<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
小樽アーケードの天井と『てけれっつのぱ』 3
f0034392_1029429.jpgf0034392_10295057.jpg

f0034392_10301866.jpgf0034392_10303143.jpg


f0034392_10304983.jpg


寒い夜の小樽、歩き回って体も冷えきって紀ノ国屋書店に入って暖をとる。
と文庫本コーナーに『てけれっつのぱ』書店に並んでいるのを始めて見て少し感激。
しばらく本を手にページをパラパラ、いいもんだな。
今年最後の本も北海道の書店に並ぶといいのにと思ったりして、何故かコソッと携帯でパチッ、
メチャクチャのボケ写真、『てけれっつのぱ』が分かるから」OK.
[PR]
by bacamasa | 2006-12-31 15:52 | 小旅行 | Comments(0)
13年ぶりの小樽    2
f0034392_23753.jpgf0034392_2382029.jpg

f0034392_23101132.jpgf0034392_23103144.jpg

f0034392_23115777.jpg上左は南小樽駅を裏から見た風景で右上はsichihukuさんが『ども』で顔見知りになった人の喫茶店 ”はち” 
中二枚はアジア系外国人観光客が多かったオルゴール館あたりをすぎたあたりの ”こんぶ屋”さんの店内「寒いからこぶ茶で暖まってって!ただだから」って、この「ただだから」に二人とも即、体が反応してUターン。『ご馳走になります』

こぶ茶とお椀の底にへばりついたように半口? 三分の一口くらいのこんぶの味噌汁。
『ご馳走になったんだから、なにか一品買わなくては』の思いを振り切って「ごちそうさん」

アーケードの商店街を歩いていると、判子屋さんの窓ガラスに若い頃の石原裕次郎とたぶん横に並んで写っているのは、若い頃の判子屋さん、その写真をコピーして古びた感じのをはさんであった。
古い小さな判子屋さん。

[PR]
by bacamasa | 2006-12-30 13:56 | 小旅行 | Comments(0)
13年ぶりの小樽    1
f0034392_22493436.jpgf0034392_22494674.jpgf0034392_22495686.jpg

f0034392_22522130.jpgf0034392_22564514.jpgf0034392_2302011.jpg


f0034392_2325478.jpgf0034392_23321.jpg13年ぶりに小樽の街にJRで行ってきましたっす。
(個別には何度か行っていたが、二人で行くのは156ヶ月ぶり)
駅弁買って、札幌駅の駅弁ヤのオバちゃん「この弁当おすすめ!絶対に美味しいから」ってコノォーっ!!
飯の上の鮭そぼろ、たらこ、しめすぎサバ、何もかにも ”しょっぱい” !!
こんな弁当食えたもんじゃねぇヤ!!(二人とも全部食ったけど?!)
帰り文句言ってやろうと売店覗くと別の人、勤務終え帰ったんだ。
まっいいか!!
なるべく観光名所は避け、グルグル歩き回って足が痛い。
石作りの蔵を改造した喫茶店、現役の蔵の窓、小路、など、いくら歩き回っても飽きない。
だけどもヨっ!!
コーヒーがうっすイー!
”これがコーヒーというならお茶をくれ、
           これがお茶というのならコーヒーをくれ”
といった笑い話そのまんま、俺には「珈琲をくれ」
[PR]
by bacamasa | 2006-12-30 11:13 | 小旅行 | Comments(0)
机の上の工具
f0034392_12411395.jpg
なんだか知らないがいつも机の上に乗っかっている工具。
呑んで音聴いてギリギリと空回りさせたり、小さいモンキースパナで鉛筆を挟んでクリクル。
アッ『野菊の花』『の・ぎ・く・の・は・な』・・・・・・? じゃねぇ   『ノギス』も!
[PR]
by bacamasa | 2006-12-27 19:35 | Comments(0)
俺の好きな写真     8
f0034392_17434860.jpg
          アーブィンング・ペン  (1947)     『劇場のアクシデント』
[PR]
by bacamasa | 2006-12-26 05:36 | Comments(0)
ウチの晩ごはんの一品・・・???
f0034392_11493252.jpg晩御飯のおかずと言うより酒のつまみ、
毎晩、時間のある時は朝から呑んでいる、ほぼアルコール依存症状態。
酒を呑むと一点集中から、酔いと共に四方八方へと何処かに飛んで行って気が楽になる。



f0034392_11494650.jpgまぁ、人は、それを『酒に逃げる』とか『酒で誤魔化す』と云うが、
いいんだ、それが正解なんだから、
酒でも呑んでねぇとやってらんねぇよ!!
って言いながらも時々チト考えます。
酒呑みながら。
無駄な反省ですかねぇ!酔っ払いの。
[PR]
by bacamasa | 2006-12-25 12:46 | 料理 | Comments(0)
寒いアーサぁ~
f0034392_2114433.jpg

朝焼け、こんな日は風も強く寒い。
これを見て回れ右を二回すると石狩の浜で日本海、その先は韓国、北朝鮮かな。
北朝鮮で大きな団扇でバフバフと寒い風と横殴りの雪を?!って・・・思わない・・・かぁ?
[PR]
by bacamasa | 2006-12-24 23:54 | ぼやき | Comments(0)
手造りギョウザ『ふくふく亭』
f0034392_158662.jpgf0034392_1581346.jpg
f0034392_1582363.jpg
風邪をしいてしまい体調不良。
そこで、元気付ける食い物?
”そうだギョウザ!”ってことで初めて行く『ふくふくてい』
店内に入ると靴を脱いで一段高い大きなフローリングの小上がり風、
店に入るとカウンターの向こうでオッサン二人、こっちを見向きもせず。
”入ったの間違いだったか?”
カウンターの隅でオバちゃん二人ラーメン食ってる
「注文していいのかな?」
これで初めてこっちをみて「あぁ はいギョウザは焼けます」
どうも調理場の排水パイプが詰まってニット帽の人が修理に来た業者さん
黄色いタオルが小型”開口健”風店主
f0034392_158364.jpgf0034392_1584337.jpg
f0034392_1592521.jpg

ギョウザ定食を注文、おっさん一人で掃除が行き届いていない店内、テーブル少々ネバっ!
この間、”まずかったら、どうすっか” とか ”蕎麦ヤにすれば良かったかな?” などと考えながら、風邪でだるいし、投げやりなふて腐れ気味で待つ事10数分
f0034392_1595061.jpg「うまい!!」
みよしののギョウザとも違う、皮がモチモチ、美味いもんが口に入ると人間考えも変わる
”美味いギョウザを食わせる店は、油分が付着しチョイねばテーブルがいい”てな調子。

半分ほど食べた頃「その倍の大きいギョウザがあつてものすごく美味しいんですよ」
口には出さず『馬鹿野郎っこの!!それを先に言え!』とカキン~。
「あぁっ、そうかこの次にしますワ」
そんな説明、営業、注文まえか食い終ってから言えってコノ!
帰りは「美味かった、また来るヨ」って俺、ずいぶん裏表あるな。
ほんと、ギョウザ美味いヨ!!       最後は、ごちそうさま でした。
風邪? まだダルっ!


石狩郡当別町弥生53-37       『ふくふく亭』    0133 22 2612
[PR]
by bacamasa | 2006-12-24 09:52 | 外食 | Comments(0)
イルミネーションと虫歯治療
昔に治療した虫歯がガムを噛んで詰め物が浮いた。
すぐ歯医者に行けば一度ですんだもんを、約2年ほったらかし、それが今回、腫れと痛み!
夜間診療に行くと「このアンケート用紙に書き込んでください」と用紙をわたされた。
治療に対して5項目くらいあって
        多少痛くてもいい
        痛くなくしてほしい
と云う様な項目が目に飛び込んできた。
早速、『痛くなくしてほしい』に ◎、さらに、余白に『痛くない治療を、お願いします』と書いた。
結果は???
患者の俺と治療を始めようとしている歯医者との間に「書きすぎたか?」という気まずさと、
「なんだ、いい歳こいて!」といったようなしらけた風がソヨッ。

治療も終りに近くなり通り道の家のイルミネーションに目をやる余裕が出で例のごとく携帯電話のカメラでメチャな写真を。


f0034392_1937951.jpgf0034392_19373481.jpg
f0034392_19383087.jpgf0034392_19383952.jpg
それにしても皆さん裕福なんだなぁ。
と、お節介なことを考え、その後『うちのがチビの時してやれば大喜びしたろうなぁ』と
昔を思い出してみたりの通院帰り      「今日いじられた歯が少しイズイ!」


f0034392_19402892.jpgf0034392_19404049.jpgf0034392_1941080.jpg
[PR]
by bacamasa | 2006-12-22 13:46 | 仕事 | Comments(0)
俺の好きな写真     7
f0034392_17432344.jpg
                 ジョン・ロバート・パワーズ (コマーシャル・フォト)
[PR]
by bacamasa | 2006-12-21 14:03 | Comments(0)