ワァオ!・あかびら
f0034392_22343056.jpg
f0034392_22345454.jpgf0034392_22351054.jpgf0034392_22354236.jpg
f0034392_22395588.jpgf0034392_22401584.jpg国道275を走って、滝川、滝川から赤平へ炭鉱の跡を写真やスケッチにと行ってビックリ・シャックリ・驚いた。何にがって、駅なのか?なんなのか?西洋のお城が建ってマってたぁ。
その方面の情報に詳しい人に聞いたところ「駅じゃない」そうで「その後ろが駅!」なんだそうです。
建物の中に入ると一階の壁の高いところの時計の下にオルガンらしいものが・・・!?
教会の様な雰囲気(っても教会には入ったことが無い)「すっげぇー」の一言。
階段を登って上の階へ行く、トイレも綺麗だし・・・・・ンでもよ・・・人が居ない。
ギャラリーとしても使えるスペースもあるが、どうなんだ?せめて上の階に七宝焼きとかの作品を一階部分に展示してJRを利用する市民の目に触れる場所にと痛烈に思ったっスね。
10代から、跳び、跳びに赤平とは縁があって、無関心ではサァ、いられない部分がある訳なんで、この建物と周りの風景(建物)とのアンバランスにドッキっ!裏にあるプラットフォームを見て「オーゥ~、オレの知ってる赤平駅ダ」そのギャップが複雑!そんな、こんなナ気分で歌志内周りでと赤平駅前を走ったのサァ~ね、元炭住の東雲町付近?・・・手前?・・・の街頭の時計が・・・!?よオォ、五時前なのに六時半を回ってたっけ!あの時計は進んでいたのか?止まっていたのか?このあたりも気になるなァ~ア・・・だ・・・ぜよオォ。
もう少し雪解けが進んだ頃に又いっかぁ~、赤平に。
[PR]
by bacamasa | 2008-03-21 00:09 | 小旅行 | Comments(0)
<< 滝川・商店街 一時間待ち >>