出がらし“かつお”の再利用
f0034392_135756.jpg
昆布とかつおでダシを取った後、昆布は佃煮。かつおはカラカラに干して庭の草花や木に肥料として土に混ぜ込んだりしていたのでありますがぁ~。
先日、熱々炊き立てご飯にオカカを混ぜ込んで焼きおにぎりを作っていて、ダシを取り終えたかつおが目についた。

カラカラに乾いたダシ殻に醤油を絡ませて焼きおにぎりを一個作ってみたらソフトタッチの“オカカ混ぜ込み焼きおにぎり”なんだよ。
『これなら草木や鉢植えにやるのは勿体ない!オレが喰おう。』
醤油と粉末かつおダシを少々いれて、ふりかけオカカ、ほうれん草のおひたしの上にと大活躍。

「そこまでやって喰う!?」って人。


「ギャハハハァ~。面白~ォい。」ってェ人と色々。
後者は若い人に多いナ。

日常の食材で「えっ!!そこまで?そこも食べるの?」ってまで無駄無く食べる。食べています。
美味しい部分を生ゴミとして棄てるのを少なくしたいのと、美味いんダァよ!



[PR]
by bacamasa | 2010-02-18 00:21 | 料理 | Comments(0)
<< 服装問題って騒ぐなヤ。 見て、「なんだよこれっ」と言う... >>