牛タンとレバーの勘違いシチュー
f0034392_22583520.jpg

「牛タン2パック貰ったので何か作って下さい」ってオレは聞いた。

色々考えて『煮込んだ牛タンシチューを作ろう』と考えていて少ない材料でと間に合うものをテーブルの上に用意しだして、最後に冷凍庫から牛タン?2パックを出す。
と “レバー”と表示!!

玉葱をバターとオリーブオイルで茶色くなるまで炒め、血と臭みを抜いてカット、それから味見をしながらレバーシチューが出来上がった。
(オレに嫌いな食べ物はないが、これならレバー嫌いも食べれる。)

それを一晩寒い所に置いて今日の晩飯。

一人、3杯食べたヤツがいた。

食べた後、「メモってる?」って聞かれ、思い出しながら材料と分量を思い出してメモ。


「誕生日には白身魚のオレンジ味」との注文、ずいぶん昔に作ったやつダ。

材料は何々だったか??



(スプーンにレバーシチュー三杯の人がカメラと一緒に写ってマ)・・・す。









f0034392_14261531.jpg

ポスターやDMのデザインをどうしたモンかとパブリカを撮影して、一発で目に付くもの(色合わせ)探している一部がこんなのからボチボチ始めている訳。

レバーシチューのバックと影をパソコンでいじくりまわしてヒントが無いかと、肩こりと闘いながらピコピコやっている。

芸術とかなんとかよりも、一発遠目からでも『ウんっ!?何だ?』って思ってくれて、近くによって
『オォ~、個展かぁ』ってェ~流れになれるようなポスターを、ってぇ“なんだ”よナ。

出来んのか????

やるしかねぇ~よ。







【歳相応な生活態度をチラッと考えた瞬間】

夜、スーパーに買出しに行った。
お菓子売り場っていうか、お菓子の棚の前で娘と何時も家でじゃれ合っている様に小さく体をぶつけ合ったりしていると、ツっキ~ンと強い目線を感じその方を見ると、在庫点検中のオバちゃん店員が『ギッ!』とした目で睨んでたナ。


ほんの瞬間、反省みたいなことを考えかかったが、結果、オレ達親子には無理。
スーパーのオバちゃん睨まないでくれぇ~。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-08 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< モーニング・コーヒーと“神さま... 除雪車の置き土産と謎のマスクマン >>