連日の暑い日のは素麺三連発
変わった冷たい素麺が食べたいとの注文でした。
素麺は大阪から送られてきたお中元が一箱あるし、家の回りのハーブ類や野菜なども有るし、何か出来るでしょうよ。


f0034392_18583987.jpg
f0034392_19195189.jpg

庭のキュウリもプリプリに育っている、素麺のタレを水分タップリなキュウリをすり下ろしてそれをベースにサッパリすっきりチョとすっぱ味のあるキュウリソース。

茹でて冷やした素麺にハーブ類の木っ端みじん切りを混ぜ込んで更に残っていた野菜類を刻んで出来上がりです。


庭で栽培している使ったハーブは

バジルの葉、
レモンバームの葉、
ルッコラ、
アップルミント、
大葉、
紫チソの葉、
イタリアンパセリ、
パセリ、
胡椒草、

組み合わせなんてどうでも良い、消費しなきゃ虫に喰われるか育ちすぎて雑草と化するだけだし喰う。



野菜は、鉢に密集植えした

レタス、
サンチュウ、
サニーレタス、
青梗菜、
二十日大根(見た目、九日大根)、

などの、ヒョロヒョロ苗より一歩行ったくらいのを間引き感覚で引っこ抜いて使っちゃった。
それで美味しいと言って食べてくれるし、自分も「美味い!」













f0034392_19203522.jpg
f0034392_19204599.jpg

「冷たくて具たくさんでサ、ピリッとした素麺作れない?」と目の光は挑戦的。

ギョクマムや豆板醤、コチジャンなどそれにキムチとかの味が好きなので
『じゃ、それらの中から選んで作ってみっか』


かつ節も刻み海苔も振りかけちゃった。

「なんで?」

近くにあったからダ。


コチュジャンと
『もう少しコチュジャンを足そう』と冷蔵庫から出して入れて混ぜてビンのラベル見たら“ぎょうざにんにく 三升漬け”「ヤバ!」

それが以外と合うンです。

でした。















f0034392_19215395.jpg
f0034392_19254146.jpg
f0034392_19255787.jpg

そうして、日曜の遅い朝です。

「又、変わった素麺って言ったら怒る?」

内心『ゲッ!また素麺かよ』って思いながら

「素麺かぁ」と余裕をチラつかせてしまったのが運の尽き

「じゃァ、素麺」


具は全てゴマ油にラー油を数滴と少々のボリビアの塩で味付けをした。
隠し味に“ボリビアの梅エキ酢”を一滴二滴、数滴振り垂らし込んでもみた。

出来上がった多国籍“素麺”

麺にはかつ節ときざみ海苔ってのがオレ自身の中の決まりみたいで、最後には無意識で振りかけているンだもな。


「レシピ、覚えているのかい?」って聞かれ

「いや毎回感覚でつくっているからナぁ」

「メモれって、作りながら」って

「そんな無茶ナ」


素麺はこれとこれって決まったら書き残しておきます。
孫ができたら作って食べさせればいいようにレシピノート作っるかぁ。






【地デジの完全移行してもオレ地上波セット】

地デジ放送に完全移行されて、テレビやビデオデッキがあってもただの箱。
テレビ無しの生活が今日から始まるってぇ?

今までもテレビ見なかったンで地デジに変えるつもりはない、大量のビデオテープとDVD映画、そうして毛鉤、各種の釣り紀行などが見たい時に見れる地上波セットのまま残して使うつもり。



アナログ人間なのか今でもオープンテープ、夏の暑い時期しか正常作動しないカセットデッキ、回るレコードを見ながらホッとして聴くLPレコードとか。

iPodやパソコンに取り込んで聴いてもいるが今一ピンときませんナぁ。

本当に地デジにしないと電波満杯?
[PR]
by bacamasa | 2011-07-25 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 日高襟裳岬 ・ 昆布アート? ... 十勝・帯広・豚丼 >>