今年最後の“冷やし汁”
f0034392_2219573.jpg

涼しくなってきたので今年最後の「手の込んだ冷やし汁が、食べたぁ~い」って言うんで、キュウリ切って塩揉みし、味噌を最初はガスレンジで焼くが面倒くっせぇ~ンでオーブントースターで焼いたりと結構忙しい。

大葉も千切りにしていれる。
(大葉とミヨウガの千切りを水にさらしアクを抜く)


生き方として一番嫌いな『ゴマすり』もしてンのよ。





f0034392_22202194.jpg

開きアジを焼き身だけを取る。

このままアツアツのご飯に漬物(茄子の浅漬け)と味噌汁で食べたい!






f0034392_22203573.jpg

ゴマと焼き味噌を練りこみ、かつお節のダシ汁で除々に割っていく。

いままでの具を入れ、絹ごし豆腐を摘まんで入れお椀に盛った冷めたご飯にたっぷりとかける。





f0034392_2220552.jpg

普段は茶碗6分目のご飯をも余す人が、この量で一杯半食べていた。


この時のご飯、炊きたてのアツアツだったので、ザルに入れ冷水で洗いキッチリ水気をきって作ってみたら合格。




f0034392_222181.jpg

体調が優れず食欲の無い時や、今年のように猛暑でゲンナリとした時にピッタリの食べ物です。


この時に摘まむ漬け物選びに神経を使いたい。

漬け過ぎたモノは合わない。


浅漬け、漬ける野菜は浅漬けに合う種類の野菜でなくちゃ駄目だね。


「もっと手の込んだ美味しい“冷やし汁”知ってるでしょう?」

「・・・・・・・・・・・・」


「次にそれを食べたい」


って、酔っ払って口を滑らしちゃったようだ。

酔うと自慢の料理のレシピを身振り手振りで言っちゃうんだモンなァ・・・オレ。





「今度ナ!」





[PR]
by bacamasa | 2010-09-29 00:35 | 料理 | Comments(0)
<< フリーザパック(小)一個のドラ... 実りじゃない秋の収穫 >>