13年ぶりの小樽   5  あやかり『武揚』さん
f0034392_2318027.jpgf0034392_23181259.jpg
f0034392_23182545.jpgf0034392_23183444.jpgきっと両サイドに商店らしき建物が並んで立っていたんだろう、この建物も元店やだったみたいだし、
真横の写真に写っている煙突、子どもの頃よく目にしてた。
煙突を支えている梯子、真冬になると大きなツララが下がっていて、その周りで ”缶けり” や ”こま” ”ぱっち” など青ッぱな垂らして遊びほけていた。



f0034392_23232077.jpgf0034392_23233548.jpgアーケードの通利り中央にあって、”なでる”場所によって”頭が良くなったり、”なでる”場所にやって”商売繁盛”や”金運が良く”なったりするそうで、写真のお母さん、なでる、なでる、自分の為か?
まだまだ”なで”続けている、連れ合いの分!さすったり、なでたり。
おォっ!今度は子ども達の分か?こりゃ子沢山だ!!
今度は左手で、孫の分かもしれないナ。
最後に小さく一礼して『満足、満足』といった感じで離れていった日本のお母さん。
俺のオフクロも昔、毎朝神棚に手を合わせ沢山の願い事を頼んでいた。
「神様も大変だな、そんなに沢山の願い事覚えきれねぇな」と憎まれ口をたたいたのを思い出しちゃった。そのオフクロ、俺達子どもの名をかたり、実は自分の願い事だったのかな?!そのご利益あってか2007年3月で97歳、平成より江戸時代に近い生まれ、まだピンピン!!



f0034392_23235057.jpgf0034392_1036458.jpg


古物屋さんの看板娘、そうして金物屋さんの店先に吊るされたカンジキ、「今年は雪が少なくて売れてねぇのか?」とか好き勝手言って歩くのが大好きな親子!
以前に二人であるデパートへ行った時、手だけのマネキンがレースの手袋をはいて展示してあった。
指の関節は人間の手と同じく曲がる、気取った指のポーズだったので、五本真っ直ぐにして第一関節だけをギッっと曲げてきた事、あります。
今もいろいろ小さな悪戯・・・・・・楽しんでんス!


f0034392_10365975.jpgf0034392_10371295.jpg









楽しくなる看板沢山あって、デジカメや携帯で犬のマーキング小便のように撮りまくり、整理というか枚数が多く二枚でおし枚!!(おしまい)

[PR]
by bacamasa | 2007-01-03 17:55 | 小旅行 | Comments(0)
<< 13年ぶりの小樽    6 喫... 13年ぶりの小樽    4  ... >>