グスベリージャムとバジルペースト
f0034392_1916238.jpg

グスベリージャムとバジルペースト。

ジャムと右側のバジルペーストは料理の達人オネェ~ちゃんの所へ今日行くって言うか、行った。
バジルペーストにはバジルの葉は勿論大量使用で、胡桃と松の実2強対1の割合で入っている、塩分が万遍なく溶け込んでくれてたら幸いでございます。(クレームつくかナぁ)

ジャムは例年裏ごししていたのを止めてグスベリーの実が煮崩れ状態にした。
トーストのバターを塗ってこのジャムを塗ってはいけない、乗せる。
乗せて喰うジャム、ジャムってそういう風に喰うンだろ?
トーストの厚みと同じ位の厚さに乗せ喰う、『美味い!』って訳。

バジルペーストはフランクフルトやそっち方面を焼いて塗ったくったり、冷たいスライスしたトマトにも合う。
オリーブオイル、バージンオリーブオイルなんて言っているオバサンもいるけれど、洋式結婚式で花嫁がバージンロードを歩くよな、ほとんどの花嫁さんて父親にエスコートされ「やるよネェ~」だろ。
だからオリーブオイルでもサラダオイルでも良いのです。
と、バジルペーストと酢を少々に塩パラッを混ぜ合わせサラダドレッシング
焼き餃子にも塗って喰ってる。

料理の達人オネェ~ちゃんからクレームが来ない事を念じてます。
来ても『無視!』



f0034392_19165159.jpg

大瓶がオレっち用っていうか、保々オレ用ジャム。
焼肉料理の隠し味にも使うし好みも入って甘さ控え目、 よ。

パッケジはもちろん娘作なのでございますなのダ。
[PR]
by bacamasa | 2012-09-02 00:00 | 料理 | Comments(0)
<< デカ過ぎねぇ!? キノコが無い!!・・・と・・・... >>