屑野菜でコンポストスープ
f0034392_1343116.jpg

コンポストスープと言っても不潔・不衛生な物ではないんです。
野菜の皮、キャベツの芯、傷み始める寸前の野菜室に忘れ去られそうな野菜などを切り刻んで長時間コトコトと煮込む、それがベースとなっている。

ふつうならば生ゴミとして棄てられるか、家庭用コンポスト行きなモンなので『コンポスト・スープ』と呼んでおります。

右端のボウルが漉した野菜の甘さ満載の『野菜エキススープ』よ。





f0034392_13432016.jpg

具の野菜類は新鮮ものです。

小玉葱、カットトマト、コーン、なす、キャベツ、人参(摩り下ろしてスープに入れ漉す)、ハム、サバの水煮缶、カラー・マカロニ、固形ダシ1~2個。

少量のボリビアの塩で最終的な味の調整をして出来上がり。


「なに喰う?」

「スープって言ったら怒る?」

な会話から始まって毎回スープに決定よ。

「なに喰う?」って聞く意味なくねぇ~か?




f0034392_18484989.jpg

ある晩飯は、餓鬼の頃オフクロ目を盗んで夜中に作って食べていた玉葱とじゃが芋の醤油炒めを作って飯の上に載せて喰った。

今喰っても美味いナ。
横で同じく飯に載せ喰っている。
「あれ?これ美味しいネ」ってかぁ~ア。

味噌汁は納豆汁で、味噌を入れる前のかつおダシ汁を少し入れてあるし昔の味よりは数段美味いはずだよ。






f0034392_1849324.jpg

中玉葱二個、てっぺんから十字の切れ目が入り電子レンジ入り待ち。

東海林さだおさんの“丸がじり”シリーズ風に言うと
“たまねぎの丸かじり”







f0034392_21153028.jpg

電子レンジ強で5分、今日は2個いっぺんにチンなので7分のチンだ。

そのアッツアッツの脳天にマヨネーズか自分の好みの量を乗っけてカツ節。
喰う寸前に、これも好みの量のポン酢を振りかけて喰う。
こんな簡単で美味いモン時々喰わなきゃ損、しょっちゅう喰うってっと飽きちゃうので、美味しいモンは間隔を長くおいて喰うのが利口モンのように思うナ。

今日も腹いっぱい、喰うのって飲む次にいいナ、と考えている。

ごっつぉ~さん。








こんなニュースがオレ好き。
2年間冷蔵庫で保存されていた「宇宙人」

嘘っぽいけれどもいの一番に飛びついちゃうUFOとか宇宙人ネタ。
「なんだぁまたコイツ」と言いながら矢追純一モンみちゃうもんな。最後まで肝心要の物が映らない『それは次回』で終わりなのに見る。
[PR]
by bacamasa | 2011-11-19 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< おぉ~いっ!そんなに置いてくナァ 新米でぇ~す。新米ステッカー >>