翻訳エキサイトで、日本語→韓国語→日本語で???
バレ小咄の『3人娘』を、翻訳エキサイトを使い、韓国語に変換し、それを更に、日本語に変換して、遊んでみた。
二階のノート型ではハングル文字が□□で□並び、デスクトップではバッチリなのに、ま、いいか。



들켜 에피소드 『3명 딸』

얻다 ―, 어떤 산속깊이, 3명의 딸이 한사람의 오 어머니와, 하옇든 , 여자만으로 살고 있었습니다만,
이런 깊숙한 산【은】중에도, 빠져 오는 여행에 남자가 있는 것이어서 하는 【나】.
여행 「하는 【은】 조숙하지 않는다만, 오늘밤 밤새의 숙소를 부탁하고 싶습니다만 ·…」
이라고 일컬어져서, 딸 경과하면 , 남자가 진귀한 것이에서, 대단한 기쁨―.
그것, 저녁 밥의 준비인, 그 앞에 목욕이다 ···…이라고 하는 소동으로, 여행의 남자가, 목욕(목욕탕)에 들어가고 있으면, 딸들이,
교대로 틈으로부터 엿봄을 하겠습니다.
막내딸 「흠, 저것이 남자의 몸인 것, 근처(변)이네요, 꼬리가 붙어서 【은】의, そて도, 산짐승들과 다르고, 앞쪽으로 【부라】 떨어지고 있다… ·…」
안딸 「얻고, 정말인가? 나에게도 슬쩍 비쳐 보렴이에요. 하옇든 【아】, 정말이다, 언니(누나)는 알고 있습니까? 」
처형 「【도레도레】,에 ― 얻고, 나도 처음으로 보았어요. 조금, 방해가 되어 보고 싶네요… ·…」
막내딸 「은 언니(누나), 나에게서 부탁해 본다」
て【은】에서, 막내딸이 용감하게, 목욕탕에 들어가서 보챈다. 여행의 남자도 놀랐습니다만, 친절할되어서 【은】이기 때문에 거절할 수 없다.
말 「언니(누나)들, 방해가 되어 왔다」
안 「에게 ―【에】, 어떠했니? 」
말 「응, 섬세함 길게(오래) 말야 흐느적흐느적 하고 있는 가죽(껍질)만 같은 것이에요」
안 「그렇게 【오】? 그럼, 나도 만져 오자」
て【은】에서, 안의 딸이 만져 온다.
안 「な【은】인, ち이 う이 아닌 것, 가죽(껍질) 안을 수 있기 말야 말할 만큼 연하지 않아, 저것은, 고기, 고기로 되어 있는 막대에요」
누나 「2사람이서 할 말이 다른 것은 이상하네요. 그럼 , 내가 조사해 온다」
과, 누나가, 만져 와서,
누나 「ま, 농담이 아니어요, 저것은, 큰 뼈だ! 」





見つけられてエピソード『3人娘』

どこに―,どんな山奥に,3人の娘がひとりの五お母さんと,とにもかくにも,女だけで生きていましたが,こういう奥深い山【銀】中にも,陥ってくる旅行に男がいることなのでする【私】.
旅行「する【銀】早熟でないただし,今夜夜中の宿舎をお願いしたいですが・…」だと呼ばれて,娘経過すれば,男が珍しく貴重なもの歯から,すごい喜び―.
それ,夕方ご飯の準備の,その前に入浴だ・・・…という騒動で,旅行の男が,入浴(浴場)に入っていれば,娘たちが,交代で隙間からのぞくということをします。
末娘「フーン,あれが男のからだであること,近所(便)ですね,尻尾がついて【銀】ウイ,そても,山獣らと違って,前面で【富と】落ちている… ・…」取らない「得て,本当か? 私にもさっと映ってみようとするということです。 とにもかくにも【ア】,本当だ,姉さん(姉)は知っていますか? 」処刑「【トレドレ】,に―得て,私も初めて見ました。 少し,邪魔になってみたいですね… ・…」末娘「銀姉さん(姉),私からお願いしてみる」て【銀】で,末娘が勇敢に,浴場に入ってだだをこねる。 旅行の男も驚きましたが,親切ななって【銀】であるために断ることはできない。
話「姉さん(姉)ら,邪魔になってきた」中(案)「エーゲ―【に】,どのようだったか? 」話「ウン,繊細さ長く(長く)語がゆらゆらとしている革(皮)だけ同じようなものです」中(案)「そのように【五】? それでは,私も触ってこよう」て【銀】で,中(案)の娘が触ってくる。
中(案)「な【銀】イン,ちがうではないこと,革(皮)抱くことができる話が話す程淡くなくて,あれは,肉,肉になっている棒です」姉「2人で話す言葉が違うものは変ですね。 それでは,私が調査してくる」煮込んで,姉が,触って,姉「ま,冗談ではありません,あれは,大きい骨だ! 」



[PR]
by bacamasa | 2009-11-22 00:07 | 遊び | Comments(0)
<< 詰め替えインクの詰め替え失敗 手渡された『美術手帖』 >>