細岡展望台 ・・・ 釧路湿原 ・ 2
f0034392_21363447.jpg

チョットした登山散歩路のような道を歩いている人が多い、オレは車。
走っていて遥か手前での案内標識はバチッと決まっておおいに助かるンですがぁ~ア・・・だぁ!!

目的地近くなると、適当で雑。
道から引っ込んでいて見逃すなんてのもザラでこの細岡展望台標識も奥まって通り過ぎてしまった。

道は細く展望台など到底ありそうじゃない風景で
「こりゃ違うな?!」
けっこう来てからUターン。
やっと見つけ何とか到着でした。





f0034392_21371269.jpg

その前に“細岡駅”ホームでドブ鼠とのツーショットを撮られてマった。
パソコンに取り込んだデーターを見ているとチョイと変な写真がこれ、ミラーの端っこに写ってる。
このことを言って写真を見せるとキッキッキ~と左手をドブに入れて一人と一匹が笑ってた。




f0034392_21392151.jpg
(写真をクリックすっと多少大きくなります、ハイ。)

釧路湿原ダ。




f0034392_21422175.jpg

まだまだ蛇行したトロ場あたりに巨大イトウが潜んでいそう
写真より実際に行って眺めたらみとれっちゃう、そんくらい良い。





f0034392_21421318.jpg

来て一番良かった。







湿原画家として又釣り師として有名な故・佐々木榮松の絵葉書。
開口健の『河は眠らない』の中の“私の釣魚大全”(これだけの文庫本もあります)そこの“根釧原野で ≪ 幻の魚 ≫ を二匹釣ること”に画伯にイトウ釣を教えてもらう様子が書かれています。

画伯は釣の著書も書かれており釧路に住んでいた頃からその本を読んでは釣りに行っていた。
f0034392_2282482.jpg
f0034392_228182.jpg
f0034392_228538.jpg
f0034392_2283153.jpg

釧路湿原展望台で購入した画伯の絵はがきで少しでも湿原の素晴らしさが伝われば幸いです。



来年(2013年)の夏ごろが楽しみです。
また道東ひとっ走りしなきゃなりません、今からワクワクするなぁ。
f0034392_2291871.jpg
f0034392_22493869.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-09-23 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
<< 映画 『夢売るふたり』を観てきた。 映画 『バイオハザード V :... >>