童話読んで ドッキっ!!
アルコール分の摂取量が熟睡基準量を大きく下回ったのか?

深夜、突如目を覚ました。

うつ伏せになって、訳の分からない溜め息一つ「うっぷわぁ~」

枕元のスタンドを付けもう一発、今度は快腸の証拠の一発ダ。

ベッドに潜り込んで手を少し伸ばすと気分に合わせた読む本に手が届く中から眠れない時の為の童話集を引き込みページをめくるとォ~っ!

グリム兄弟の『死神の使い』だよっ!少し“ギョッ”

話は
死神が力自慢と喧嘩をして瀕死の状態になってしまったところに、偶然出くわした若者が介抱して助けるんだ。
死神は助けてくれた若者に
「俺は死神だ、助けてくれたお前にも特別扱いはできねぇ~んだ。ンでもよ、助けてくれたお礼に、お前の命だけはいきなり奪ったりしない、その前に使いの者をやることにしよう」

そうして若者は楽しく暮らしていたらある日から体調を崩す、発熱、頭痛、虫歯痛、耳鳴り、夜中も体が痛いと絶不調。
それでも、『死』は思いもよらない
「何しろ死神は、おれのところにやってくる前に使いをよこすって約束したんだから」

それから体調を持ち直しおもしろおかしく暮らしていると、だれかが肩を叩く振り返ると死神。
死神の使いってのが体調不良だって話なんですが、

何故か童話として消化できず窓の外には朝日、向かいの飼い犬の早朝無駄吠えを聞きながらもう一回「ふぅ~わぁ~」って馬鹿話。

オレこの頃体調ワルっ!。







『 巻き飯・・・新バージョン 』

てぇナ訳で長生きには玉葱でしょう。
てんで、かつおダシガラ散らし飯を巻く中央に一ひねりがこれダぁ~。
f0034392_2116431.jpg

だいたいの家庭では生ゴミとなってしまう“かつおの出ガラシ”を醤油で味付けしたものをご飯に散らすエコ飯を一枚の海苔一面に広げる。







f0034392_21165972.jpg

その上にレタスを置いて







f0034392_2117979.jpg

レタスの上にマヨネーズを好み分だけ、写真撮るならマヨネーズは格好良くってだナ。







f0034392_21173234.jpg

できれば新玉葱がいいんだろうけれど、比較的新鮮な玉葱の薄切りをタップリのせる。
辛味をとるなら水にさらす、ポッカレモンを垂らすと短時間で辛味がとれるンであります。








f0034392_21174889.jpg

それをキュッを巻く、マヨネーズにシーチキンのオイルを棄て混ぜたのも美味いって。







f0034392_21182938.jpg

一本の巻き飯、ご飯の量は茶碗2杯くらいの量、普段サラッと一杯のご飯をやっと食べる人が一本をペロリ。








f0034392_21262936.jpg

古道具屋さんで買ってきた変てこな皿に盛ってくれとのリクエストで、こんな感じですか。





[PR]
by bacamasa | 2011-04-26 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 焼きソバ 『やきっぺ』 を喰う ヒョっとしてまだ枯れてないのか... >>