無農薬キャベツでスープ と 本場本物の『韓国料理』
f0034392_1012653.jpg

玄関先のアサガオが葉っぱに埋もれて咲いていた今日の朝よ。
若過ぎた頃に、普通なら後悔のしたり弱気になってしまうような時間を過ごさなくてはならなかった時に、
オレは『缶詰の空き缶でアサガオを育てよう』と考えていた。
それからのアサガオなのよ。




f0034392_10122079.jpg

熟れ過ぎてひび割れしたトマトとキュウリが朝食に混じるハズ。
早朝に庭に出て野菜を採り喰う、太陽も『今日は暑くするゼェ』って言いそうな光を発射しているし、今日も朝飯が美味いゾ。

キュウリに棘々があるのが分かる?
触ってチカッとする棘のあるキュウリはもぎたて新鮮キュウリってことです。
オレんとこのこのキュウリ、新鮮すぎて数分前まで日高の馬糞肥料だったんだぜ??
ってくらいに新鮮っつうことです。


f0034392_10123480.jpg

農家さんから無農薬栽培キャベツを3個貰っちゃった。
表面を虫が少し喰っているがドーってこたぁ~ねぇよ。
餓鬼の頃、オフクロが育てたキャベツ、葉をめくると青虫がグニュグニュしているなんて普通だったからドーって事ない訳。

それより、どうやって3個喰うかだ。
で、1個丸々キャベツスープにしちゃうって事にした。
寸胴鍋でグツグツ煮こみ、スープはそのまま残し煮込んだキャベツをミキサーにかけてトロっと粉々のして粗めのザルで漉す。
それを目のこまい漉し器で漉して残しておいたスープの戻し煮込む。

鶏ガラでダシを取ってボリビアの塩で味の調整をし、粗削りのブラックペッパーでスープは保々完成。

このままだと、スープの色が悪い、色が悪いと味付け100でも見た目でマイナス4~50パ減点されちゃうと思う、そこでトマトの味が出しゃばらない程度で色をトマトで付けてみた。


f0034392_1013662.jpg

こうだナ。
鶏ガラの味も出過ぎずキャベツの甘味たっぷりスープってのがこれ。





f0034392_10134589.jpg

バックの色で見た感じがどう変わるか、全部で8色つくってみた内の2つ、これ夏向きかナ?




f0034392_10142934.jpg

好きな萩が咲き出した。
好きなんだナ、理由は『好きなんだ』
一昨年、裏の家から株分けしてもらった白い萩を4~5ヶ所に植え去年は一株が咲いた。
今年は何株で咲くか?



f0034392_10192361.jpg

奥の皿が韓国料理のチャプチェ(잡채)、漢字で書くと雜菜なんだそう。

手前が自前の茄子とキュウリをトマトで煮たモンよ。


f0034392_10193262.jpg

チャプチェ、これは若くて顔が綺麗で足もきれいな韓国のオネェ~さんが作ってくれた本場、本物韓国料理。
辛くはないっていうか唐辛子を使っていない、ゴマ油の使い方が上手なのよナ。
飯の上に乗せて混ぜながら喰う「うめぇ~なぁ~」
韓国に行って爆発するほど韓国の料理を喰いたい、生きている残り少ない時間にと考えている。

ご飯の上に乗せるとチャプチェパプ(잡채밥)、漢字だと当然『雜菜飯』
韓国春雨料理・・・・・「美味い!」


f0034392_10195634.jpg

1個の自前茄子を複数枚皿分を作るって大変よ。
茄子とキュウリとトマトに玉ネギが主役料理『もう少し食べたい』くらいだから、これでいいのダ。
茄子は単発でしか実をつけないンだからシャ~ねぇもんな。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-15 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< 盆踊りを踊ろうとするドブネズミ... au光・・・勧誘 >>