リュックを背負い隣村ぁ~。
f0034392_18181940.jpg
一気に50㌔走り股がサドルに擦れて痛いのなんの、折り畳んで電車で帰ってこようかと真剣に思ったほどの痛さ。調べたら長距離を走る為の股をサドルから保護するスパッツ(モモヒキ?)があるそうです。
そらぁ~必要ダ!

リュックは必需品、ママチャリの様にカゴや荷台が無いので弁当(おにぎりなど)、お茶、カメラやその他小物を入れて走らなくては遠出は無理。そこでこんな格好でバカが行くぅ~。


f0034392_1820693.jpg
隣村の外れのバス待合室に「ごめんヨ」と入り込んで昼飯タイム、貸切状態なのでリラックスランチでっせ。
と、そこに村人の老婆と老犬が散歩、『何やってんだぁ~』ってジロっ。
写っていないが、一人と一匹の後に猫が。婆さんが猫の名前を呼ぶと猛ダッシュで駆け寄り犬と鼻っ面摺り寄せていた。
その写真も撮りたかったが婆さんに「撮るんでネっ!」と一喝されそうでやめた。
オレ達、不法侵入者だし。


f0034392_18202340.jpg
最高のリュックの置き場所。
箒もスコップもあるし、食後に箒を借りておにぎりの海苔くずなどを掃きだしてきました。
ここで食べたのがミヤネ屋のおにぎり。


f0034392_18212685.jpg
f0034392_1821409.jpg
白鳥のイメージって澄んだ湖で気取った態度でシズシズと泳いでいそうだ。・・・がぁ~、泥んこの田んぼの中をつぶれた鳴き声を上げて落ちている籾殻を食べている。




喧しい白鳥の鳴き声

動画は無視で鳴き声だけを聴くしかないね。(わざわざ動かして聴くほどじゃありませんネ)

f0034392_18232486.jpg
この場所から15㌔走って合計50と3㌔で帰宅、腰から下はガクガク、股はキンコン股間ってくらいに痛い、妬けど傷の唐辛子塗ったようなビリ唐な痛み。
伴走車(勿論自転車)がとばすんで2~300m離され、
千代の富士の引退時の台詞じゃないが『体力の限界!気力も無く・・・・・・・』がピッタンコでヒィ~ヒ、ガクガクで玄関先で「体力もっ・・・・・気力も両方無い!!」




[PR]
by bacamasa | 2010-04-25 00:00 | 遊び | Comments(0)
<< 家庭菜園準備 と 桜満開。 深夜の訪問者 >>