モズクガニ料理の色々・Ⅰ 『紹興酒漬け』
f0034392_1059739.jpgf0034392_10593393.jpg
『酔蟹 ・・・ 紹興酒漬け』
花椒(粒山椒でも) ・・・・・・・・・・・・・・ 大匙山一杯
陳皮(乾燥したミカンの皮) ・・・・・・・・ 1/2個分
ひね生姜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1個
鷹の爪 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1本
紹興酒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3~4カップ(蟹が隠れるまで)
醤油  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 半カップ
蟹を千枚通しなどで静かにして水洗い、それを容器(蓋つきのビン)に入れ以上の材料を全部入れ。紹興酒は蟹が隠れるまで入れる。
ワタリガニは淡水に為10日以上漬け込んでから食べる。淡水魚・蟹・エビすべて生食は危険!!
ワタリガニは海水産なので3日位で食べられて以外にも簡単。

紹興酒・・・中国紹興市付近で作られる代表的な黄酒(ホワチュウ)アルコール度は14~18度の醸造酒、これを長期熟成させると老酒(ラオチュウ)。

花椒(ホワジャオ)・・・辛味を効かせた中国料理に欠かせない香辛料。

モズクガニ(淡水産の魚介類全般に言える)は、肺気腫や気胸を引き起こす、肺臓ジストマの一種、ベルツ肺吸虫( Paragonimus Pulmonalis (Baelz,1880) )の中間宿主。
加熱処理すれば死滅するので問題なし。尚、生の状態で調理する場合、ミソや体液などと共に飛び散る恐れがあるので要注意!!調理用品も使用後の熱湯消毒が必要です。
このことから淡水の魚介類は生で食べるなと云われる訳。
[PR]
by bacamasa | 2008-11-15 15:07 | 料理 | Comments(0)
<< 残りネタ・・飯喰って・・・クソ... 頼まれた額・・・・・ヤバっ!! >>