花モンと梅酢ぶた丼
道東に旅はチョイ休憩、なんせ写真の枚数、道中貰ったりなんやかんやと大量の印刷物を整理しないと訳分からなくなってしまった。



f0034392_9463014.jpg

庭のラベンダーを蕾のうちに少し切り取って干している。
ハーブティーにして飲んでみたいので、と、匂い袋の袋だけを買ってきたヤツが一人。

お茶にして飲むはずが匂いィ~?

1~2杯は飲めるンだろうと思う。







f0034392_9472882.jpg

豚丼のタレに梅酢を隠し味より少し出しゃばったものにして作ってみた。

肉の上に載っているのは“胡椒草”ですが、トッピングがガサっ!

これはいけるナ。

肉を炭火焼きにすると完璧に近いかもでっせ。









f0034392_9481854.jpg

白のアジサイが咲いた。
昨年はブルー、飼料にピートモスをタップリやったせいなのか、関係ないのか分からないが去年とは何かが違い綺麗に白く咲いてくれたよ。

アジサイは小雨が似合う、大雨だと水分の重みでシャキッとしないんだ。

白いアジサイは土に左右されないと聞いていたが、そうでもないようだとオレは考えている。







f0034392_9545888.jpg

脂身コッテリ豚肉で豚丼に挑戦してみた。

当然梅酢を使ったタレ。


今、豚丼を作って、豚丼を喰うのが楽しいンだナ。







f0034392_2182875.jpg

次回のキャンプに持って行くつもりで用意した梅酢。

両サイドのおやじギャグぽいネーミング“梅エキ酢”は、梅干を壷に入れておくと微量に出るトロっとした梅酢。
これは自分専用。

瀬戸の粗塩を使って出来た“梅酢”だよ。

そしてボリビアの塩を使って出来た梅酢、ボリビアの塩は少し汚れたようなピンクなのに澄んでいるのは、
梅酢になるとピンクのモノが沈殿して上澄み部分になると、瀬戸の塩を使ったものより透明なんだナ。

あのピンクの沈殿物は何なんだろう?
正体を知りたいような知りたくないような複雑でもあります。


正直言って、瀬戸の梅酢とボリビアの上澄み梅酢の違いって今のところ『分からん』がキャンプに梅酢があればだいたいの料理の味付けに用が足りると思っている。



梅酢が乗っかっているハンゴには炊いて1時間後の3合のご飯が入っているんだよ。
電気が通っていて炊飯器もある自宅で『何でハンゴ??』

絵描きやさんが、ハンゴでご飯を炊くのが楽しいらしく「災害の時に役立つンだからサ」だそうであります。

説得力が有るような、無いような台詞だ。








f0034392_16285828.jpg

何年も前から興味をもっていた沼田町の“夜高あんどん祭り”道東の旅最終日に沼田町役場の観光課に寄って説明とパンフレットほか資料を貰ってきました。






f0034392_1629682.jpg

興味津々。

キャンプ場も見てきたが駅近くの公園とホタルの里のキャンプ場とがあって、ホタルの里(ほろしん温泉)オートキャンプ場のコテージ、外見しか見ていないが住宅ってモンでしたナ。







f0034392_2358013.jpg

今日の締めに梅酒ロックを飲んで寝よう。

去年仕込んだ梅酒を久々に飲んでみようと室(むろ)から引っ張り出すと「ゲッ!」
1.8リットルの梅酒がもう梅が顔を出すほどになっている、『蒸発したか?』

ンなこたぁ~ねぇよ。

ノンベってこんな錯覚をちょいちょいするみたいダ。


飲んだ分は酔いで忘れまだタップリあると何時までもおもうんだナぁ。

梅干も残り数個、梅酒ももうわずか、こんな状態が一番寂しいモンよ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-20 00:07 | 料理 | Comments(0)
<< 網走~足寄~糠平源泉郷 知床横断道路を通り・羅臼~ウトロ >>