料理レシピについて
 f0034392_1713147.jpg
これは干したししゃもを焼いて作った“バカ政”流マリネ
まずは本来のレシピを参考にマリネ液を作ってみる
              
                     赤唐辛子
                     酢
                     水
                     砂糖
                     醤油
                     塩
                     粉末だし

となっているがどうもピンとこない味、そこでサンマで作ったオイルサーデンのオイルが残っていたので、これを入れる、ワインビネガーを適当に でもサンマの生臭さがきになり、
ローズマリー、タイム、ローリエ、一味、を適当(何度か味見)

玉葱は8倍、ニンジン、ピーマンは2~3倍の量、玉葱は水にさらすなどしない。

マリネはご飯にもパンにも合うし、一杯のおかずにもピッタリ
いろいろと工夫したり、人に聞いたりして何種類かの“バカ政”のマリネ液は完成しているが小さじとか何カップといった決まった数量がなくどう書くか一工夫。
ししゃものマリネ液、これから変わりながら“バカ政”マリネになっていくわけです。
これはどこの国の料理なのかな?イタリアか?
とにかく本場のを食ってみてぇー!



マリネ [(フランス) marin]
魚・肉・野菜などを香味野菜や香辛料・酢・油などを合わせた液に漬け込むこと。また、その料理。

調べましたらフランスでした。(調べなくてもフランスか)
[PR]
by bacamasa | 2007-04-18 19:02 | 料理 | Comments(0)
<< エスキスだってヨ!  『下書き』 また、また、また  帰って来た... >>