<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
江別のドラマシアターでの個展案内
f0034392_0103265.jpg



f0034392_20324649.jpgf0034392_20303120.jpgf0034392_2034998.jpg
1月5日から毎朝4時に起きて雪の日、吹雪模様、吹雪、ツルツル道路を運転する事、約2時間、雪まみれのど真ん中に到着。
夜、又2時間かけての帰宅は深夜、この生活が2月一杯続く、でも娘の事となると寝る間を惜しんでブログアップしなくてはなりませんですネ。
ねっ・・て訳で

2月27日~3月16日
江別のドラマシアター『ども』で小作品展

です。
[PR]
by bacamasa | 2007-01-24 22:01 | 親バカ | Comments(0)
芸術の森 ・・・・ の中にある  『版画工房』
f0034392_15165039.jpg







札幌郊外、この隣はヒグマの縄張りといった処にある広大な広さに色々な工房やギャラリーなどがゴシャ。
そんな中にある一見要塞か刑務所かといったような建物が『版画工房』
ガスマスクを付け銅版制作してんだネ。
この施設も民間にといった話も出て、この先どうなるのかってこってす。


f0034392_1517665.jpg





この施設の親玉的建物、センターっつうのかな、その横あたりに立っているオブジェ?彫刻?
札幌郊外にあるいろいろな工房、ギャラリーなどなどが広大な敷地にあって、その中の一つの『版画工房』
『ここでガスマスクを付け銅版画を制作してんだ』と、要塞か刑務所を感じさせる建物を眺めて帰ってくる。



[PR]
by bacamasa | 2007-01-07 20:54 | Comments(4)
13年ぶりの小樽    7  小樽運河沿い 
f0034392_10344685.jpg

f0034392_10323949.jpgf0034392_10332518.jpg
f0034392_10335837.jpg最後はチラッと小樽運河を通って、中国系観光客の団体さんがゴッシャっ!
夜景をバックに記念撮影会。
その隙間をすり抜けて少し撮ってその場を退散。

上は寒さしのぎに飛び込んだデパート『長崎屋』の窓からで小樽の街を通る国道・・・何号だっけ?!

そんな、こんなで、いい歳こいた馬鹿親子の小樽散歩(散歩??にしては歩きすぎ)おしまい!
[PR]
by bacamasa | 2007-01-06 04:12 | 小旅行 | Comments(0)
13年ぶりの小樽    6 喫茶 『叫児楼(こじろう)』
f0034392_10193299.jpg
f0034392_1019558.jpg

アーケード街を歩いていると横の通りの突き当たりに目を引く建物!
近ずくと古い蔵を利用した喫茶店、いい感じの店内でした。

こんな感じのギャラリー喫茶持てたらいいなぁ~なんて話たり、なぜか話に出る候補地は、函館、江差、小樽と港町ばかり、今のところは会話で楽しんでいる夢物語。



f0034392_1022844.jpgf0034392_1019424.jpgf0034392_10251345.jpg
f0034392_10235983.jpgf0034392_10253482.jpg


あぁ~、この人と26年間付き合ってきたんですョ!
俺も歳食うわけだ!!
この頃、親離れ、子離れが地球温暖化の数十倍の速さで押し寄せてくる。
でもこの人と出会えて・・・・・本当!良かったですね、サンキュゥー久美さん。

[PR]
by bacamasa | 2007-01-04 19:33 | 小旅行 | Comments(2)
13年ぶりの小樽   5  あやかり『武揚』さん
f0034392_2318027.jpgf0034392_23181259.jpg
f0034392_23182545.jpgf0034392_23183444.jpgきっと両サイドに商店らしき建物が並んで立っていたんだろう、この建物も元店やだったみたいだし、
真横の写真に写っている煙突、子どもの頃よく目にしてた。
煙突を支えている梯子、真冬になると大きなツララが下がっていて、その周りで ”缶けり” や ”こま” ”ぱっち” など青ッぱな垂らして遊びほけていた。



f0034392_23232077.jpgf0034392_23233548.jpgアーケードの通利り中央にあって、”なでる”場所によって”頭が良くなったり、”なでる”場所にやって”商売繁盛”や”金運が良く”なったりするそうで、写真のお母さん、なでる、なでる、自分の為か?
まだまだ”なで”続けている、連れ合いの分!さすったり、なでたり。
おォっ!今度は子ども達の分か?こりゃ子沢山だ!!
今度は左手で、孫の分かもしれないナ。
最後に小さく一礼して『満足、満足』といった感じで離れていった日本のお母さん。
俺のオフクロも昔、毎朝神棚に手を合わせ沢山の願い事を頼んでいた。
「神様も大変だな、そんなに沢山の願い事覚えきれねぇな」と憎まれ口をたたいたのを思い出しちゃった。そのオフクロ、俺達子どもの名をかたり、実は自分の願い事だったのかな?!そのご利益あってか2007年3月で97歳、平成より江戸時代に近い生まれ、まだピンピン!!



f0034392_23235057.jpgf0034392_1036458.jpg


古物屋さんの看板娘、そうして金物屋さんの店先に吊るされたカンジキ、「今年は雪が少なくて売れてねぇのか?」とか好き勝手言って歩くのが大好きな親子!
以前に二人であるデパートへ行った時、手だけのマネキンがレースの手袋をはいて展示してあった。
指の関節は人間の手と同じく曲がる、気取った指のポーズだったので、五本真っ直ぐにして第一関節だけをギッっと曲げてきた事、あります。
今もいろいろ小さな悪戯・・・・・・楽しんでんス!


f0034392_10365975.jpgf0034392_10371295.jpg









楽しくなる看板沢山あって、デジカメや携帯で犬のマーキング小便のように撮りまくり、整理というか枚数が多く二枚でおし枚!!(おしまい)

[PR]
by bacamasa | 2007-01-03 17:55 | 小旅行 | Comments(0)
13年ぶりの小樽    4   (頒布のカバン)
f0034392_9525121.jpg


f0034392_9531141.jpgf0034392_9544026.jpgf0034392_9533146.jpg

カバン屋さんの前で見つけた頒布のカバン、真ん中の袋リュックが気に入り娘がプレゼントと言って買ってくれたが、自分で使いたくなったとかで、なんと数分で没収!!
変わりに右のを買ってくれた。
(俺、一澤頒布のもってんのに・・・しゃねぇな、サンキュウか)
[PR]
by bacamasa | 2007-01-02 15:55 | 小旅行 | Comments(0)
2007・1・1 人並みに下手な絵で  『年賀状』
f0034392_11475333.jpg

f0034392_11483584.jpg

[PR]
by bacamasa | 2007-01-01 00:03 | Comments(2)