山菜料理・・・・・『フキの葉っぱ』
魚釣りで今頃、目につくのがフキの切り捨てられ、干せからびた葉の残骸。
茎が食べれるのなら葉だって食べられるはず!

f0034392_2011628.jpgf0034392_20121121.jpgf0034392_20133269.jpg
川っぷちに生えているみずみずしい青ブキの葉二枚持ち帰り一晩水にさらし(たいして意味の無いことで、次の日に作りたかっただけの話)

f0034392_20143656.jpgf0034392_20153050.jpgf0034392_2016439.jpg

適当に丸めて、これまた適当な細さに切って、フライ鍋にバァージン・オリーブオイル(これまたオリーブ・オイルって使うと洒落た感じの料理って・・・しないかナ?しないか!? 天ぷらを揚げた残りサラダオイルでもなんでもOKっうこと・・・すぅう)
辛いのが好きなので鷹の爪2本とフキの(千切りより太め)葉をフライ鍋にバサッと入れ炒め醤油と砂糖を適当、適量入れバシッといい塩梅に仕上げるってわけ美味い!
酒の肴、茶漬けのときや、握りめしとかにも合いそうでした。
f0034392_20172599.jpg

で・・・上がフキ油炒め煮、左から行者キンニク(キトビロとかアイヌねぎ とも言う)、一つ飛んでウドの葉芽の天ぷら、
そしてワラビの味噌汁、今回のフキの葉っぱ!!で、この日の晩飯は『山菜定食』
[PR]
by bacamasa | 2007-05-27 22:02 | 料理 | Comments(2)
Commented by sichihuku at 2007-05-30 19:05
父上。勝手に記事を書きました上、トラックバックも送らせていただきまする。油飛び跳ねてすごかったよね~私今日床拭きしたもん。
二度目の今回は一度目に比べて失敗とかいってたけど、美味しかったっすよ。
山菜料理の道、究めてください。こちらは一生懸命食べますので。
Commented by bacamasa at 2007-05-31 05:11
久美さん 床拭きさせて・・・・・面目ねぇ
今度はキッチリした料理つくってご馳走します。
<< マイホーム建築中!! 雰囲気を少し、感じとってくれた... >>