カテゴリ:下ねた( 23 )
下ねたジョーク
ベッドの中で、声をだし、大笑いした臭いジョークを二発・・・・・と、おまけ。

食事直前でしたら、どうか読まないでください。
忘れさられていた臭いと形が蘇って、楽しい食事を台無しにしてしまう恐れが予想されますから。
以上が、読む前の注意事項!!







『 ウォーミングアップ 』

 混んでいる酒場に男がやって来て、バーテンに言った。

「あんた、もしおれが尻で歌を歌ったら、タダで飲ましてくれるかい?」

「いいとも」とバーテンは言った。

 男は、カウンターの上に上がると、いきなりそこにクソを一山たれた。

酒場の客は、悲鳴を上げて店を飛び出して行ってしまった。

「どういうことだ、これは」とバーテンが怒ってどなった。

「あんた、落ち着け」と男はバーテンに言った。「ペリー・コモだって、歌う前にはセキ払いしてノドの通りをよく

するぜ」






『一壜』


 
 
 うすのろのコワルスキーが旅に出た。汽車に乗ると、彼のコンパートメントには、すばらしくいいにおいのする美人の先客がいた。

彼は勇気のありったけを振って、彼女の使っている香水は何かたずねた。

「シャンネルの5番よ」と彼女は冷ややかに答えた。「ひと壜50ドルの」

それっきり会話は絶えた。やがて、コワルスキーの腹がしくしく痛みだした。
ガスが腹にたまったのだ。
仕方なく、コワルスキーは音のしないように気をつけながら、猛烈にくさいやつを一発洩らした。

 女は、コワルスキーをにらみつけた。あわてた彼は聞かれもしないのに告白してしまった。

「インゲン豆なんです」と彼は言った。「ひと壜50セントの」







お・ま・け・ェ

『選別』

 女がパンティストッキングをはいているかいないか見分けるには、鋭い目が必要だ。

 彼女が放屁した瞬間にくるぶしを見るのである。

もし彼女がはいていれば、くるぶしがちょっとふくらむのだ。
[PR]
by bacamasa | 2012-05-24 00:00 | 下ねた | Comments(0)
ジョーク
夜、フーテンの寅さんシリーズ“相合傘”と“ハイビスカスの花”をたて続きに観た。
それから、チビチビと呑みながらポケット・ジョーク『愛をたのしむ』を読んで、久々に声を出してわらってしまった。

ブログに載せるにはチッとナ、という下ネタジョーク満載なんでありますが、ワルがきジョーク話を二つだけ、

20数年前、水戸から青森間の列車内でコイツを読んでいた。
途中から外人の尼さんが二人乗ってきて一人が横の席に、もう一人は斜め前方の通路に立って、座った尼さんと英語でなにやら話をしていた。

本の表紙まるだしで読んでいて、横の尼さんと目が合っちゃったのナ。
ニコッとして
「おもしろいですか?」・・・日本語だよ。

それを聞いた、立っていた尼さんが、座っている尼さんに
「なんという本?」

「ポケット・ジョーク、愛をたのしむ・・・という本です」

『ゲッ!こいつら文字まで読めてる』

横に座った尼さん可愛くて綺麗、立っていた尼さん太くてデカイオバサン風。
座った尼さんが逆だったら、キレてた。

「うるせぇ~、覗き読みすんじゃねぇ~ンだよ」って。









絶対に


 アンダスン先生は、子どもたちに「絶対に」という言葉の使い方を教えていた。
「では、みなさん、『絶対に』という言葉を使った文章をつくってご覧なさい」と先生は言った。
「できたら手をあげるんですよ」

 ルーシーが手をあげた。「空は絶対に青い」と彼女は言った。
「よくできました、ルーシー」と先生は言った。
「たしかに、空は青く晴れます。でも灰色のことも、夕焼けで赤いこともありますね。絶対に青い、とは言えません」

 デイブが手をあげて、言った。「草は絶対に緑です」
「よくできました。デイブ」と先生は言った。
「でも、草は枯れると茶色になりますよ」

 ちびのジョニーが勢いよく手をあげた。
アンダンス先生は、気がすすまなかったが、他に手をあげている生徒がいなかったので、しぶしぶジョニーを指名した。

「先生、屁にかたまりはあるかい?」とジョニーは言った。

「まあ、ジョニー、なぜそんなことをきくんです」と先生は赤い顔をして答えた。
「もちろん、ありませんよ」

「それなら、いいんだ」とちびのジョニーは元気よく言った。
「ボクのパンツの中にあるのは“絶対に”クソです」








目的がちがう


 ナンシーは、モモのびん詰めをつくるので、息子のジョニーに、近所の雑貨屋で密閉用のゴムを買ってきてくれるよう頼んだ。

 ジョニーは、さっそく買ってきてくれたのだが、買ってきたゴムは、あいにくとまったく種類、用途を異にするゴムだった。
「あら、これは・・・・・・」ナンシーは困ってしまった。
「ね、ジョニー。悪いけれどこれ取り替えてきてくれない」彼女は言った。

「欲しいのはモモのびん詰め用ゴムで、キュウリ用じゃありません、といってね」






BOOK OFFで探し、あれば買って読むと面白いですよっと。
[PR]
by bacamasa | 2012-05-08 23:55 | 下ねた | Comments(0)
古い登場人物のジョーク・・・ふたつ
『自由の国』

 アメリカ人とロシア人が、どちらの国がより自由か議論していた。

 アメリカ人は言った。「私は、ホワイトハウスの前に行って、大声で「レーガン打倒!』と叫ぶことができます。
叫んだって、私には何事も起こりません」

 ロシア人も負けてはいなかった。「私だってクレムリンの前に行って『レーガン打倒!』って叫べますよ。叫んだって私の身には何も起こりません」






『事業』

 フィリピンの独裁者マルコスの夫人イメルダは、無知のうえに贅沢で横暴な見栄っぱり女として、国民にひどく嫌われていた。

 イメルダがどこかに出かけると、必ずひとりの乞食が彼女に金をくれとつきまとった。
見栄っぱりな彼女は、いつもなにがしかの金を与えていたが、しまいに、うんざりしてしまった。

 ある日イメルダは乞食に言った。

「あんたがた乞食は、目障りで迷惑だから,あたしは法律をつくって乞食はすべて警察に逮捕させることにします」

「どうかお願いです。マルコス夫人」と乞食は嘆願した。
「ご覧のとおり、私は足が悪く、働けません。五体満足でも職がないのに私のような不具者にどうして仕事がみつかるでしょう?
もし乞食をみな逮捕するということになったら、私や私の家族はどうやって生きていったらいいのでしょう?」

「よろしい」とイメルダは言った。
「あんたにひとつだけチャンスを与え、正業につかせてあげます。あなたが乞食をしないで正業につくのに必要なものをなんでもおっしゃい。望みをかなえてあげます」

「それじゃ、お願いがあります」と乞食は言った。
「あなた様のお姿を写した大きな写真に、どうかサインをして私に下さいませんか?」

「それだけなの?」とイメルダは言った。内心、すっかり喜んだのは言うまでもない。

「そうです」と乞食は言った。

「それじゃ、私の肖像写真にサインしてあげます」とイメルダは言った。
「でももし、あんたが、再び乞食をしているのを見つけたら、終身刑にして一生刑務所暮しをさせますよ」

彼女は乞食に大きな肖像写真にサインをして与えた。


 それから何ヶ月もイメルダはその乞食の姿を見かけなかった。
半年ほどたったある日、イメルダは、メルセデス・ベンツの後ろに葉巻をくわえて乗っている例の乞食をみつけた。
彼女は警官に命じて、ベンツを停めさせ、男を連れて来させた。

「わたし信じられないわ」とイメルダは言った。
「いったいあんたなにをしたの?」

「なにもかも、あなた様のくださった写真のおかげです」と乞食だった男は言った。

「でも、どうしたの?」とイメルダはたずねた。

「警察にも、大統領にも言わないって約束してくれますか?」と乞食は言った。

「するわ」

「じつは、秘密の家を一軒借りたんです。『写真に小便ひっかけ代、2ペソ』って看板を出したんです。おかげさまであっという間にひと財産こしらえましたよ」









(こういうジョークも大好きなんだよナァ~、登場人物古過ぎだけれども・・・イッヒッヒー)
[PR]
by bacamasa | 2012-02-24 00:00 | 下ねた | Comments(0)
『道の駅』トイレの注意書き
f0034392_7214316.jpg
f0034392_7215435.jpg
ここにも有りました『一歩前』が。

“一歩前へ! その積極性が、これからの人生を変える』


ってかぁ~  アッヒッヒィ~!


小さい子(男の子)の小便は飛ぶ飛ぶ。
年齢を重ねるごとに飛行距離が短くなって、最終的には放水失敗で紙おむつ・・・ギョツ!!



“あなたは何歩まえに進みました・・・? あなたは、この小便器使用はゲームオーバーです”


てならないように『放水訓練開始ィ~』


[PR]
by bacamasa | 2010-07-27 07:21 | 下ねた | Comments(0)
規則正しい生活
しょんな事から規則正しい生活を強いられて2週間目、規則正しい生活とは拷問に近いものがある。

起きたい時間に起きて食べたい物を、食べたい時に食べる。飲みたい酒を体に合った量を飲んで眠たくなったら寝る。
これが一番いい生活態度だと思う。


規則正しい生活って世間的には正常な社会人かぁ? つまらん。




今日入ったトイレの壁にこんな注意書きが。

“急ぐ心落ち着かせ、そっと手を沿え、零すな松茸の雫”



海外のトイレに書いてあったとかの

“あなたのモノは、あなたが思うほど大きくはありません。もう一歩前にお進み下さい”

どこの国も同じですナぁー。



イッヒッヒ~                         以上っ!!                                         




[PR]
by bacamasa | 2010-05-25 00:03 | 下ねた | Comments(0)
便と屁とパンツの密接な関係。


大便をする。
ペーパーで拭くが若干の便が出口付近に残る。
パンツを上げズボンも上げて、何事も無かったように動き回る。
付着していた若干の便が体温乾燥。

適度な運動でガスが発生、勢いよく放出。
この勢いで付着乾燥便が吹き飛ばされパンツ生地が
粉末をナイス・キャッチ!


(ウォッシュレット使用家庭が増え該当人数激減ですか?)



[PR]
by bacamasa | 2010-03-11 00:00 | 下ねた | Comments(0)
バレ小咄・・・『神さま』
      『神さま』

神さまが、人間の世界をのぞこうとやって参ります。
案内の人間が一人つきまして、高いところから見ておりますと、まっ昼間から始めている夫婦がいます。

神「あ、これこれ、アレはなにをいたしておるのじゃ?」
  
  まさか、ズバリというわけにはいきませんので、

人「へえ、アレは子どもをつくっているところでございます」

神「なに、子どもをつくっているところとな? その子どもというのは、一日に何人ぐらいつくるものじゃ?」

人「一日に何人なんて、めっそうもない。せいぜい一年に一人でございます」

神「なに、一年に一人か? しかし、それにしては、えらく忙しそうにつくるものじゃのォ」

                                                           (おわり)



次は作家の故・開口さんがアメリカ大陸を魚釣りで横断していたときのチッと下ネタ。

男子用の公衆トイレに落書きがしてあったんですナ。

“あなたの物は、あなたが思っているほど大きくはありません。一歩前にお進みください!”

アッハッ、男の心理をバシッと突いた『トイレをきれいに使いましょう』ってメッセージですナ。



もう一個。

信長と小姓の森蘭丸の下ネタで。

二人は男色ってエ話もありまして、
殿が・・・・・ってまいりまして

信長「蘭丸!!」

蘭丸「殿!しばらくお待ちを!」

信長「えぇ~ィ、かまわぬワ!」

ってんで合体。

蘭丸はガスが溜まりに溜まっていたのでツイツイ我慢できずに・・・・・・。

まもなく信長が大きなゲップを一つ!


ってナァ~ジョークでした。




[PR]
by bacamasa | 2009-11-09 00:05 | 下ねた | Comments(0)
JRA功労馬展示 ・・・ 『オイラのお宝返してくんない?』
f0034392_22475219.jpg

札幌競馬最終日にJRA功労馬展示の立て札が目に入った訳だ。
遠目に見えたには狭いネットフエンスの中にアバラ骨に浮いた1頭の種牡馬を引退した馬が立っているのよ。
オレはすぐその場を離れてベンチに腰をおろして展示馬と向かいの家の飼い犬とがダブって気分は濃いブルーだってんだぁ!!


その展示されていた馬はオレの大好きな逃げ切っちゃう馬!
種牡馬引退し悠々自適の老後馬生!?
その馬は15歳。
種牡馬引退宣告されるとJRA功労馬という名誉と交換に失うものがあんだよな。
それは、玉、あの男としてのシンボルであるお宝の“タマ”を取られてしまう。

向かいの飼い犬はお宝健在も子犬当時から1.5mの鎖につながれ、最近1mと50cm短い鎖に代えられて一日その長さをウロウロの毎日。

展示馬は競馬場開場~17:00までの勤務ってことだ。
人間様の為に競走で走り賞金で貢献し、引退後に種牡馬としてフル活用した“タマ”ちゃんを「ご苦労さん。タマ取ってあとは余生を静かに送ってください」と鼻っつらをなでながらお宝の『タマ』を取ってしまうンだもんなぁ~!


お宝健在で、1日1m範囲の犬生とどっちが良いんだかってベンチに座りマークシートにマークしながら考えていたサァ。『どっちも嫌だネ!』

タマを取るのは、引退させてもお宝が付いていると、その時期になると『暴れん坊将軍』がパッパッパァ~とで、扱いが厄介なのかなぁ。タマを抜き取ることによっておとなしく扱いやすいんだろうな。
馬のニューハーフかぁ!?それが引退後の生活に絶対必要条件なんですね。
「タマ取ってニューハーフで安泰か、肉になるか?」って事か。
馬にその選択権は無い。

人様の老後、「タマを取って死ぬまで食べる心配のない人生を選ぶか。タマ付きで喰うに困るか選べ」って選択を迫られたらド~する?

だからって1m範囲の犬生も選択肢に入れられても、オレなら選べないじゃ。

f0034392_22544663.jpg

展示業務を終えて馬運車に向かうサニーブライアン号。

1996年10月5日、東京競馬場の新馬戦(芝1800m)でスタートから先頭に立ち、逃げ切りで勝利。
9戦目の皐月賞では11番人気、大外18番枠で勝利。

東京優駿6番人気でスタートから先頭を切って一馬身差での逃げ切り勝利。
杉本清アナが「おのおの方、油断めされるな、逃げているには皐月賞馬だ」と実況。
全ての鞍上騎手は大西直宏。

現在は浦河町の乗馬体験型宿泊施設、“うらかわ優駿ビレッジAERU”で余生を送っている。






[PR]
by bacamasa | 2009-09-14 00:04 | 下ねた | Comments(0)
ガス事故!!の原因究明せェえ~!・・・って。
先日、どう~しても初対面の人の家に行かなければならない用事がありましたア。
玄関先で帰ることもできず。上がり込んで話す内に尿意を催してトイレを拝借。しびれた足を引きずるようにドタバタ。とトイレの前までいくと中で人の気配を察してバック、バック。
再度トイレへ向かい出て来たその家の人と軽く会釈をしながら『トイレをお借りします。』って言ったんだゼ!オレが!!
f0034392_23581816.jpg
オレだって挨拶の一つや二つバシッとするときはする、なんて思いながら溜まりの溜まった物を放出せねばと先客の姿が視界から消えると同時に駆け込んで蓋を上げる。
「なぁ~ンだぁ~!うっぷう~!!」
この熟成された臭さ。
瞬間的に身をかがめ息を止めたね!
f0034392_2312681.jpg
先客の性別はノーコメント。想像するにはですね。この二つの絵を見た通りス多分。
すっかり用をたしまして・・・っと、『チッと残りガスが』ってんで豪放一発!
浦島太郎の玉手便器かぁ?
その後、トイレ使用先客(訪問先の家人)を交えての会話!出されましたお茶の品質、生産地、お湯の温度などなど言ってます。それよりあのトイレの香りの原料と産地そうして、一番聞きたいのはその原料を使って製造した人から製造過程の説明を聞きたかったっです。(この~っ!!)
オイラの頭ン中は下二枚の絵に描いた推理とあの臭さの事で目はうつろ。鼻は機能停止!
トイレの先客?性別??年齢??!!言えネェって!
以後、鼻水が止まりません!あの件とは無関係っスなぁ~。
ガスマスクは常備せぇナぁ臭さで死亡なんてなぁこたぁ~洒落にもなんねェ~もんな。

豪放一発発射の場合、便器の蓋をしてはいけませんヨ~ォ~!!
[PR]
by bacamasa | 2009-05-28 00:00 | 下ねた | Comments(0)
色つき・ザ・ストリッパー
f0034392_1222323.jpg
                           (絵の原寸は縦45㍉ 横25㍉)
フォトショップで色付けしてアップしたらなにかが変・・・で、枠を付けてみた。
枠の色が爽やかでもやっぱり変なのだ!どうもこのお姉ちゃん乳豆は黒ずんでいるし暑苦しい体型、毒々しい色が合っていそうと、この枠色にしてみた。
そういえば道東のある港街の駅裏に昔“しょん便小路”と呼ばれていた小さな飲み屋が向い合って並んだ小路があってそこにいたなぁ~こんな雰囲気のネェちゃんが。なんで“しょん便小路”と呼んでいたかと云うと、酔った客が狭い店と店の間で立ち小便する訳で、一人二人じゃないのよ、それが毎夜毎夜、何年も続き自然発酵し、それがプ~ンと香ってそのまんま通称“しょん便小路”。もう“しょん便”のモルト(malt)ニッカやサントリーと比べても負けてナぁ~イ。元々の原料はニッカ、サントリー、麒麟、サッポロあたりだから、風味のきいた独特の鼻にクゥンとくるいい臭いでした。
どんな顔か
って興味があったので「どんな顔の女よ?」と聞くと「それぞれが勝手に想い描いたほうがいい」と言う事で、オレはヤッパ江守徹似の顔だ。それしか浮かんでこない。

ブラジャーの件につきましては・・・ゲェホッ(痰が絡む)、乳首までついたそういうデザインなのか?生乳が飛び出すように、水中メガネのガラスを取ったようなデザインの物かは訊いておりません。
訊くと「どっちだろう?と考えながらお酒飲むのもいいかもよ~」ってあたりの返事しか返ってこないハズ。で・訊いてません。『どっちだろう?』・・・(悪酔いしそうダ)
[PR]
by bacamasa | 2009-02-26 00:02 | 下ねた | Comments(0)