家の前を通るオバちゃん達
f0034392_20551914.jpg

庭の木の邪魔な枝を気分しだいで切り取るという選定をし、燃やす作業をしていた訳ダ。

すると枯れ果てたポサポサな女の声、それも二人だ。


と・・年配の女性がオレんち前で立ち止まり
「あらぁ~、こんなに切っちゃってぇ~、来年咲くのかネェ?」
「ホンと八重できれいだったのに」
との話し声。

すぐに立ち去ると思っていたが『レレェ~っ!オレの居る焚き火の方にきやがった』

色々聞いてきたから適当に返事をすると

「えぇ~っ、えっ」って何度も聞き返す耳が遠いらしい、イラっと少ししたかな?。
オレ。

「ワシらと同じ年代ですかぁ?」って
「何年生まれダァ?」って聞くと完全に『おめぇ~らァ上じゃねぇか』
それに『ワシ』じゃねぇ~だろう?
「わたし・私だっちゅうの」



オバちゃんたちオレの年代になると1年がどれほどドでかいものかと言うことの重大さを分かってねぇ~。
オレの神経をズタズタにしやがって『オレんちの前で立ち止まるな』って言いてぇ。

オバちゃん喰らった一撃で完全KOだ。
立ち直れねぇかもよナってかぁ。(ヒッヒ~ィ~ひぃ)

声かける前に、耳直せ(補聴器とか)、シャキッとした姿勢と服装態度を整えて、なんて言うのか老いのオーラ全開モードで来られた日にゃ~たまらんナっつう話なのでありました。

今度、声かけてきたら害虫スプレー吹っかけて駆除してやろうかナ。
なんて言う一日の〆よ。

さほど怒ってはいませんがぁ、少し落ち込むっつうのよ。




f0034392_2134173.jpg
f0034392_21342787.jpg

朝食にこれとパン、ジャナッツの紅茶でスタートは気分上々だった11月3日でした。






f0034392_21352244.jpg

翌朝

「ン・・・・?」

ドアの下にメモ。

徹夜だったようだぁ。

起こさねぇ~よ。






f0034392_21353439.jpg

玄関に米袋が置いてある。

中は新じゃが芋。

毎年、毎年、農家から頂く新じゃが、どうやって喰う。

もう少しレシピを増やさないとナ。

伊達の人が来たら、朝にじゃが芋の冷たいスープでも飲ませようかとも考えているが数は減らん。

頂いてなんですがぁ、量が多くモタモタしているとじゃが芋の芽が出ちゃうんで、短期決戦ですね。

じゃが芋との。
[PR]
by bacamasa | 2011-11-05 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< ホームページ ・・・ 『sic... “家元を笑わせろ” と 釣りと蟹カゴ >>