カテゴリ:料理( 340 )
寒波到来
f0034392_21504158.jpg

この冬一番の寒波がきたってニュースになってたナ。
寒いのはいい、問題は雪。

家の前にドンドン除雪した雪が積みあがっていって、家が雪ン中に沈没しちゃうつぅ~の。

早朝目を覚まし窓の外を見るのが恐怖を感じながらカーテンを開ける気分はドォ~ン。




f0034392_21505886.jpg

一番高い桜の木の残り、あと少し。






f0034392_2151770.jpg

吹雪が残していったヘバリ雪。

こういうのはいい、除雪が問題ダぁ。





f0034392_21511882.jpg

オレは満腹で夕飯は要らない。

一人に作らなくてはと・・・簡単で「うまぁ~!!」って言わせたいと考えはズル。

この材料でやっちゃう。

生卵
長ネギ
しらたき
キノコ
玉ネギ
牛肉





f0034392_21513174.jpg

具不足すき焼き丼。

溶き卵を一個増やして2個、ツユだくにして「オォ~い、喰え」






f0034392_21514243.jpg

残り物味噌汁を付けて“すき丼”

思いどうり「ンまぁ~!!すき焼きよりこっちの方が好きだぁ」って言いながら喰ってた。

喰うなぁ~!
[PR]
by bacamasa | 2012-01-13 00:00 | 料理 | Comments(0)
なんでもかんでも「ええのぉ~!」
f0034392_15265739.jpg

有馬記念を目前にしてUMAJiNの水が届きました。

馬券が良い方向に流れますようにってかぁナ?

この水で清めて・・・何をってかい?

知らねぇ~ンだよ。なにを清めたら当たり馬券がくるのかサっ。
意味の無い“清め”。

シャッ! しゃっ!のシャキッ!!

ナンだ?って?

清めて、祈ったのよ。





f0034392_15271018.jpg

こんな色したスープって、あまり見かけませんよナ。

スープなのよ。






f0034392_15272294.jpg

一番ボケているのがスープの主役であります “レンズ豆”。

ふつうは赤いレンズ豆を使うらしいが、この色の豆しか家には無かったんです。

色が悪くたって豆は豆。

通販で買ったがさいデジカメで撮ったらこうなっちゃった。

変な色のスープの作業工程ってことなんですが『分かんない』ナ。




f0034392_15273274.jpg

ここまで写りが悪いと笑うしかないな。

ゲラっ。






f0034392_15274343.jpg

煮て、

ミキサーでグィーンして、

裏ごし、

後、何だかんだ手を加えて出来たのがレンズ豆のスープ。








これええのぉ~ Eric Clapton Pertorms “Crossroads” Live!  ← 興味がありましたらここサ行って聴いてみる?

これもナっ!! I Shot The Sheriff (Live from Crossroads 2010) ← なっエエべぇ!?


次々と聴いていると

時間が足りない。

もう一つ足りないものがある。

酒が足りなくなってきた。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-20 00:00 | 料理 | Comments(0)
にゅうめん
f0034392_9235196.jpg

大人のお付き合いですか?
毎年大阪の人から贈り物があり、その中の一つに麺があるんです。
乾麺とか、で今年は“にゅうめん”なるものがきました。





f0034392_10481685.jpg

さっそく袋に印刷されている作り方をみて“実食”。

薄味なんだよナ??

大阪って関西だっけ?

関東の味付けは色が濃くて濃厚な味付け
関西は食材の持っている個々の味を生かす優雅で淡白だった。

関東の濃厚味付け料理は武士によって育ったそうであります。
刀や竹刀、木刀で「やっとう!」と鍛え上げる体力維持に濃厚な味付けが必要だった。

北海道はどう~よ?
武士が開拓した町や市がある、北海道開拓の屯田兵と体力勝負じゃ濃厚味付けになるナ。

関西は公家(京都)商人(大阪)、料理(食材の味)を楽しむ食事をしては理想的で楽しむ食って感じがする。

“にゅうめん”の味付けは関西味なんだ、美味しい、美味しいが北海道は関東味じゃねぇ~?

切り餅を一個入れて食べた。
食後に公家さんのフットボール(蹴鞠)でもします?



昔に、水戸駅前のうどん屋に入って“かけうどん”を頼んだら、出された丼には,湯の中で泳いでいるうどんダ。
「??????」

冷たくならないよう熱湯に入れ別の器にかけ汁が入って出てくるのかと待ったが何も出てこない。
恐る恐るうどんを一本すすり込むとタレの味がする、丼の湯を飲む、『美味い!』

“にゅうめん”喰って、『生きている間に、色々な地方の色々な料理を喰わんといけねぇ~ナ』と痛烈に思ったネ。

今日も雪だ。

体力使うし

喰う飯の味付けは濃厚関東味付けだナ。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-18 05:24 | 料理 | Comments(0)
ビンゴで食材・・・『卵』
f0034392_1259988.jpg

ビンゴで卵を20個持ち帰ってきた。

『ビンゴでタマゴォ~!?』とおもったネ。

『生きている雌鶏でなくて良かったか』とも思いながらタマゴを眺めていた。





f0034392_1302223.jpg
f0034392_1303217.jpg

この箱に一ケース10個が二ケース入ってましたよ。

ここのタマゴ、結構有名でテレビにも出ていたって聞いていたナ。

(タマゴ屋さんの情報入手先はこの箱に全部書いてあります。)





f0034392_1304247.jpg

さっそくタマゴかけご飯にして喰った。

殻を割るときに『ンん??』
スーパーで買っている何時もの殻の割れ按配が違う。

硬くて厚いんだ。

もしかして箸で黄身を挟んで持ち上げれるのではないかと、挟んだら割れちゃった。

スーパーで買う卵の殻はペチャっといった感じで割れる、この違いに少しビックリ、子どもの頃は普通に殻の固い元気な黄身のタマゴを喰っていたのをずいぶん長いこと忘れて、今驚いたってだけよ。





f0034392_1305283.jpg

住んでいる近辺に新鮮な食材が豊富にある。
それを使って美味い飯を作って喰ってみるかぁナ。
と考えた。

豚肉も良いのがあるし、野菜は豊富、作らないって方は無いやネ・・・だよ。





f0034392_1834295.jpg

さっそくビンゴ卵を使って、冷蔵庫の野菜室に入れ忘れかかった物を刻んで焼いちゃった。






f0034392_18341918.jpg

ワンコイン赤ワイン500cc使って煮込んだ肉料理、残ったソースにご飯を入れて二度美味。





f0034392_18344096.jpg

残っていたパンプキンのポタージュをさも『只今作ったべや』態度で「どぞ~」って出してやった。

作りたてよりうめぇ~ハズ。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-15 00:00 | 料理 | Comments(0)
暖かそうだべぇ と 日本飯を喰う
f0034392_7375953.jpg

安くて欠陥だらけの住宅に白いサッシの窓枠は似合わねぇ~とオレは思う。

くすんだような壁の色と白いサッシに噴き付けた雪がへばり付いた光景ってどォ~よ?

こうやって色を塗ると、欠陥家族が住む欠陥住宅も一生懸命「家ン中は温かいドぉ~」って精一杯見栄を張っているようで良くねぇ?





f0034392_7382155.jpg

講話の手土産





f0034392_738356.jpg

の・・・ようです。





f0034392_7385466.jpg

片方だけ脱ぎ捨ててドォ~いうこっちゃ??

時々靴下(新しいモノ)が揃って流し台の隅に乗っかっていたりする。

こういう物が脱ぎ捨ててあるということは、家ン中が多少暖かいって錯覚してしまう。
それは、それで良いことかもしれねぇ~ナ。






f0034392_14123949.jpg

たまにゃ~よ、日本人飯を喰うことにした。
オレだけ。

肉じゃがが美味い、それも昨夜作って一晩冷蔵庫に入っていた冷たい肉じゃがと炊きたてご飯の組み合わせがいい。

時々温め直して出されると、もうそれは肉じゃがじゃないんだ。
作って直ぐの熱々肉じゃがは、それはそれで大好きだが温め直したら肉じゃがでなくなってしまう。

残り少なくなった汁交じりをご飯に汁ごとかけて喰う、これも美味い。

これは冷蔵庫から出したての冷たい肉じゃがです。





f0034392_14125181.jpg

去年の柳キノコ最後の一瓶を使ったキノコの味噌汁と右上のちびっと写っている器は、マグロの切り落としの山かけ、胃袋の隅々まで飯がきっちり入った感じの満腹感。

お椀の塗装が剥げている?
分かってんの、このお椀でないと味噌汁飲みたくねぇ~。

のっ!




面白い動画を見つけました。 Sexy Santa  ここにいって見てみください。

こういう動画大好きです。(アハハハハぁ~)
[PR]
by bacamasa | 2011-12-14 00:00 | 料理 | Comments(0)
多忙な人のためにスタミナスープ と 『シュロック・ホームズの冒険』
f0034392_1924778.jpg

作品の制作、英会話、絵画教室などの仕事と会合、会合などでスタミナのガス欠予防に作った一杯。

キャベツとその芯、玉ネギ、長ネギ、人参のすりおろし、鶏ガラなどをグツグツ煮込む、煮込む。

クツクツ煮たつ寸胴鍋の中にハンドミキサーを突っ込んでグリグリ回し、煮込んで溶けそうになった野菜類を粉砕して、さらに弱火で煮ちゃう。

『こんなに煮込んで栄養分が壊れてしまうんじゃないのか?』と心配になっても煮込んじゃった。





f0034392_19271243.jpg

洒落半分で『食べると力が出るんじゃありませんかぁ~?』ってんで焼いた切り餅を一個を入れた。

赤い矢印しの先に見える白っぽいスープに沈んだ物が切り餅。





f0034392_19272925.jpg

ホッコホッコな新じゃが芋、小玉ネギ、コーンなどが入って野菜の甘味とサッパリ濃厚スープよ。




f0034392_19274179.jpg

湯気でレンズが曇りだした、そんな食物の写真もいいと思う。


これを喰って一日深夜まで動き回ってるんだろうと思う。
ご苦労なこったが、自分の人生だもンな、しゃ~ねぇや。
クソ親父はそう考えてます。






f0034392_21321751.jpg

部屋の中からこんな本が出てきた。

昔、旅先の駅かどこかで買った文庫本数冊の中の一冊だったはず。

シャーロック・ホームズの冒険と信じて買って乗り込んで列車が動き出し、さてホームズから読みましょうと表紙を見る。

『なんだぁ!?印刷間違え・・・? シュロックじゃねぇだろう?』

作者名もロバート・L・フィッシュ??

ホームズはコナン・ドイルだろ?

しばらくしてシャーロック・ホームズのパロディと知って『チッ!!』と、 読まずに旅行鞄にいれちゃった本が今になってまた出てきちゃった。


せっかく出てきたんだしナ、読んでみますか。


ドクター・ワトスンがここじゃ“ワトニイ”だってよォ。

なんて鼻先で薄ら笑いをし『なにがシュロック・ホームズだ』って小バカにしながら読み進んでいったのよナ。


面白い。

12話が載っていて
1話『アスコット・タイ事件』が競馬の話。

叔父が悪事を働いて金儲けをしているのじゃないかと心配した若い娘が、叔父宛の謎の文書の電報を持ってホームズのところにくるって話ダ。

謎を解いたホームズはそれを実証する為に、依頼人の若い娘と“ワトニイ博士”の3人で競馬場へ出かけるっちゅう話。


2話もブックメーカー、競馬の賭け屋が登場だし、ロバート・L・フィッシュってオッサン競馬好きだったのかな?。

競馬話に釣られて、1話、2話と次々と読み進んじゃった。
こんなんだったらあの時に読んどきゃよかったナって思ったネ。


シャーロック・ホームズのパロディもんには長い歴史があるようで知らなかったオレってホームズファン失格??



『シィロック・ホームズの回想』ってのも読んでみたい、アマゾンの古本で探しましたが買えませんでした。

品物が無くて販売されていませんでした。


「ブック・オフに持っていって、少し本を処分しなっ」ってよく言われるが処分するって決断力が必要でオレには今それが不足している。

だから“無理”







【追加】

f0034392_0264851.jpg
f0034392_0265637.jpg

12月11日午前0時10分頃、家の前。
ただの影ダ。

一眼レフ、感度1600でレンズ50mmで撮れた。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-11 00:00 | 料理 | Comments(0)
一番のシバレには・・・“ポパイ・スープ”
f0034392_96757.jpg

朝焼け・・・・・も、寒そう。
住んでいる地区の気温をネットで見るとマイナス12度。
けっこうなシバレ。

車のエンジンキーを回すと少しグズリ気味だった。
一発点火の前に一拍間があって始動よ。



f0034392_961749.jpg

庭の木の枝がこうよナ。
これ見て「ギャッはぁ~っ!」っていってたら

なんと十勝管内幕別町で氷点下22度だってぇ~から氷点下12度って可愛いモン。

それでもこうだよ。






f0034392_13101343.jpg

こんな寒い朝にはこれが主役のホウレン草と脇役の玉葱です。






f0034392_13103525.jpg

作ったのがポパイ・スープよ。








f0034392_13104657.jpg

「寒い朝には元気が出るスープだねっ」ってほざいていました。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-10 00:00 | 料理 | Comments(0)
牛タンとレバーの勘違いシチュー
f0034392_22583520.jpg

「牛タン2パック貰ったので何か作って下さい」ってオレは聞いた。

色々考えて『煮込んだ牛タンシチューを作ろう』と考えていて少ない材料でと間に合うものをテーブルの上に用意しだして、最後に冷凍庫から牛タン?2パックを出す。
と “レバー”と表示!!

玉葱をバターとオリーブオイルで茶色くなるまで炒め、血と臭みを抜いてカット、それから味見をしながらレバーシチューが出来上がった。
(オレに嫌いな食べ物はないが、これならレバー嫌いも食べれる。)

それを一晩寒い所に置いて今日の晩飯。

一人、3杯食べたヤツがいた。

食べた後、「メモってる?」って聞かれ、思い出しながら材料と分量を思い出してメモ。


「誕生日には白身魚のオレンジ味」との注文、ずいぶん昔に作ったやつダ。

材料は何々だったか??



(スプーンにレバーシチュー三杯の人がカメラと一緒に写ってマ)・・・す。









f0034392_14261531.jpg

ポスターやDMのデザインをどうしたモンかとパブリカを撮影して、一発で目に付くもの(色合わせ)探している一部がこんなのからボチボチ始めている訳。

レバーシチューのバックと影をパソコンでいじくりまわしてヒントが無いかと、肩こりと闘いながらピコピコやっている。

芸術とかなんとかよりも、一発遠目からでも『ウんっ!?何だ?』って思ってくれて、近くによって
『オォ~、個展かぁ』ってェ~流れになれるようなポスターを、ってぇ“なんだ”よナ。

出来んのか????

やるしかねぇ~よ。







【歳相応な生活態度をチラッと考えた瞬間】

夜、スーパーに買出しに行った。
お菓子売り場っていうか、お菓子の棚の前で娘と何時も家でじゃれ合っている様に小さく体をぶつけ合ったりしていると、ツっキ~ンと強い目線を感じその方を見ると、在庫点検中のオバちゃん店員が『ギッ!』とした目で睨んでたナ。


ほんの瞬間、反省みたいなことを考えかかったが、結果、オレ達親子には無理。
スーパーのオバちゃん睨まないでくれぇ~。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-08 00:00 | 料理 | Comments(0)
吹雪 と 肉にあう漬け込みペースト
2011年12月5日11時45分石狩平野猛吹雪!!
この天気じゃ車の事故も多いナ。

f0034392_12101840.jpg

これから約3ヶ月間雪ン中生活、降った雪も大変だが、除雪車が家の前に置いていく雪が硬くて
『ありゃ~、お仕置きかぁ!?』


A-4サイズの用紙のプリントして、裏は白、その紙を束ねてレシピメモ帳にして使っている。








チラリと写っている電線の揺れ、その揺れを見て分かってくんない?吹雪だもんよ。



f0034392_1574981.jpg

鼻水垂らしている。




f0034392_1580100.jpg

グリーンの線が降り積もった高さ、生活するのに通路を除雪して冬囲いした庭に投げ込むと上の赤線。

まもなく一階の窓からは雪しか見えなくなるのも、もう時間の問題。

ネットのピンポイント天気予報だと明日6日の午前9時頃まで雪だるまマークだしヤダねぇ。

f0034392_15451343.jpg

こんな日は肉を喰いましょうって話になって

「変わったっていうか、およよって味付けの肉料理ない?」っているのであります。

このレシピを元にして好みの味に変えちゃって調味ペーストを作った。








f0034392_15454599.jpg

途中経過の写真が撮れない、一度一眼レフで調理の合間、合間に撮影していたのよナ。
鍋は火にかかっているし、刻んだりなんだかんだ一人でやっていたら、食卓テーブルの上に置いたり撮ったりをしていて、鍋の方に行こうとして一眼レフを引っ掛け落してしまった。
ミラーが外れて、そのまま修理に出せばいいものを、なんどもシャッターを切ったモンでミラーの枠が変形し修理代3万円!!

シャッターを切らないで修理に出していたらミラーをはめ込む工賃ですんだんだって、それ以来、途中経過を撮るのは手が空いたときだけにしたヨ。


玉葱         1/2個を・・・・1ッ個
長ネギ        1っ本
おろしニンニク   小1を・・・・3個
醤油         大4 を・・・大5
砂糖         大11/2
オリーブオイル  大2
胡椒         小1
ゴマ油        小1

以上を木っ端微塵に切れるものは切ってミキサーに全てを入れ“ぐぅ~わ~ん”と回しペーストにしてしまう訳。





f0034392_1545565.jpg

肉は何でもいいと思う。

10枚の肉、5枚、5枚にあのペーストを塗りこんで1時間漬け込んで置いた。

フライパンで焼くときにクレージーソルトを軽くパッパして焼いてみたらいいンだネ。

クレージーソルトって名前が好きよ。





f0034392_15461375.jpg

本格的に焼く前に一枚試食してもらったら

「ンんめぇ~!ウインナーも一緒に焼いたら合うナ」

で、こうよ。






f0034392_15462261.jpg

「美味しいっ!」

「最高ォ~!」

「変えた部分メモった?」

「ソースがたまんないネ」

って4枚喰ってやんの。

オレ、焼き疲れてビールと一枚の肉でお仕舞い。

よっ!!
[PR]
by bacamasa | 2011-12-06 00:00 | 料理 | Comments(0)
面倒臭い薄皮剝きな料理
今日は第12回 ジャパンカップダート(GⅠ)
「1番人気は3着までは来る、1番人気は絶対買いだよ」なんて、昨夜飲みながら能書きを垂れていた。

ンでも馬券は外したのよ。

f0034392_1923122.jpg

パブリカをフライ鍋に入れオリーブオイルで表面をバリパリに焼こうとしている。

フライパンの持ち手、年期が入ってどう~よ。






f0034392_19231695.jpg

フライパンの奥ではスープのダシを取ってなに味のスープにし具はナに?といった段階。

パブリカは満遍なく焼く、ここまでは順調だったが、このあとが大変よ。



f0034392_19234143.jpg

喰い散らかした食器ではないんだナ。
焼き上がったパブリカの薄皮を皿の上で剝いた跡よ。

熱いし、オリーブオイルで手はヌルヌル、思いどうりに剝けず4個剝き終わるのに1時間チョイ、これには参った。

これで、ペロッと数分で食べられるのかネ?なんて考えたら料理はできないナ。






f0034392_192463.jpg

漬け込む液は
酢、砂糖、塩、醤油、シェリー酒,胡椒、パセリ。

パブリカの薄皮が簡単に剝ける方法が分かるまで作らねぇ~つもりダぁ。



f0034392_19242518.jpg

トーストに乗っけて喰ったりもいい、漬け汁(マリーネ液)をパンにつけて喰うもいい。

これに美味い珈琲があればオレは文句なしなのだが。




f0034392_1925543.jpg

肉をコロンコロンに切って煮込んだクリームシチュー、トロ味のないクリームシチュー。

喰って飲んでいるときが1番、これで馬券取れたら最高なんだが。
[PR]
by bacamasa | 2011-12-05 00:00 | 料理 | Comments(0)