どん兵衛に粉末ダシと液体ダシがあるんだぁナ。
f0034392_1524459.jpg

“ニッポンのそば”

確かにニッポンのそばダぁ。



“道産利尻昆布使用”

これも気に入っているキャッチコピーです。



“だしがうまい 北のどん兵衛。”

ほんとうにダシが美味い、一味南蛮をたっぷり振りかけて暑い日に汗を噴き出させて喰う。
「美味い!」


ところが別の店で「おっ!どん兵衛だ、そばとうどんを買ってくべ」って
家に帰ってきて喰う段階で、「あれっ!ダシが液体じゃねぇの??」
まっ何時ものどん兵衛って然程気にもせず3分待ったネ。

「ズズズズゥ~」とそばをひとすすりして『ン?????』

汁をズ~っと『いつものどん兵衛じゃねぇ~って!???』
半分食べて喰う作業中止。

どん兵衛のダシは顆粒でしょう。
液体ダシをどん兵衛に入れたらいけませんネってオレは言いたい。

パッケージをよく見ると顆粒か液体か分かるのでカゴに入れる前に要チェック。

今までは“どん兵衛”の文字だけでポンとカゴに入れていたから、液体と小さく書いてあるのと、あるコンビニでは液体ダシどん兵衛だけ置いてあったりで店選びもしなきゃなんねぇ。

“どん兵衛”のそばとうどんは顆粒ダシだってぇ~の。

以上!







f0034392_17534945.jpg

狭苦しい敷地の超狭苦しい場所に花が咲いたり、バジルやトマトなどに虫やカエルに何のサナギか分からないサナギが紫陽花の葉の裏にあったりと賑やか。

庭に植えたり近所さんから飛んできた種などの半分以上の草花の名前が分からないし、知ろうと努力もしません。

「ヒョロッと細長いピンク」とか

「小さい白い花がクチュクチュっと咲くあれよ」で済んでしまう。

花畑にヨモギを植えているんだから時々『どう~よっ』って自分で思うこともある。どうーよ?

あまり拘りってものが無し。

花があって、緑がありゃ~いいって訳。






f0034392_2155887.jpg
f0034392_21552572.jpg


いつも娘がお世話になっている画材やさんのチラシです。
画材やさんの店内をウロチョロ歩き回って見るのも楽しいし新しい画材との出会うと、いいもんなんですナぁ。
なにかラッキーといったような得した気持になったりするんだ。

コミックって漫画を描く色々な画材、子どもの頃漫画家を夢みていたンで凄く興味がある。
行ってみようか。
[PR]
by bacamasa | 2011-08-11 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 猛暑の中カツ丼喰う!? 登録抹消! >>