<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
シーズン到来・・・間近 (ヘラ鮒釣り)
f0034392_12184459.jpgf0034392_12185465.jpg気分は冴えないがないが、外は連日のポカポカ陽気で、長年使用の手作り竿受けの住宅じゃないがリホーム?太めの受けは接木細工のため、一日何百回となく竿先で叩くことになるので、Uの受け部分の下からポロリと4~5年に一回落
f0034392_12215541.jpgf0034392_1222911.jpgちる、釣り場の水の上に落ちたときはタモを持ってオタオタ、二回目以降は落ち着いたもんで「そろそろ落ちる頃だとおもってたア」とニタつく余裕アリ!材質はコクワのツル。
f0034392_1225176.jpgf0034392_12251314.jpg朝起きて窓の珈琲の木にこんな物がぶら下がっていた。卵の殻に絵を描いたらしく、パソコンの前にも一個、昨夜、寝る寸前になって、「卵に小さな穴を開けてサ、中身を出せる?」
寝る寸前にコツコツと小さな穴を開け生卵を吸出し飲んだ。(口あんばいの悪い注文)それがこうなったっつう事ですナ。

ところで、イースターってなんだ?
電子辞典の広辞苑には、 イースター [Easter] 復活祭  と・・・?
復活祭の本当の意味が怪しいので、さらに『復活祭』を調べると、
キリスト教会で、キリスト復活記念のために、春分後の満月直後の日曜日に行う祭り事。イースター。【季・春】。となっていたが、ますますわかんねぇヤ?
[PR]
by bacamasa | 2008-03-31 10:32 | 釣り | Comments(0)
それはないだろう
f0034392_18521347.jpg
f0034392_22361365.jpg上の写真を見て「色鉛筆を、こう配置して撮ったのかい?」とは、なんて失礼なヤッちゃ!
色鉛筆で描くのは予想以上に難しい、この線描きを五枚描いて一番出来の悪いやつに色を付ける練習。
時々、絵描き屋さんにアドバイスを受けながら、そのてん助かりますが「私の説明聞いてンの?聞いてないでしょう」
説明されながら、その説明部分について考えてんのに、聞いてないようにみえんですかねぇ。
確かに聞いていない時もありますナ!
色鉛筆もいいが透明水彩でと・・・駄目でした。
線描きに使ったペンが油性でないので水に散るんで「じゃ、このペンやるから使ってみな、散らないから」と一本恵んでもらいました。
まア、手先を使っていればボケないとか?どっちかってえとボケてきても気が付かない、つまり、自覚症状がないだけかも!?
それにしても、実物とは、大体似ているだけで自分の描きやすいように誤魔化しだらけ。
「絵ってのは、それでいいのっ!」て・・・・・いいんですかね?
[PR]
by bacamasa | 2008-03-29 09:00 | ぼやき | Comments(0)
ピエロのTシャツ・・・試作品
f0034392_872210.jpgf0034392_873718.jpgf0034392_874778.jpg

ピエロの絵を気に入ってくれた人が、それを使ってTシャツを作りたいと言う話があって、その試作品のTシャツ。
袋から出して広げて『・・・・・・・・・・・・・・?』何故か今いちピンとこない。
Tシャツの形? プリントされたピエロの大きさ? 絵の位置か?
Tシャツの形なら、お洒落な物を、今は皆さんお洒落になっているので、もっと『オイオイ、やりすぎじゃないの』って位で丁度いいのかもしれんナ。
この絵を使って色々なものを作る時に難しいことがある。
印刷すると、アゴの部分が薄れてしまう、頭が多色で鮮明すぎるのに対してアゴは細い線で,その線の両サイドが白。頭の部分を丁度良い感じにするとアゴの線が薄れ、下手すると消えてしまうし、アゴの線をハッキリだすと頭の部分が濃くなりすぎると云う結構厄介な絵でもあるわけなのです。
これから、このTシャツはどうなっていくのかな?
[PR]
by bacamasa | 2008-03-26 16:07 | Comments(0)
安くて焼くと硬い牛肉は、こうやって喰う!
f0034392_17505211.jpgf0034392_1751331.jpg
f0034392_17511547.jpgf0034392_17512969.jpg

たまには、牛肉でも喰いたいなアと、スーパ-から輸入品の安い肉を買い、塩・胡椒で焼くと、硬くて、硬くて、食いちぎる前歯が折れそう(かなりオーバー)
激安の白ワインにニンニクを摺っていれ、バッチリ塩・胡椒した肉を1時間位漬け込む、漬け込む時間なんて適当で、漬け込んだのを忘れ、何時間もたってしまうなんてなぁしょっちゅう。
肉には赤ワインでしょう?でも赤は酸味が強いので食事中に飲むのが良い。俺はビール!
小さ目の片手鍋に漬け込んだニンニク入りのワインを入れ煮込む、半分の量になるくらいまで。
アクが出るので、まめにすくい取る。削ぎおとした脂身をフライ鍋に引いて肉を焼く、
焼き方なんて個人の好みで、どうのこうのって言う焼き方はないので自由。

煮詰めたワインに少しのブルーチーズを入れてもいいし、ワインビネガーを少々もオッケー。
それを焼き上がった肉を皿に盛って、肉の上にかける。
付け合せなはなぜか、何時も芋とニンジンだア。何時も冷蔵庫の野菜ン処に有るもんで、料理の専門家が聞いたら『なんじゃこれ!?』って言われそうだが超一流のコックさんが作った料理でも、たまに不味いもんもあんだからほっといて(冗談)
前歯を折らず食べれます。肉を食べ終わったら汁の残っている皿に、ご飯を乗せ、沁みらして食べる。

(忘れてた。肉を焼き皿に盛り付けたら、肉汁の付いたフライパンに、半分の量に煮込んだ白ワインを入れ一煮立ち、それを肉に。)
[PR]
by bacamasa | 2008-03-25 18:48 | 料理 | Comments(0)
五勝手屋の羊羹
f0034392_17551537.jpgf0034392_17553965.jpg
[PR]
by bacamasa | 2008-03-24 17:55 | Comments(0)
ウリャーっ!!『朝青龍』
f0034392_948591.jpgf0034392_9491039.jpg
『どりゃぁーっ!!』                  『うぉっしゃー!!』

大相撲中継は見ないが、横綱・朝青龍の大ファン。
闘志むき出しがいいベっ!!
モンゴルで事業を手広くやったっていいじゃ!!
今場所の盛り上がりを見てみろ!横審のオバちゃん。もっともらしいコメントをしていた元・力士!!
[PR]
by bacamasa | 2008-03-24 09:51 | Comments(0)
滝川・商店街っす。
f0034392_22461229.jpgf0034392_22463810.jpgf0034392_22472871.jpg
f0034392_22574325.jpgf0034392_22575843.jpg「ワシらにも若いとき、あったんだワネ?」
「そんな気がするワいね」
「・・・・・・本当にあったのかいね?」
「あったよような気がする」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
f0034392_2311395.jpgf0034392_2314565.jpgf0034392_2321354.jpg
[PR]
by bacamasa | 2008-03-23 08:39 | 小旅行 | Comments(0)
滝川・商店街
f0034392_13474693.jpg
滝川は、いつも車で素通りだったので、屋根付き歩道商店街をあるいてみた。
カメラを片手に歩き回っているうちに、腹がへって、目についたのが230円の文字、うどん、そばが230円、不味くて食えないようなら230円分悪態ついてやろうと店内に入って「天ぷらそばを注文。店内にはオバちゃんが一人、店主兼店員さんらしい。ビニールに入った玉麺そばを袋から出してお湯で温め丼にポイ、上に真っ白いプラスチックのような薄い天ぷらを乗せ、ホウロウのずん胴鍋から汁をかけ、刻んだ葱をパラッ、品物と手順は懐かしい駅の立ち食いそば。
問題なのは汁の味だけ。横でたい焼き一個注文してパクついていた連れが心配そうに一口、口にするのを覗きこんで、目で『どー?』
この手の蕎麦にしてはいいんじゃねぇの、○だね。
勘定の時、おやき100円、そば260円?天ぷらが乗っけてもらったから30円プラスの260円なんだ。店名が『ばんばん』次に来る時にも喰いにくっからナ、安上がりで、下手な蕎麦屋よりいいヤ。
この入り口の雰囲気、どんな物が出てくるか?といったドキドキ感も味わえるし好きだね。

f0034392_1348660.jpgf0034392_13491458.jpgf0034392_13482297.jpg

f0034392_13485213.jpgf0034392_1357572.jpg岩見沢にも似た商店街があった。
一軒の金物屋に入って写真を撮りまくっていても、店の人は出てこない。
どうせ、今日も客はこねぇだろうってんで、奥で昼寝でもしてんのか?
店内には売れ残ったのか、古くて珍しい物が所狭しと有る、有る。
骨董屋さんに入り込んだみたいで古い金物屋覗きが面白い、時には追い出されるような時もあるけンども。
[PR]
by bacamasa | 2008-03-22 00:02 | 小旅行 | Comments(0)
ワァオ!・あかびら
f0034392_22343056.jpg
f0034392_22345454.jpgf0034392_22351054.jpgf0034392_22354236.jpg
f0034392_22395588.jpgf0034392_22401584.jpg国道275を走って、滝川、滝川から赤平へ炭鉱の跡を写真やスケッチにと行ってビックリ・シャックリ・驚いた。何にがって、駅なのか?なんなのか?西洋のお城が建ってマってたぁ。
その方面の情報に詳しい人に聞いたところ「駅じゃない」そうで「その後ろが駅!」なんだそうです。
建物の中に入ると一階の壁の高いところの時計の下にオルガンらしいものが・・・!?
教会の様な雰囲気(っても教会には入ったことが無い)「すっげぇー」の一言。
階段を登って上の階へ行く、トイレも綺麗だし・・・・・ンでもよ・・・人が居ない。
ギャラリーとしても使えるスペースもあるが、どうなんだ?せめて上の階に七宝焼きとかの作品を一階部分に展示してJRを利用する市民の目に触れる場所にと痛烈に思ったっスね。
10代から、跳び、跳びに赤平とは縁があって、無関心ではサァ、いられない部分がある訳なんで、この建物と周りの風景(建物)とのアンバランスにドッキっ!裏にあるプラットフォームを見て「オーゥ~、オレの知ってる赤平駅ダ」そのギャップが複雑!そんな、こんなナ気分で歌志内周りでと赤平駅前を走ったのサァ~ね、元炭住の東雲町付近?・・・手前?・・・の街頭の時計が・・・!?よオォ、五時前なのに六時半を回ってたっけ!あの時計は進んでいたのか?止まっていたのか?このあたりも気になるなァ~ア・・・だ・・・ぜよオォ。
もう少し雪解けが進んだ頃に又いっかぁ~、赤平に。
[PR]
by bacamasa | 2008-03-21 00:09 | 小旅行 | Comments(0)
一時間待ち
f0034392_0141457.jpg


ポンコツ愛車のセルモーターを交換に日産へ、「交換には一時間ほど掛かりますので中の方で」っても、車屋のロビーで一時間まつのもなんだしってんで、腹も空いているんで街ン中をブラブラ。
やっと見つけた蕎麦屋に期待しないで入ったのがこの店。
かしわ と ご飯、だしが少々濃かった(甘口だから)かな?あとはOK!
元、すし屋か?と思うような、ドでかい紋所でした。
後は、こんな感じの商店街をホッツキまわり一時間と十数分、これでエンジンスタート時にセルを叩いてからキーを回さなくてもいい、気分爽快!
でもヨっ「次のトラブルはどこだぁ~」
f0034392_0144271.jpgf0034392_0145567.jpgf0034392_0173074.jpg

f0034392_0152999.jpgf0034392_0154224.jpgf0034392_0171398.jpg
f0034392_015980.jpg商店街を歩いて、シャッターの下りている店舗、テナント募集の張り紙が多い。
珈琲を飲みたくて喫茶店?今はカフェっていうのかな・・・が無い。自動販売で缶コーヒー飲むしかねぇのって・・・缶コーヒーが苦手。
本屋も無い!CDでもとキョロキョロしても、それも無い。
日産に戻ると交換完了、「交換したセルもらいたいんだが?ばらしてみて見たいんで?」
「デンソーの方にかえして・・・・・・」ってあのセル、(中古)このセル、借り物かぁ。
又、調子の悪いセルを整備して中古として使うのか?前回のは二年弱で今回の交換・・で・・工賃プラスで42.000円ってたっけぇ~。
278,000キロ走っている車じゃ、シャ~ねぇか?
(物は使い切りたいヤね)
[PR]
by bacamasa | 2008-03-20 01:19 | 小旅行 | Comments(0)