毎度、毎度の『なんこ鍋・定食』がですねぇ~。
東海林さだおさんの『丸かじり劇場メモリアルBOX』のp.220に書いてました。
“銀座のまん中で馬を焼く”というお題で、店名も載っていたので早速ネット検索で出ました文中の『馬焼専門 銀座こじま屋』が、さらに進んで『馬肉ホルモンの煮込み』のレシピも2種類。
作って食べる気持はゼロ!!北海道のと銀座の馬ホルモン煮込みがどう違うか材料と写真で大体のことがわかっちゃう、その違いをしりたいなぁ~と思ったモンで。
2種類の一つから材料を、

馬ホルモン
ニンニク
ショウガ
ゴボウ
こんにゃく
豆腐
味噌
醤油
だし

主役の馬ホルモンを名わき役がっずらっ!!器も洒落たもんだ。
馬ホルモンは匂いが強いのでアクをしっかりとる、ホルモンの脂が臭いらしい。
春に食べた なんこう定食その後何日も胃袋や口に残ったのは匂いなのか味かぁ~わかんねぇ。
北海道と銀座の馬ホルモン煮込み料理の違いは『モンペをはいた料理と和服で着飾った』って位の小さな?違いかな。
採点せぇ~って言われたら「ドロー!引き分け」
どっかの政治家じゃないが「二度と口にしません」と“みそぎ”の最中ぅ~っすぅ・・・から!?
馬頭観音さんの怒りが収まりますように・・・・・・・アーメン!!
[PR]
by bacamasa | 2007-12-05 20:38 | 料理 | Comments(0)
<< パンプキン 台湾もシンガポールも人相変わら... >>