バカ政印のバジルペーストとバジル味パスタ
f0034392_1435628.jpg

左はバジルの葉が70%、イタリアンパセリの葉が30%のハーブペーストで右は、葉をむしったイタリアンパセリの茎を棄てるのはいかがなものか?(最後の言葉使いは皇族用語??)
で・イタ茎ペースト。バジル100%が一番良いのですが昨年のバジル、30パーが虫の食料で30パーが発育不全(これはオイラの農業無知)で残り40パーの中からムニャムニャ差っ引いて25パーがペーストに回ったってところです。

f0034392_144614.jpg
やんわりとしたバジルソースを皿に敷いて茹で上がったパスタをのせ2種類の自家ペーストをそれぞれティースプン大盛り一杯ずづを皿の上で絡めこんでいく。

予め皿に載せて置くバジルソースは本格的な物でそれだけでも十二分に美味しいパスタとして食べれるのですが、今ひとつパンチが欲しいときに二種類のペーストをティースプンで山盛り1杯ずつ加えて食べますのでございます。

f0034392_1442486.jpg
絡め始めたばかりの写真で美味しくなさそう? キレイに混ぜ合わせて『さて』と。
写真を撮るのを忘れ、空腹に完全なる敗北!ガッついて食べてしまった。

自家生産(大袈裟)のハーブペーストには純和風食品が入っていていて、それは何か?
『それは企業秘密』




[PR]
by bacamasa | 2010-04-11 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 踏んだり蹴ったり転んだり・・・... 100年と1ヶ月現在もなお生き... >>