下ねたジョーク
ベッドの中で、声をだし、大笑いした臭いジョークを二発・・・・・と、おまけ。

食事直前でしたら、どうか読まないでください。
忘れさられていた臭いと形が蘇って、楽しい食事を台無しにしてしまう恐れが予想されますから。
以上が、読む前の注意事項!!







『 ウォーミングアップ 』

 混んでいる酒場に男がやって来て、バーテンに言った。

「あんた、もしおれが尻で歌を歌ったら、タダで飲ましてくれるかい?」

「いいとも」とバーテンは言った。

 男は、カウンターの上に上がると、いきなりそこにクソを一山たれた。

酒場の客は、悲鳴を上げて店を飛び出して行ってしまった。

「どういうことだ、これは」とバーテンが怒ってどなった。

「あんた、落ち着け」と男はバーテンに言った。「ペリー・コモだって、歌う前にはセキ払いしてノドの通りをよく

するぜ」






『一壜』


 
 
 うすのろのコワルスキーが旅に出た。汽車に乗ると、彼のコンパートメントには、すばらしくいいにおいのする美人の先客がいた。

彼は勇気のありったけを振って、彼女の使っている香水は何かたずねた。

「シャンネルの5番よ」と彼女は冷ややかに答えた。「ひと壜50ドルの」

それっきり会話は絶えた。やがて、コワルスキーの腹がしくしく痛みだした。
ガスが腹にたまったのだ。
仕方なく、コワルスキーは音のしないように気をつけながら、猛烈にくさいやつを一発洩らした。

 女は、コワルスキーをにらみつけた。あわてた彼は聞かれもしないのに告白してしまった。

「インゲン豆なんです」と彼は言った。「ひと壜50セントの」







お・ま・け・ェ

『選別』

 女がパンティストッキングをはいているかいないか見分けるには、鋭い目が必要だ。

 彼女が放屁した瞬間にくるぶしを見るのである。

もし彼女がはいていれば、くるぶしがちょっとふくらむのだ。
[PR]
by bacamasa | 2012-05-24 00:00 | 下ねた | Comments(0)
<< ネット通信復活 ネット通信不能 >>