世界で一番臭い・・・・・?!
f0034392_17544275.jpgf0034392_17524582.jpgf0034392_17514834.jpg
f0034392_1752112.jpgf0034392_17522027.jpg

f0034392_17532667.jpg


このくねった発酵にしんのこの“裸体”!!
このクラッカーにこぼれている汁が、しょっぱい色っ!!f0034392_1753365.jpg














f0034392_1754627.jpgf0034392_17535064.jpg
f0034392_17542163.jpg世界で一番臭い缶ずめを食べにというか臭いを嗅ぎたくて食いしん坊親子が出かけました。
どんなに臭いのかとワクワクして待ちました。
まぁ、この様な催し物では始めにリーダー格の人の挨拶ですね。
缶ずめは中で発酵し、プクンと膨れ上がっている、その缶を先ほど挨拶した人物がビニールの手袋を履いて買い物のこれまたビニール袋に缶ずめと缶切をもって入れ缶を開ける。
その臭い臭い鰊をクラッカーの上に乗せ食べた。臭いはともかくショッパイ!!のなんのってショッパイ~っ!!
絵描き屋さん、食べてます、クラッカーの上に世界で一番臭い発酵鰊の缶ずめを乗せトマト、チーズ、バター、馬鈴薯などでしっかり食べてますワ!
この女の子は缶ずめを開け臭いが漂ってくるとずっと鼻をつまんでました。

港街で育ったので臭いと言うより懐かしい臭い、道東の大きな港街で漁獲高日本一だった頃は浜の近くの小屋のなかで御大鍋で煮ていた。そのあたりの臭いになれてというか期待外れの臭さでした。たしかカス炊き小屋と言っていたが何をつくっていたか?カスか?!カスってなんだ???

臭い食べ物なら奥尻島のあるバァさんが作ったホッケの切り込みの臭さはまるでウ○チのそれより臭い、鼻を摘まんで一切れ口にいれるとトロリとして美味い!!
臭いと味ではこっちの勝ちだな。

帰ってきて調べるとだいたい食べ方は同じなのだが発酵ニシンを小さく切ってパンとかの上に玉ねぎ、などと一緒にのせて食べているみたいです。
俺、一匹まんま骨ごとクラッカーだけで食べた。舌が抜けるほどしょっぱい!!
少しオーバー!
スェーデンの缶詰は遠くまで漂う臭さで奥尻島のキクバァさんが作った(今は故人)ホッケの切り込みは近間のキツイ臭さ。やっぱり奥尻の勝ちだな。
[PR]
by bacamasa | 2007-09-23 19:07 | 料理 | Comments(0)
<< ひまわり畑 これが本当の『バカ政とくぎぶくろ』 >>