馬産地圏内でブラ ~ 二風谷オートキャンプ場
f0034392_1825472.jpg

ここの前を通ると『なにか目新しいモノが展示されているんじゃないか?』と馬事資料館に毎度立ち寄るのですがぁ~って、それでもやっぱりくぐってしまう優駿の門。


この部分が大好きでついついハンドルをきってしまうんだナ。











f0034392_1832166.jpg

馬の絵も描いている娘にはたまらない資料館らしくて、なかなか出てこない。








f0034392_1834360.jpg

骨格標本を眺めて写真をとってって、付き合いきれず資料館の横に郷土博物館のような古い大きな一階建て物って言うか、この建て物の庭先に馬事資料館が建っているといった方が正解ダぁ。

あまり博物館のような物には興味ないが時間つぶしにダラダラと一人見て歩き外に出るとヤツはまだ馬事資料館の中だよ。





f0034392_1843513.jpg

さすが馬産地の道の駅です。のぼりの他にも活躍した競走馬の顔写真入り石碑?がずらり日高地方です。

ここは道の駅『サラブレッドロード新冠』道の駅スタンプも競走馬、

道の駅『みついし』も競走馬と昆布の図柄、浦河町馬事資料館は4個のスタンプ全て馬。

1っ個は馬(シンザン)の横顔でしょう、そこに「シンザン号 栄光の蹄跡」展1996年8月10~31日のスタンプ、こういうのを見たい。

常設展示できねぇ~のかね?何時いっても歴代の名馬展をやっていてくれたらと思いながら平取町二風谷辺りに向かって走り出した。





途中蕎麦か食べたくてある町の駐車場に車を止めて蕎麦屋探し、やっと見つけた蕎麦の文字のノレンをくぐって店内に入り蕎麦を食べたい気持が急いて「ざるそば二枚」と言っちゃった。

注文を終え店内を見回すと蕎麦以外の御品書きが多い?

「この蕎麦屋開店間もないのにカツオ節の香りしねぇ~ナ?」

「蕎麦のほんのり感も漂ってこないし、食材の複雑な臭い、どうする?」ったってどうよナ。

出てきたザル蕎麦、つなぎが多く「蕎麦?うどん?」
つけつゆも??

店内カツオ節の匂いがしないはずダぁ。
とりあえず一気に流し込んで(不味いものはこれしかない、後は残す)ゲンナリしながら店を出た。

こういう店に出くわすと落ち込む落ち込む。
「汁モノ(かしわとか天ぷらそばといった丼物)頼まなかったのが不幸中の幸いだったな、もう少し走って口直しすっぺぇ」










f0034392_18382843.jpg

荒れ果てた荒れ放題のキャンプ場を見たり、箱物(建物)も立派級も閉店野ざらしだし、金網フエンスに囲まれたぼうぼうとした雑草を囲んでいて金網に掛かる“テニスコート”って文字を見なけりゃ『??』のような状態でしたよ。

自然に恵まれた山間に大きな施設を建てる?温泉もあったが閉鎖されてけっこう時間経ってますって建物が言ってた。

途中のスーパーで食料を調達し早い時間に二風谷オートキャンプ場に入った。
遠くに写っている白い車が大飯喰らいのマイカー。広くてきれいでキャンパーは二組、貸切状態。
温泉も近いし良い所。

自転車を引っ張り出して二風谷をウロチョロ。












二風谷ファミリーランド内オートキャンプ場








f0034392_18123955.jpg

自転車で走り回っていると「何かいる!」

野うさぎ、ピーターラビットの世界だ。













f0034392_1813720.jpg

望遠レンズじゃないしパソコンでトリミングし拡大した写真じゃない、ここまで近ずけたんだって、人に危害を加えられた事がないのか?

これ以上近ずいて逃げられてしまいました。











f0034392_18132639.jpg

擬態!

枯葉が飛んできてくっ付いたのかな?

蝶じゃないと思う。

蛾の一種?ファーブルの元ファンが知ったかぶりの一発。








f0034392_18221199.jpg
f0034392_18222927.jpg

走り回って汗まみれ、

自転車で温泉(風呂はカラスの水浴びより短い)ヤツ(娘)はお湯を見たら急須の中にでも足を突っ込みかねないほどの温泉、風呂キチ。

お湯に浸かるのが何でそんなに良いのか分かンねぇ~!



※ ・・・ 誤字、脱字、文法の誤りなどなどがあっても適当に読んでください。(イッヒッヒ~)








f0034392_0121752.jpg

8月1日のオレんちの庭です。

鉢植えのサンチュ、韓国のレタスっていったような野菜の葉っぱにキリギリス、夏騒いで冬ブルブル震えて暮らすって俺を皮肉っているような写真だ。

自分の中にその様な思いがあるから皮肉に見える?
そりゃ~キリギリスのせいじゃないんで自分で処理ダべやぁ~。

それにしても影の薄いキリギリスじゃねぇですかぁ?




~サンチュを鉢植えにするかぁ?!
している。

プランタンにも植えてる。

もちろん狭い小さな畑にも植えてんです。
韓国の人にサンチュをやる事に、鉢植えでやろうと思ったら驚かせてしまったようで
「サンチュ鉢で?!」

最後まで新鮮なサンチュをと思ったが野菜を鉢植えでってビックリするわナ。
オレ、大根の鉢植え貰ったら・・・ギョッ!「だべやぁ~ア」
[PR]
by bacamasa | 2011-08-02 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
<< 旅の途中 ・ 釧路美術館  “... うまレター・8月号 >>