ジャンナッツの紅茶”を使ってやろう。
“ジャンナッツティー”の1040 フレンチブレックファーストを大さじてんこ盛2杯(勿体無い!)
『スリーランカの厳選された茶葉でブレンドされたこのお茶は、ストレートでもほのかに甘いフルーティーな香り
がします。ストレートでいただくのがフランス風のおしゃれです。あなたもおしゃれの達人を目指しませんか?』ってなお奨め能書き。別に紅茶を飲んでフランス風おしゃれの達人には興味無し!
寸胴鍋の紅茶。いったい何杯分の紅茶なんだ?!
f0034392_1848594.jpg
漉した紅茶にバックを入れて煮る、煮る。肉なら煮過ぎ!横から絵描き屋さんが小さな袋を入れていった。
そのとき着ていた白いシャツをサッと脱いで煮立つ鍋の中。
紅茶鍋から流しにドタっベタッと取り出した3品。
f0034392_124711100.jpg
f0034392_150439.jpg染め上がったバックとシャツ。加齢臭を色で表現するとこの色がピッタリと合ってると思います。
加齢臭って言って毛嫌いしている若い人も若い臭ってなニオイがありまっせ。
このバックとシャツに加齢臭のエキス。和風香水『加齢』なんてぇえのがあったならそれをブップと吹きかけて満員電車に乗ってみたい。それも真夏の汗ダラの時期に。
そんなイカレた呆け爺ぃ~になりたいもんダ。ってもうなりつつある。
[PR]
by bacamasa | 2009-06-05 00:34 | 遊び | Comments(0)
<< 刈り残し・・・庭の虎刈り。 加減を知らない剪定・・・葡萄の... >>