カテゴリ:絵・・・エスキス( 18 )
ダブル招き猫 と アントニオチャーハン 
f0034392_11172849.jpg

作者・佐藤久美子で御座います。

幸せが2倍くる様にとの“欲張りダブル招き猫”でございます。
良いことは束になって来た方が良いンだから、この猫をズーッと仕事机の上に置いておくことに少数で決定。




f0034392_1143137.jpg

横向いて「ハイっポーズ」





f0034392_15212712.jpg

後ろ姿だって「オレァ~自信あんぞォ~」って

この猫はオスでございます。






f0034392_15215382.jpg

この角度からも見ていただきたい。




f0034392_15221166.jpg

モデルとなった(少し)猫がいます。

それは、じゃりん子チエの“小鉄”





f0034392_15241327.jpg

なんでオス?って、男の紋所がデンとチン座しているじゃないですかっ。

ダブル招き猫 ・・・ 「脱腸じゃねぇ~ぜェ、大きいだけなんだから誤解のないよう~に」

金ピカのが二つ、ここだけが“小鉄”のモデルですナ。

フルネーム・竹本チエんちの一員である“小鉄の股間モデルバージョン・ダブル招き猫”ならいい事が来るナ。
きっと。

余談ですが『じゃりん子チエ』の大ファンでコミック本全巻アリ、眠れない夜に小説も受け付けない時間があって、そんな時に今は見ています。

テツの生き様に憧れて数十年。(老いたナ、ヒッヒィ~ヒっ!)





f0034392_2122073.jpg

晩飯は「サッパリした炒め飯が食べたい」ンだとか。

それも「梅干で味付けしたやつ」ったって去年の梅干の残りがたった2個、それを言うと、

「2個?丁度いい数でしょう」

勿体なくて何時食べようかと毎日眺めていた貴重品を軽く言ってくれますナ。






f0034392_2123130.jpg

そこでアントニオ×2チャーハンを作ることにした。

アントニオ×2チャーハンとは分かる人には分かるネーミングなんだよナ。

アントニオは片金で剥製にされてンだ。

梅干しを使わず梅酢で茶を濁したってことです。

梅干し(〇金)ぬきって事でぇす。

じゃりん子チエのファンなら分かるンですが。
[PR]
by bacamasa | 2011-08-17 00:00 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
赤富士 と 梱包作業
頼んで描いてもらった『赤富士』二枚、やっと飾り終えた。
眺めていて、気持が落ち着くし、意味の分からない『ヨッシャ~!』って気持にさせられる。
こういった気持にさせられる絵を描いてもらい、毎日眺められるってのは贅沢なはなしだよナって思っています。

今も机に向かってパソコンいじっている最中も、左側壁にある“赤富士”をチラチラ見るもんで首が少々痛い。

f0034392_11394263.jpg
                               【居間と自分の部屋の赤富士】



居間のストーブ上の位置にあたる壁にも“赤富士”。

朝、起きて、自分の部屋をグルリと、五人のピエロ、100号の“喫茶店”(これは一度も家から出ていない作品)、帽子の男、そうしまして、北アメリカの鱒、鮭など36匹が印刷されたポスターを見てから、赤富士、ケンタッキーダービー、着物と、マイ・ミニギャラリーの作品を楽しんで部屋をでる。
階段を降りる体勢になって、一番初めに飛び込んでくるのが一部、色付けされた『赤毛のアン』・・・と、ミニギャラリーで生活している感じかな。

f0034392_2231582.jpg

一枚の絵の梱包を頼まれ(半強制的)ましたんで、カッターと長サシで、ダンボール紙を切ったり、して只今終了も報酬は無い!
目的地まで無事届きますようにと、作業したンですが、これで目的地まで大丈夫でしょう。

f0034392_2234075.jpg
ダンボールの中に、作品が薄板の鎧?をまとって入っている。
思いは『いい風に当たってこいよ』ってとこです。




[PR]
by bacamasa | 2009-12-06 00:00 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
uma・馬・うま・
f0034392_1055745.jpg
                (画・佐藤久美子)
[PR]
by bacamasa | 2009-08-06 04:34 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
酒 と 画材 と ヘラブナ と 馬群の砂に消えた定額給付金
止めようやめようとしても、どうしても止められないのが酒。
f0034392_11184045.jpg
画材,パレットと筆は100円ショップ、絵の具はそこそこの物を使って花畑の空間を泳ぎ回る淡水魚を描こうとチコチョコっとやっている訳で、それには微量のアルコール分が画材の一部として絶対に必要。
使い道は『飲む』ためになくてはならない物それと音だ。
部屋の明かりもカ~ッと明るいのは駄目で必要な部分の照明じゃないと作業は進まない絵描き屋さんと正反対(照明にかんしては)です。
定額給付金で1分半の夢を買って陽炎のように消えていった。
絵も観ると『オレも描ける。私も描ける』と思う人多いかな?競馬もレース結果を見て『こうやりゃ買えたよな』って毎回思う。
『人生やり直せたら!?』っても言いますワなぁ。
描けないし
馬券的中なんて無し、的中できそうな錯覚、(次はと毎週スカ馬券買い)
人生やり直せたとしても、前の人生と同じ。
と、分かっていても頭ン中の空き部屋で考えてしまう。
さらに、自分自身“ばっかダなぁ”ってメチャクチャ落ち込むことがある。
地球の所属する銀河と隣の銀河が30億年後に合体するなんて話を聞くと『ヤバっ!』って、30億年先のことなのにだ。瞬間的に不安になる。せいぜい長生きしても70~80歳に対して30億年先の心配すんの?なんだ。頭ン中のバランス悪すぎ。
なんて考えているとアルコールが駆け巡りオレ。 寝る
[PR]
by bacamasa | 2009-05-13 00:00 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
色を塗り込んで。ンなもんだじゃ!
f0034392_12355417.jpg
色鉛筆は、ある程度重ね塗りするとつるつる滑り思いどうりに色がさねができない腕ダ。紙もケント紙風だし少々不味かった。
次は水彩に向いた用紙をよういしてしたし透明水彩でも描こう。色鉛筆のいい所は携帯にも便利簡単だからだが、ガシッと塗りたいときに思いどうりの濃さに塗り切れないし、色鉛筆と紙の相性と描き手の腕って問題解決が先だア。色鉛筆では今の腕じゃここまでが限界。

【どうでもいいヘラ・ニュース】
ゴールデンウィーク中、大沼でヘラ釣り大会があって優勝者は50㌢を上げたそうですゥ!
[PR]
by bacamasa | 2009-05-11 01:10 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
11匹のヘラ鮒 と ヒブナの一部分 × 3
f0034392_1201270.jpg
透明水彩でヘラ鮒を描こうと二枚目を描いていてハタと気がついた。ケント紙のようにツルツルした水分を弾く紙に描いてンだ。しょうがないんで油性色鉛筆(uni Pericia)三菱のペリシアでコッテリとした色塗りに四苦八苦。それを見かねて「このボード水を吸い込むタイプだから使ってみなぁ」と一枚貰ったので次は透明水彩で。色鉛筆コッテリ塗りは腱鞘炎になりそうなくらいの労働。
赤いフナは釧路の春採湖の緋ブナのイメージだ。餓鬼の頃春採湖でフナ釣りをして教師をはじめ回りの大人に「春採湖には天然記念物のヒブナがいる。釣りは禁止!!だぁ!!」って怒られたけれど湖の向こう側に炭鉱の石炭パウダー混じりの排水を大量に流し込んでいたンで反発したした。釧路を出る頃には湖も随分小さくなっちゃってた。炭鉱も春採湖を汚すような規模じゃないんでヒブナは無事だったかナと思いながら色塗り。
五月五日も近いし“鯉のぼり”気分の“屋根より低いヘラのぼり”?・・・・・違うナ。
[PR]
by bacamasa | 2009-04-22 10:22 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
巨ベラの乗っ込み・・・線描き。
f0034392_18232024.jpg
線描きだと間抜けだね。自前のスキャナーでは4等分ずつ取り込んでつぎはぎで一枚にするしか手はない。上手くいったとアップしたら継ぎ目がバレバレ、やっぱりアルコールが入っていない時の作業は雑だ。
なんでヘラブナを描く?それはヘラ釣り本番マ近なんでイメトレ。ヘラ釣りの腕は『いま3!』何で線描きをってですかぁ?“ネタ”切れだからだヨ!
[PR]
by bacamasa | 2009-04-12 00:23 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
それでもまだ何かが足りない?!
f0034392_1846497.jpg
アップして『ンん?』 なんだぁ~背鰭の描き忘れ。
考えた。ポケットサイズのクロッキー帳を持ち歩き少しの時間をみつけてはルアーのいたずら描きをしていた。その絵には“鰭”が描かさっていない。原因はこれだ!
長い年月こんなモン描いていたから鰭を忘れちィまったってことだ。
[PR]
by bacamasa | 2009-04-07 00:40 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
釣った実物大のヘラブナと言っても信用されなてない『絵』
f0034392_198266.jpg
       (515mm×365mm)
中央のヘラブナを黒インク、鉛筆、色鉛筆、木炭、サインペンなどを使って、実際に釣り上げたヘラをモデルに原寸大で描き絵描き屋さんに見せると「もっと、もっと何匹も描き込みナ」ってんで1匹増やし、もう1匹と増やして四匹!
1匹描いているときに時々ヘラ釣りに行く奴がフラリを顔をだしたので「釣り上げたヘラで実物大で描いているだ」と言うのを奴は絶対に認めない「40センチはあるべや」って38センチだってンだって。描いているうちに尾鰭の形を形良くしたら1センチ伸び39センチに仕上がっただけだよ。
大体ね、釣り好きな奴は釣り上げた魚を人に話すたびに寸法が伸びていくもんなのよ。この絵の1センチ伸ばしたのなンちゃ可愛いもんです。
実際にこの大きさのヘラを入れ食いで釣り上げたことがある。石狩川直線化で取り残された手付かず状態の三日月湖、今は整備され立派?な公園となっている。それからは行っていない。

(シェ~っ!今になって一番したのヘラブナの殿鰭【しりびれ】を描き忘れているのに気がついたア!ケッ!!)
[PR]
by bacamasa | 2009-04-06 00:00 | 絵・・・エスキス | Comments(0)
ヘラ鮒
f0034392_6491747.jpg

[PR]
by bacamasa | 2009-04-03 06:49 | 絵・・・エスキス | Comments(0)