春一番の訪問者 と ぶた丼のタレ作り
f0034392_16192218.jpg

屋根の雪をかき上げた雪がまだ残っている。

そんな雪山の手前がこんな状態、昨日まで雪に押し潰されていた奥尻島から持って来たハマナスが立ち上がって小さな芽も付いてと元気がある。








f0034392_16194717.jpg

その汚れた雪解け水で泥ンこの上をちっこいデンデン虫が超スローで這っているのを見て少し嬉しい気分、

そのままじゃ汚く写っているンで、泥水にきれいな水色をかぶせてなんとかデンデン虫も男前(?)

いつもは塩をかけたりと悪さを楽しんでいた。

今年は違う。

好きなだけ遊んでけぇ。

今ンとこは。








f0034392_1812269.jpg

ぶた丼のリクエストが多い。

そこで色々工夫をしてこれからガス点火、この前の段階は少し秘密です。


ぶた丼って、ご飯の上に乗った焼かれてタレに絡められた豚肉のテカリかたで「美味そう~」
っておもうハズ。








f0034392_18121690.jpg

豚肉を炭火で焼いてタレに浸け込んでもう一度炭火で焼いて、ドンブリ飯に乗っけタレをタラリかけてってぇぶた丼が喰いたい。

夏になったら七輪出して庭で作ろう。
今日はフライパンをガスレンジに乗っけて喰うか。







f0034392_18123148.jpg

沸騰させ15~20分、こんなに作ってって作り置き、天カマにこのタレを絡めて焼いても美味い。
一杯のおかずにもいい、そん時の酒は焼酎“大五郎”かナ?






f0034392_1813644.jpg

冷め待ち。





f0034392_18131930.jpg

出来具合としては、ご飯専用タレにピッタリ、その上に濃厚ぶた丼タレを絡めた肉を乗せる。
「完璧ダぁ」





f0034392_19171474.jpg

そんなこんなで自室に入り『まっ、一杯』と思ったらオレの燃料であるウィスキーが無い!!

「クゥ~っ!」

しょうがない、去年仕込んだ梅酒のロックを飲むことにしたが、今飲むって勿体ないィ~ってぇ。

と思ってものんベェ~にゃ~無理。

ブレーキっつうモンが無い。




[PR]
by bacamasa | 2011-04-14 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< またやっちゃったかナ? 飼料焼... 地デジまでもう少し と 何だか... >>