<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
遊び道具(マブダチ)・・・ベイトキヤスティング・リールとフライ・リール
f0034392_18165759.jpg
f0034392_18172066.jpgいい歳こいた親父が一杯喰らってろくでもない事考える“加齢臭”で充満させている部屋の机上(加齢臭って、ンじゃオレのはいった湯船の残り湯はスープ加齢か?)、部屋の隅、ベットの枕元近くにベイトリールやフライリールを置いてある。時々キリキリと空回りさせてはあの川、海と酔った頭は完璧に釣りをしていいて戦闘モード全開!
山形県朝日村の『大鳥池調査報告書』のコピーを村役場から送ってもらい、それを何度も、何度も読み返し見た事の無い幻の巨大魚“タキタロウ”に思いを馳せ、リールをキリキリ回し酒をグビッと飲む。ネットで『釧路川』を検索するとアメマスが良いようだし『どうすっかア、なっ』とギリギリ回す。釧路を出て随分経ってしまった。
イトウ釣りに行っていた頃を思い出して5万分の1の地図を買って五十石近く
の釧路川をみてビックリ、雪を踏みながら釣り歩いたあの釧路川が直線になっている。『チッ!』と小さく舌打ちしてリールを回し飲む、こんな調子なものでグラスを空けるのが早くなる、酔う、リールを握る、回す。
こんなのを“アームチェアー・フイッシャーマンというらしい、なら座椅子に座っているから、座椅子の釣り人とでも言うンだろうよ。
一段下の写真のリールは超の付く“激安リール”も、使いやすく仕事で長期間チッと遠くの漁師町で活躍したやつ、毎回、釣りが終わって宿に帰ると真っ先に竿にセットされたまま風呂場に飛び込んで温水シャワーで塩分を荒い流すのも日課だった。ワームやスプーンでガンガン釣り上げた小さな相棒、釣りに出かけない時にも酒を飲む相手をしてくれるオレの『マブダチ』っ!
[PR]
by bacamasa | 2009-01-29 02:16 | 釣り | Comments(0)
親不知抜歯後の看病食!?
f0034392_1002630.jpg
絵描き屋さんが上下左右にある親不知4本のうち、左上下2本を全身麻酔で抜歯するというので医療大学まで乗っけていってきましたア。
(訂正:全身麻酔ではなく、静脈沈静法という半分意識が朦朧とした状態になるようにしてもらったそうな。)
奥歯が真横に生えていて、サッと茶色く虫の喰い始め状態で抜く?オレなら抜かないね。歯医者恐怖症だから痛くならないと歯医者には行きません。往生際はすこぶる悪い!
その日の内に上下二本を抜く、話を聞いただけでケツの穴付近がモゾモゾしてくるし、絵描き屋さんの年齢も忘れ何時の間にかヨチヨチ歩きの頃を思い起こして心配している親バカの馬鹿見本、分かっていてもどうする事も出来ない『しゃ~ねェ』と自分に言うしかありゃしないンです。と、まぁブツクサ言いながら上下二本抜いたら硬い飯は当分喰えネェだろうと、ドラック・ストアーでお粥を買い、これに色々な具材をのせて食べさせようと思って買ってきました。バカ○!!
こうなると止まらないンです。ヨチヨチ歩きの頃の絵描き屋さんがオレの頭ン中を駆け回っちゃって、もういけませヤ。とうの昔に抜いた親不知が痛い。バっカな話だがシャ~ねェえんです!!間抜けな話。
どう考えてもあの段階じゃオレなら抜かないね。少し虫歯になりかかっているくらいじゃ抜けねぇよ。迎えに行って出てくるのを待つ間いやだったらねぇナ。あまりにも衝撃的抜歯手術で(ってオレの想像)ヨタヨタとこの世の終わりっつう風に出てきたらド~するって心境で待つ間の長い事。あっけらカ~んって感じで出てきて半分麻酔の効いている口と体で抜歯手術の様子を喋る喋る。あのバタバタ心配はなんだったンだってエ話。
抜歯の話は続いていて、その話を聞いてケツサワサワ、ムズムズさせ運転「喋るナ~っ!!」って言っても止まらない。
オレの口ン中がシビレてきた。「」親ってのは割りに合わねぇナっ」つうとシビレた口で「ママッ」
[PR]
by bacamasa | 2009-01-28 02:25 | 親バカ | Comments(0)
固定電話にビクっ! 『 ムっ・・・・・・・・・・。』
f0034392_1325953.jpg

夜、一人で家にいる時に、床の上に置いてある固定電話鳴る。
鳴り続ける受話器を、固まってジッと眺めているだけで受話器に手が伸びない。どうも固定電話との相性が悪い、楽しい話、そこまでいかなくても、ごくごく普通の話で良いのに“ブルー”な話しか受け付けない厄介な電話機が一個。
例のように一杯飲んでいる時その電話が鳴った。持っていたグラスをテーブルの上に、意味もないのに静かに、細心の注意をもって小さなコトっという音をたてて置きながら、鳴り続ける受話器を見ている、鳴り止まない!
四つん這いになって受話器を真上からジッと睨み付けていると切れた。
四つん這いでテーブルに戻りホッと胸をなぜおろし溶けて小さくなった氷が浮いている水っぽいウィスキーを流し込んで『誰だ?どんな用だったんだ?』と気になるってくる。
そうなると、目は電話機に向いたまま『出れば良かったか?』と思ったりしていると又、鳴った。
『10回鳴ったら出よう』10回鳴った。『もう少し』まだ鳴っている。
意を決し渋々出ると聞きなれない訛りのきつい浜言葉。以前にある家族の消息を尋ねたその家族の親類からだ。一通り聞いて受話器を置く、気が重い。今夜は魔が差して受話器を取ってしまった。
訛りがきつく汐焼けした太い声で早口で、話の内容が5分の1しか分からず『アぁ~』とか『ウン』と相手の言葉の終わりに返事をして『それでは』って切った。
椅子に戻って不明部分の5分の4を推理する、5分の1を頼りに酔っ払い探偵気分で考えた結果はこうだ。
『マ、元気だ』
『何とかいい方向にと』と、
後は解読不明。やはり夜一人の時、固定電話が鳴ったら四つん這いのにらめっこで止めておくのが無難だゼ。
[PR]
by bacamasa | 2009-01-27 00:01 | ぼやき | Comments(0)
のんべェ~のバカ政でもマジめに考える夜もある。
f0034392_1328737.jpg
f0034392_15365957.jpg

机の上の紙っ切れは、下ねた帳ではない。下ねたと言えば、どこまで熟年おばちゃん達に許してもらえるか?と、夕食後の茶を飲みながら御題として食卓テーブルをはさんで飛びかった。回りに誰もいなかったら制限は然程厳しくはないはズ。旦那、子ども、仲間プラス自分の立場、たとえば社会的地位っつうかで、どこまでなら許されるかってエ話になった訳。
「ヘソを境にしてチっと下までならいいのかな?無難なところで」
「ンじゃアさっ、パンツを脱いだら駄目?!」と、話は下がりに下がり脱線転覆!
そんな下ねた話も若い女の子上手っスよ、脂身を削ぎ落とした赤身と言った風にサラリと話す。大便、つまり糞を『うンニょーっ』だもんな。うんニョーォ~!部屋に飾って置きたいような、したくないような響きがある?!と思う。

机の上の紙っ切れは、絵描き屋さんがいじめ、登校拒否を体験した時の事を書いた一部分。
暗くなるような話?雰囲気としては二枚の写真のような明かりの下で、登校拒否1日目から向かい合いで二人でアルコール飲んで相談していた。今ならバレたら検挙もんだよ。なア、娘14歳なんだから。
「あの頃を振り返ったら、当時はそれなりに苦しんだ部分もあったけれども楽しかったよネ」と言われ、本当にそう思う。
今、こうして下ねた話も出来るし、夢も追い続けれるし、夢って追い続ければ、そこに行けるもンなって酔っぱらって思ってマ!
一枚の絵と二枚の写真、二階の自分の部屋に潜り込んでドン臭いノート型パソコンいじりながら飲んでいる気分そのまんま、見た通りでリラックス。爽やかな食後の会話の後だからなっ。
[PR]
by bacamasa | 2009-01-25 00:10 | Comments(0)
朝に見たくない光景
f0034392_1285470.jpg
連日連夜まぁ、飽きもせず飲んで、長年蓄積された不平不満、しもしない努力を棚に上げ、そんなこんなンを、少ない懐具合を気にしながら激安の酒で紛らわそうと飲んで、『なんてぇ、素晴らしい飲み物なんだ』と飲んでいる途中に、一度は酒に感謝!も、翌朝目を覚まし、霞みがかった視力でベットから半身起こした目線のさきにの机を見ると、空のグラスが一個ロックの氷が溶けて行き所が無さそうに鼻で『フン!!』と見下し笑いしていそうな風にグラスの底に溜まってンだ。
横には、鼻水拭いたのか?だらしなく酔って垂らしたヨダレをふいたかア?そんなテッシュが一個、飲んだ次の日の朝には見たくない光景。
そんな意識が働いたのか2~3度フラつく足でかたずけようとグラスを持って部屋を出たまでは良いが13階段落下『鎌田行進曲』かア?(あの階段落ちより難易度は高い)最後の落下以後飲み終わってもグラスは置いたまま,朝に目にして、見て、更にかったるい気分の方を選んでマ。あと少し生きていテぇもんなオレだって。
[PR]
by bacamasa | 2009-01-23 00:08 | Comments(0)
「これはカレーでございます」とチャーハンで遠征お食事!
f0034392_158061.jpg
f0034392_1581515.jpg
車を飛ばしてチョイの町に蕎麦屋があると聞いて、時には変わった蕎麦屋にと、洗車できれい!で極端に燃費の悪い愛車で出かけました。
ここんと頃の暖気で対向車とマイカーの水はねで大変ダ、運悪い事に対向からダンプが来てフロントガラス一杯に“ばっシャ~”だもんな、クッソ~!ダンプの悪態を吐き、アクセル踏んで目的の蕎麦屋に着くと『本日定休日』ってかアぁ!定休日の札の前で蕎麦屋の悪態、暴言、雑言の数々。
せっかく来たンだし、どっか食い物屋探して喰っていこうって探したら有った。 “お食事処 『×××』”って看板が。
店の横に車を止めて「な~ンか外れソ~っ、ど-する?」
「ム・・・・・・・・・・・・・・・・?」
「高い物頼むナ、メニューの中で一番安いモン頼んでヨ」
「不味くてサっ、残しても、被害少なくてすむ?ってことぉ、?」
「そー」って、そんな作戦立てて、そこまで迷い相談する?なら別の店に行けだがオレはちがぁ~う。ンでもって入ってこの品を『ご注文ン~』
「カレ~ライスぅーとチャ~ハ~ン」

ここからは帰りの車ン中での会話。
「カレー、あの器に入っててスプーンがあるから、カレーライスなんだって分かるけどもよ、そうじゃなかったら『おれカレー注文したのに何くってんだア~』って、そんなカレーぇよ」
「チャーハン、味よりなにより油でギットギト」
「カレーよ、横に店員が付いていてオレが一口喰うたびに『お客さまが只今お口にいれましたのはカレーライスのカレーでございます』って言わないと分かりませんっつう味っ」
「そして、店員が『ライス?お米、ご飯は分かりますネっ?、ハイでは“ライス”のご説明は省かせてい・た・だ・き・マす』て言ったりしてサ」
そんな風な貴重なカレーライスを食べてきました。家の横に車を止め振り返るとダンプのはねた水をかぶり、車体が薄っすらカレーっぽい色になってたゼよ。
[PR]
by bacamasa | 2009-01-22 00:05 | 外食 | Comments(0)
幸福を招く『口福(こうふく)の会』の口福会員バッチ
f0034392_1914509.jpg

なにかの会の缶バッチです。小さくした2枚の写真を12枚にしてくっつけたこのニギニギしくしてしまった会員バッチです。バラで見ると良いバッチだ。中に、ちゃっかりと自分の『縁起物バッチ』を潜りこませて,機会あるごとにチマっと宣伝。
同じ年頃の時、食生活はどうだったか?『食』って空腹を満たす以外、味を楽しむNO!.チャンスがあれば食べれる物ならなんでも食べれるだけ食べる、ガツガツとこのチャンスを逃がしてなるかいと、いった風だったかな(だったデス)。飢餓状態、可愛く言えば欠食青年な毎日ってもいいくらい、馬鹿だったからネ。
だから、今でも何でも喰うし何を喰っても腹を壊したことがない、胃袋は『残飯入れ』だもんな。
『食』っていえば昔ですネ、釣りに行って漁師の奥さん?なんだけども婆さんに、昼飯にとオニギリ弁当もたされ、「ンじゃっ」てんで昼だしと袋から出すと『デッけぇ~!』ソフトボールより更に大きく、それをオニギリっぽく潰して海苔をかっちり巻いてある、袋の中にオカズらしいものがなにもないし、このデカにぎりのなかに入ってんだと一口、二口、『ネェ~』真ん中からずれて入ってんだろうと、かじった反対側を、一口、二口『ない!』本当に握った飯だけ、魚は釣れないし散々。以後、婆さんのおにぎりアレルギーに(嘘)
[PR]
by bacamasa | 2009-01-21 00:12 | 料理 | Comments(0)
無口でノンベエなオヤジの地デジ
f0034392_2213710.jpg

飲まなくても、飲んでも無口なオヤジと飲んだ。
なにが面白くて楽しいのか?飲んでも乱れない、だったら酒でなくてお茶でも良さそうだが。
なにが楽しいのかってのはオレにも言える、ただドンと座って飲む奴の前で飲んでなにが良くて、どこが、楽しくて飲んでンだかって。
間がもたないんでテレビをつける。こんどは飲む、テレビの画面とにらめっこ、そうして飲むだ。
そんな時スマップの一人が出ている、地デジのCM「2011年7月から」ってやつが流れた。
その無口オヤジ「2011年?、俺の方がズーっと早いヤい!15年も前からの切れ痔だ!」と言い残しトイレに部屋を出て行った。
あいつも飲んで酔って頭の中で楽しんでいるんだと思ったら気が楽になってテレビを交えて無口オヤジとつい深酒をしてしまった。
[PR]
by bacamasa | 2009-01-20 00:11 | Comments(0)
『最高に画像の悪い携帯』
f0034392_202458.jpgf0034392_203195.jpgf0034392_2031826.jpg以前に一度載せた画像が最高に悪い写真。
夜、漁港の明かりの下の海水表面を奇妙な泳ぎ方のヘラ蟹をタモ網ですくって、港近くの漁師さん宅の飼い犬の前からワン公の汚い餌入れ鍋を失敬して茹でて食べた。懐かしい!
同じ漁港で大型漁船の周りに投げた一発目のルアーに喰らいついた45センチのヒラメ。と三日月湖で
f0034392_2034387.jpg f0034392_204730.jpg f0034392_2042921.jpgのナマズ。
ドジな奴が冬道で大型ショベルカーを転落、それをクレーンで上げようとしているのもあったり。
なんたって、スルメバァさんの写真!手前のチョコンと写っているタコ頭は、スルメバァさんの連れ合いです。最後に見たスルメバァさんの顔は痩せて、日に焼けて黒く、本当に干し過ぎのスルメだった。
一度、スルメバァさんが爺さんと、些細なことで小さな言い争いをしている最中に、ドカドカと茶の間に入って行った事がありました。
「ま、まぁ、抑えて」というのも勢いをつけちゃいそうなので「あぁ~、いいねぇ~、年寄りがいがみ合っているのを見ていると、心が和みますネぇ」と二人が座っている食卓テーブルの前に座って、ニカっとした笑い顔で、ゆっくり口調で言うと、二人、キョトンとしてから声をたてて笑っていた。そのスルメバァさんは5年前になくなった。爺さんは養老院に入っていて、呆けているとか、そうではないとかの風の便りが届いた。
あの時、もう少し悪たれ口を言っとけばと少し後悔している。
     
[PR]
by bacamasa | 2009-01-19 00:00 | 老いぼれ | Comments(0)
ロートル・ノート型パソコン・・・「オラぁっ、働けっ!!」
f0034392_1891766.jpgf0034392_1810183.jpg
忘れかけていたポンコツノート型パソコンを再度使用可能にした。使いましょうとした切っ掛けは、パソコンに詳しいそうな、つまりあくまでも“詳しい、専門家もどき”のお兄ちゃんにいじくって、更におかしくなったのが理由の一つ、もう一つはいじくり代として7000円払ったという、実にセコイ腹だちサにも背中を押された訳サ。この金銭部分を絵描き屋さんに話すと「ママっ!餞別、せ・ん・べ・つう・と思って」なに言ってんだか「オレの知り合いじゃねぇよ!」なんだか訳わかんねぇ、小競り合いがあって“負け”だ。
左ノート型で見たこのブログ、右がデスクトップ、右4枚の写真が見れてな~イ。

f0034392_18102456.jpgf0034392_18104669.jpg
デスク型の縮小画面よりも見れてないのにガッくし!ノート型に全部見れる様にするとデスクではスカスカ画面、パソコンて融通きかないな。ノート型には虫が入っていたそう、ワームってルアーで使える??
「あのパソコンに虫が入っていました。トリコモナスが、パソコン使用なさってて、なにか感じませんでした?たとえば・・・異臭とか」な~んて言ったらポンコツパソコンも楽しく使えたりして・・・(失礼、話が下がりすぎたかア。)ンでも、“トリコモナス・セニョリタ~”って昔、昔、ムード歌謡コーラスグループが女の歌手を取り囲んで・・・唄ってたような?(呆けと連日のアルコールのせいで馬鹿ばっか)でも歌謡曲の歌詞にありそうっつうか、無いけども、聞いたことありそうなって、聞いてないけどそんな雰囲気ありそう。(オレだけかナ)

f0034392_18111123.jpgそれでも
作業を終えた格好は「一仕事終えた、一杯やってねっかア」って風だ。
軽作業だったくせにとチっと立腹!動きが遅いのなんのって『遅い!』コラーゲン不足かっ?てくらい、晩年のジャイアント・馬場さんの方が超スピーディー。
クリックしてページが開くのを待つ、さらに待つ、少し唸った。働きたくなさそう。
イライラしてカチカチと催促クリック。半分諦めて居間で珈琲を落として戻ると表示されていた。
それも催促クリック数だけ、動きの鈍さに更にせ手を貸していた訳。
古いのか?古い!「古くて、直してって言われたら、これは勘弁してよ」って代物らしい。医者に見離された“ポンコツ・バカコン”。「オラぁっ!働けっ!」
[PR]
by bacamasa | 2009-01-18 00:00 | 下ねた | Comments(0)