ポスターカラーの様なハーブペースト
f0034392_1216491.jpg

収穫の秋だって訳でもない,春にばら蒔いたハーブの種が予想以上に芽が出て伸びる、伸びる。
それでもバジルは不足で来年は5~6倍種を蒔かないと冬に食べるバジルペーストを作れない。

近々、外部の娘(???)が来るのでバジルペーストとハーブミックスペーストを使った何かを食べさせてやろうと奮闘している訳ダ。
ハーブは雑草だね。10年前ミントの種を蒔いたら毎年、毎年草刈機で刈っても伸びてくる。チソ、三つ葉、ネギ、ニラなどが雑草と一緒に伸びて食べたい時にとって食べている。
来年はその数がグンと殖える。今年蒔いて一つも芽が出なかったのはラベンダーだけ。

f0034392_12161984.jpg
ミキサーにバァ~ジンオリーブオイルを入れたらなんか良い感じなので撮ったんだ。



f0034392_12163679.jpg
攪拌するとペンキだね。
バジル60、パセリ30、イタリアンパセリ30の割合の松の実とニンニク、塩、などを入れ小瓶に小分けして食べる分は冷蔵庫に、残り保管分は冷凍庫にいれて置く、我が家の食品賞味期限は作ってから食べて体に害を与えない間なんで、昔の食生活管理方法なんだ。
日ずけが変わると同時に食品が食品ではありませんよっていう管理方法は理解できないねオレには。

クラッカーにスライスチーズ乗っけハーブペーストをペトッとして酒(洋酒)の肴にいいんだ。
さてと、奴が来たら何を作って食べさせようか。






[PR]
by bacamasa | 2009-09-16 06:00 | 料理 | Comments(0)
<< パドックの人力馬糞清掃。 9月13日中山でのレッドハイヒール >>