今年初の“ヤチユグイ”
f0034392_11184448.jpgf0034392_11185921.jpgf0034392_1119965.jpg
f0034392_11191826.jpgf0034392_11194152.jpgf0034392_1128386.jpgf0034392_11203833.jpg
f0034392_11215321.jpg今年最初のヤチユグイのスパイス目茶ぶっかけカラ揚げ。
ヤツユグイの内臓とエラをとり滑りを塩で揉んで水洗いし、塩、胡椒、乾燥パセリ,五香粉、タイム、ガラムマサラ、ローズマリーを振り少し適当にしみこんだら

ナイロン袋に小麦粉とカレー粉、ガラムマサラと五香粉を振って混ぜスパイス漬けのヤチユグイをこの中に入れ振って満遍なく魚全体にまぶす。
それを100円ショップで買った中華鍋にオリーブオイルを熱して表面をパリパリになるよう結構な高温で揚げる。
何故こんなにスパイスを振りかけるか?スパイスの種類が多いと何となく料理っぽく聞こえるのと、数を使っている本人の自己満足で大した根拠はない。
昨日遊びに来た『石鹸姉ちゃん』と絵描き屋さんに食べさせたら「美味しい」と完食。
東南アジア混戦料理の味と香がするカラ揚げ!美味かった本当。
[PR]
by bacamasa | 2008-05-11 03:46 | 料理 | Comments(0)
<< 『NHKマイルカップ』・・・ハ... 『ホップ・アップでアップアプ』 >>