鍋の季節がやってきた。
鍋の季節がやってきた。
玄関のチャイムをピィ~ンポォ~ンと押して
『まもなく冬ですよ~』って知らせがきているような毎日。

庭木の冬囲いをしている人がいた。

これからは鍋が美味しくなるし酒も美味い。

f0034392_8114093.jpg
これは石狩鍋。
携帯で撮った。
美味くなさそうな色按配。

鍋を突っつきながら、近所の空家のことが頭にチラチラ。
歯槽膿漏でパラパラと抜け落ちたような感じがして寂しいもんです。
季節が季節なだけにアルコール漬けの脳味噌にも隙間風がピュッと吹くんだ。
『オレにもまだそんな感情が残っていたんだ』と思う瞬間でもあるな。

小鉢の取り分けた白菜の上に春菊の葉っぱで『久』の文字。
偶然の文字で食卓が一騒ぎ、喰うっていいなって思う瞬間でもあります。




今の時期、喜怒哀楽の感情がボッコボコ出たり消えたり忙しい。




そんな時、一つの鍋を数人で突っつくのっていい。

酒も進むし話も弾む良い料理です。





[PR]
by bacamasa | 2009-10-13 00:11 | 料理 | Comments(0)
<< 携帯のゲン担ぎストラップ群。 将軍さまのおなりィ~ >>