無事終わったようで、カボチャがゆ
インタビュー取材家庭訪問も、無事終了だったらしい?
コマーシャル撮影の時には、『そうなんダ』くらいの気持だったのに、
なぜか、今回のインタビュー取材があると知って、気持が微妙に不安定(オレが、そうなってどーするって話ダが)
今回のインタビューは、絵と直結しているとの思いからなんですかネ?
『これからも、絵で進んで行くために、障害とならないように、無事におわってくれぇ~』
そういう、バカみたいな心配を、するもんなのよ。 
飯どきに、インタビュー取材の様子を聞いて、何故か『ホッ!』

f0034392_13484382.jpg
じゃ、ご苦労様でしたってことで、胃袋に優しい『ガボチャがゆ』をどうぞって訳。
残すだろう、と思っていたら、なんと完食!



と、ここまでは良かったのだが。
「ちょっと~ォー。ボイラーが大変~」の声で行って見ると、水漏れ。

業者さんが「古い型ですねぇ~10年もよく持ちましたネ。」

10年で、古過ぎまして、メーカーにも部品が無いので、新しいのに取り替えだそう。 (キィ~エェ~!)
『エコだの、クソだのと云ってんだろ、部品そろえておいて、一つの物を長く使えるようにせぇー!』ってカッカしながら、取り替えェ~。

業者「これは、新しくなって、お宅のボイラーは五代前の型です。」

ンなこと、聞いてねぇや。と思っても、口には出さなかったが。
せめてもの、ささやかな八つ当たり!!

[PR]
by bacamasa | 2009-11-19 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 冬囲いをガッチリしなきゃなんな... インタビュー取材の家庭訪問とか... >>