<   2009年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
カラフル・サラダの似合う天気
f0034392_14291838.jpg
久しぶりに青い空と太陽さんが顔を出して良い気分。こんな日にはトマトの色が似合いまンなぁ。カラッと晴れたのでカラ揚げも添えて思いっきり「いただきマ~す。」
f0034392_14293362.jpg

サラダの右上で一個コロンとある赤い実は窓の前に植えてある今年最初の一個、『プルーン』当然初物は絵描き屋さんの口へ。感想は「すっぱ~ぁい~」
作業台に上って取ったときの感触が『まだまだ早いナぁ!?」だったのが的中。


f0034392_1430030.jpgぐずついた天気が長く気分も曇天!
カッと晴れると、塩ラーメンがどうのこうの言っていたのがバカらしい感じになります。

やっぱ、カッチリ晴れたらこんな色の飯を喰ってギャギャ、ワイワイ騒ぎながらやらなくちゃ長雨で体中にへばり付いた湿気が落ちないンでしょうよ。

喰うのって楽しい。飲んで喰ってってのはなお楽しい。
それには太陽がカンカン照りってぇのが絶対条件ってとこダ。

音ですか?
食卓テーブルの近くには現在のところ二枚のCDがいつもある。
古畑亜紀さんのトランペットアルバム『コンサート ピース』と
『Yasuaki Shimizu & Saxophonettes』こっちはバッハ。気取っている訳じゃないが訳わかんないけれど喰うときも流れていていいんであります。

よく仲間に言われますヨ。
「そんな音楽似合わない」って、なんなら良いんだって聞くとですナぁ。
「健さんの網走番外地にかぶれている姿ぁ~」
[PR]
by bacamasa | 2009-07-31 00:05 | 料理 | Comments(0)
フロントガラスに青ガエル
f0034392_2130517.jpg

f0034392_14281346.jpg駅まで迎えに行く。電車が到着、絵描き屋さんが助手席に乗り込んできてエンジンスタート『ンん・・・・・!??』助手席側フロントガラスになにやら黒っぽい塊が付いてるじゃないですか?
カラスか何か大型の鳥の糞かと思いティッシュで取るように云うと、ジっとフロントガラスに顔を近ずけて「フンじゃない!カ・エ・ルだぁ~」

家と駅を往復カエル一匹フロントガラスに乗せて深夜のドライブっつう訳ヤ。
家に着いてデジカメフラッシュ撮影を車内と外から主役のカエルがボケボケ、ハンドルが主役を喰ってる。

朝、車の横のアジサイの葉っぱの上にヤツがいた。
いったいどんだけ田舎に住んでいるんだって云われちゃうような話。(本当に中途半端なド田舎住まい)



f0034392_18522482.jpg

[PR]
by bacamasa | 2009-07-30 00:00 | 生き物 | Comments(0)
なかなか出会えない好みの『塩ラーメン』
f0034392_15342941.jpg
自分の口に合った塩ラーメン探してラーメン屋さんのノレンを何百枚くぐったことか。これは絵描き屋さんお薦めの『塩!』ですがシックリこないンだナ。
それと何時からラーメンにシャモジが付く様になったんだい!?汁は丼に口をつけジュウルジョウルと飲むのでコイツが邪魔で、食べ終わるまで水のコップに乗せておいた。
美味しくないのではなく、食べたい味とチョと違う。

f0034392_1551856.jpg
塩が喰いたい!塩・しお・塩!この塩を使ってって訳じゃない、口に合った塩ラーメンが喰いたいの『塩』(洒落)

f0034392_16382350.jpg
ンじゃアぁ自分で作っちゃえってんで薬味の一部、長ネギ、大葉、ニンニク、イタリアンパセリ。イタリアンパセリの葉を使うと口の中でザラついた感じがする、で、茎の部分だけ。
f0034392_16441911.jpg

出来上がりの塩ラーメン。海苔はザル蕎麦用に買っておいた千切り海苔、(右回りに)ネギとイタリアンパセリのみじん切り、チャーシュー、シナチク、茹で卵(水から火にかけ沸騰して5分でこう)、おろしニンニク、大葉、大葉の上に梅着けと、こんな按配に出来上がり。

f0034392_16444193.jpgスープの色、実際は若干薄めで鶏ガラ中心の良い味良い色。写真の撮りは悪いのは全部一人仕事なので写真でモタモタしてラーメンがぬるくなっちゃ、そんなの喰いたくないのであります。

以前、ラーメンと南高梅が美味しかったので『オレもっ!』と、“なんこうめ?”
「何個梅?」
「一個」
南高梅が無いので、産地、加工者、出所不明の梅漬け(もらい物)で茶を濁しちゃった。

それにしても、一杯の塩ラーメン喰うのに忙しすぎ!(洗い物もあるダでよ)
[PR]
by bacamasa | 2009-07-29 00:17 | 料理 | Comments(0)
門別競馬場
f0034392_107878.jpg
曇天の中、門別競馬場の正門前で匂いだけ嗅いできました。開催日以外は正門のゲート(正門てさらに入った処にあるようです。正門前ゲートは?)がピシャリ、次来るときは絶対開催日。

f0034392_10224320.jpg
全開催日をナイターで行っている。札幌から車で90分てぇことは1時間30分!その2倍近い時間で門別競馬場にいちゃった訳ダ。

f0034392_1023268.jpg
競馬場と国道235号線を挟んで放牧しているサラブレッドが見えました。地図(北海道馬産地・図)を見ると中原牧場の馬のようでした。

f0034392_1025545.jpg
『競走馬のふるさと案内所』で隣接してテレビ新聞などで破格の値で競り落とされたニュースなどで時々見聞きする毎年サラブレッドのせり市場を開催する『北海道市場』がある。
f0034392_1272224.jpg

パンフレットや案内所など他にも目に飛び込んでくるのが『牧場見学の9箇条』。それだけ観光客の見学マナーが最悪ってことだ。

f0034392_12121986.jpg観光の記念にと牧場見学に行って放牧中のサラブレッドの鬣(たてがみ)だったか尾の毛かを切り取ったという話を聞いた。 (なんてぇことをするんダぁ!!?)

観光客が来て日高地方にお金が落ちていくが競走馬の育成牧場は観光施設じゃないんだし、こんな按配では牧場にとって観光客は『招かざる客』ってことだよな。

美瑛町の畑を見に観光客が押し寄せ尿意をもよおしたら近くの畑で済ませるためロープを張って立ち入り禁止したとか。尿の序でに“大”だってしてンだい!?

“旅の恥はかき捨て”っていっても“捨てすぎ”!!

オレかい?国道を走って右、左に現れる放牧中の馬を見て満足。牧場見学に行って『こいつら目を離すと何をしでかすかわかんねぇから』って目で牧場関係者に見られながらの牧場見学はしたくない。

競走馬なら競馬場でジックリ見る。金かかるのが(馬券外れで)チッとですがぁ~と。
[PR]
by bacamasa | 2009-07-28 00:00 | 競馬 | Comments(0)
迷って、懐かしい物に出会い、喰ってボヤいて。
f0034392_948413.jpg
f0034392_9493034.jpgもう、かなり前に海、太平洋の淵を走っていなくてはならないのにいまだ山ン中といった按配でゲンナリしていたところに食べ物やさんの野立て看板『じゃんけんぽん』ここから1分だったか3分ってかのが目に入ってしまった。
看板の時間より走っても店が無い。「ジャンケンやって負けて何処かにいっちゃったかナ?」とか云っていたらありました。朝からコンビにのオニギリとアイスだけだったので腹ごしらえ。注文はハンバーグカレーとハヤシライス。
テーブルがネバっとしてました“イエローカード”
味の方はってかい!?あぁっ!ここは平取だってサ。味、オレ味音痴だから聞いても無駄っス。
f0034392_9554132.jpg
薬味ってのかナ?カレーライスにはフクシン漬けかラッキョってのも懐かしいし入れ物が凄い、40数年ぶりのご対面でした。
まだ有るんですねぇこの薬味入れが、
まだ生きているんだカレーライスには“フクシン漬けとラッキョ”っつう組み合わせトッピングが。
喰い終わってカウンター横のレジに行くと近辺に店の人が誰もいない「食い逃げしちゃうゾ~」と叫んでも来ない、カウンターで食事していた若い女の子が奥に向かって「ごちそうさまぁ~」と笑いながら何度か叫んでもう一度目が合った瞬間「警察呼んでください」っていったらギョッと一瞬固まってた。本物の無銭飲食と思ったみたい。少し面白かったっス。





f0034392_9575161.jpg家まで20数㌔で晩飯にレストラン何の事ない西洋食堂なんだが喰ったのはこれ。
ワイシャツにピシッとした黒いスカートのヒールのスタイルバツグンのオバサンがナイフとフォークをセットしに。
カチャカチャ。
おっ!ワイシャツ薄汚れてんじゃねぇのよ。

f0034392_9592078.jpgナイフが全体的にボソっとくもっているじねぇかよ。ナフキンで擦ると少し光ってきたがナフキンでは無理。そこで顔と手とをキッチリ拭いたオシボリでゴシゴシやるとおちた。洗い残しだよっコノぉ!!

食事って、口に入れる料理だけが美味しいとか不味いではないと思うンだね。テーブルの清掃、席に着いて『さて、何を食べようか』とテーブルに両手を乗せメニューを・・・と『ン??』粘つくってェえのが結構多い。

食器類も清潔でなくてはならないし、給仕をする人の身だしなみも含めて食事ってもんだろうサ。
[PR]
by bacamasa | 2009-07-27 07:00 | 外食 | Comments(0)
迷い込んだ『牛小屋のアイス』
f0034392_9341349.jpg
方向音痴迷いに迷って走り回っていると道路横のこの妙に地味?な看板が現れた。トットットっとキューブレーキ掛けてUターン。

f0034392_9343152.jpg
手造り満載の店。金も地位も人徳も無いけれど好奇心旺盛「ナンか分かンねぇ~雰囲気あんナァ。」

f0034392_9344512.jpg
営業中の看板の下の“犬をお連れのお客様へ”の注意書きの黒い顔に黄色いメガネの顔が描いてありますが、店内にもっとど派手なかっこいいこの人が居た。

f0034392_9345961.jpg
「これはどんなンなんですかね?」
「なにがこうなって入っていて、こうなって、あぁ~なったアイスです」
てなこといってたのかな?

f0034392_9353962.jpg
ズラッとならんだ各種のアイス。どれを頼んだらいいのか迷う?迷う?? 方向音痴でもこの時はぜんぜん迷わず「マンゴとオレンジ。」

f0034392_9384815.jpg
マンゴとオレンジのトッピングアイスが左。卵状のアイスがお互いに肩を寄せ合ってカップの中に落ちないよう踏ん張っている。カップ内は空洞。味? 美味い、美味い!
お金を払って納得した食べ物って数すくないが、このアイスは大納得組!
f0034392_9393444.jpg
f0034392_9395758.jpg壁のメニューといい、店の外観なんかはヨっ、“お”フランスの田舎にありそうな小屋。と云ってもフランス行った事ないんだけれどもいい雰囲気。これでアイスが美味しいんだから文句なしだよ。

たてかけた古い農機具。
馬か牛のオマルか?と思うようなステンレスの容器。
馬や牛じゃ溢れでちゃうか?とか。


日高方面に行こうと車を走らせたがドンドン山の中へ行く、馬が居ず放牧されているのは牛ばかり。
迷ったおかげでこのアイスを食べれたからいいじゃねぇ~の!


車は苦手で嫌いなオートマ。
Dモードで走行。長い上り道が続くとエンジンが切れそうになって息も絶え絶え。
急勾配を上るときに2とか3に切り替えるのを知らなかった。3で上りきってもそのままで走るしマニアル車が懐かしい。

こんなに由仁のことを載せて由仁出身? いいや由仁町とは関係ありません。ただ道に迷って、迷い込んで美味しいアイスにありついただけ。

f0034392_9404778.jpg
f0034392_941543.jpg
案内板の絵の中にアフリカ人ぽい人が何人か描かさっているが店内にこれより濃いキャラの格好いい中年オバちゃんがノリノリでいました。色も自前か化粧かは分からないがいい焼け按配。写真で見るより実際に行ってのご対面が最高かもしれねぇよ。
壁のメニューんところに“毎日やっちゃんがまぜまぜして・・・・・”て書いてある。しょっとしてこの人が“まぜまぜのやっちゃん”かも。ガングロのアイスクリーム作りの名人っつうことになんのかナ。

f0034392_9441898.jpg
もう一度このアイスを食べに走ったらスンナリと行けません。又、迷って、迷ってなにか美味しい物にぶつかるかモ。「場所はどの辺ですかっ?」って、アントニオ猪木じゃないが「オレに聞くなァ~っ!!」(古ネタ)

由仁町観光ガイドブック『由仁町のおはなし』 を チラっと覗き見したい人は!?
[PR]
by bacamasa | 2009-07-26 00:09 | お菓子 | Comments(0)
ヘッピリ腰の青ガエル
f0034392_16105357.jpg
「おい!揺らすなっ!落ちて怪我でもしたらど~すんだイ!」てぇな格好でミニトマトの竹竿に雨の日なのに傘や雨合羽も無しの素っ裸でへばりついていた。

f0034392_16111367.jpg
おっ!カエルもケツが割れてまっセ。
「おいっ!!ケツまくったナっ」てのは聞いたことありますが。
「おいっ!!青カエルっ!ケツ割れてンな」ってのは聞いたことないし、こんなアングルから見せられたの初めて、公然ワイセツな青カエル。
「パンツ穿けっ!!」
[PR]
by bacamasa | 2009-07-25 18:08 | 生き物 | Comments(0)
「色々見て知ってもナ。」・・・喪黒福造で~す。
f0034392_17455662.jpg
芋の実とミニトマト。調べたら芋はナス科の植物でこれは実ではなく茎だとか、受粉して出来た実なので芋の種が取れるとか?新種改良のときに使うのでは?と結構面白い。今まで生きていて初めて見たんだもんで興味津々も、よく考えたらどうでもいいことでもヤッパ気になる芋の実。

f0034392_17461192.jpg
真ん中の虫をよくみると笑うセールスマンの喪黒福造( もぐろ ふくぞう )に似てんだね。
ボブ・サップが喪黒福造に変装したらこんな風になるかなっ?て模様の虫ダと思って見ていて笑ってました。
どう見たって帽子をとった蝶ネクタイの喪黒さんですワな。

f0034392_17474460.jpg
大粒のグスベリーの木が欲しくて一枝もらったのを三等分し、挿し木。その一本に芽が顔を出してきた。この木が生き延びてくれたらビック・ジャムっ!!

今日、まだ熟れていない青々としたグスベリーの実をミキサーにかけ裏漉しし砂糖少なめの甘酸っぱいジャムを広口中ビン一本作った。
ベリー類と葡萄のジャムは砂糖控えめの甘酸っぱい物が食欲が出るし美味い、肉料理にも使え調宝しているンですが今年オレんちのグスベリーが不作で一年分のジャムは無理。どうすっかナ!?
[PR]
by bacamasa | 2009-07-24 00:22 | 植物&花 | Comments(0)
f0034392_18134460.jpg
イャガイモの花が終わってミニトマトの様な実がついた。こんなの見るの初めてだし喰えるのかな?小芋や芋の芽、芋本体の蒼い処には毒があるとか、ンじゃ喰えない。

グスベリーも沢山実をつけ赤くならない内に甘酸っぱいジャムを作って食べるのが楽しみ。

f0034392_181433.jpg
エスカルゴが大量発生のニュースを知っていたので『ワァ~ォっ!!オレっちにもエスガルゴ??』エスカルゴって残念ながら生きているのも、料理されたのも見ていないんで瞬間ボケでそう思ったまで、ただのデンデン虫。(これ、喰えるかぁ?)

f0034392_18141692.jpg
ぐずついた天候の続く北海道にゃ雨の日のアジサイが似合うし眺めている分にはいいけれど、こうも雨が多いと憂鬱。7月は例年の3倍もの降雨量だそうで地球も体調を崩して新型ウイルス感染か?マスクをさせないといけませんですナぁ。



【ぼやきを一言二言】

昨日、家の者が散歩中の犬に足を噛み付かれ結構な量の肉を噛み切られた。
噛み癖のある犬を子どもも通る幅狭歩道を散歩に連れ歩く飼い主に問題ありです。
むき出しの刃物に四本足付けて首輪をし、鎖かリードで散歩させているのと変わんないよなって思う。
[PR]
by bacamasa | 2009-07-23 00:06 | 植物&花 | Comments(0)
吹き返した“月下美人”
f0034392_6292761.jpg



f0034392_630237.jpg
毎年大輪の花を咲かせていた“月下美人”を昨年暮れ家の中に入れる為に剪定、切った。成長が早いので切る。
せっかくなので少し大胆にカット。更に切る。『これで家の中で越冬して春に伸びたいだけ伸びれば』と思っていたら春になって鉢を外にだしても枯れていく一方で大きい鉢に枯れた棒状態『駄目ダこりゃ~』
引っこ抜いて始末しようとして棒の先端部を切ると枯れていない。もしかして庭に直植えして助かるかもしれないと植えても変化がないのでと、見ていると何個かの小さな突起。『葉芽』だ。

ここから盛り返しても花を咲かすのは再来年頃だろうと思う。虫メガネで確認したところ6個の葉芽。天気が続けば伸びるのも早いだろうが天気悪すぎる。
自分で滅茶苦茶切って瀕死の状態にして救命活動って可笑しな話。
しゃ~ないンです。剪定鋏を持つとての動きが止まらないダもんな。



                   



                         ぐずついた天気の続く北海道から
              
                        “暑中お見舞い申し上げます”
f0034392_632546.jpg
「窓からの日差しもどんよりとして、涼しいというより肌寒いくらいでございます。」と気取っちゃうくらい雨と曇天が続き意気消沈!
ビールを飲んでもヒィ~ヤァ~と喉を通って胃袋から何処かへ抜けていくような爽快感がありません。
何時までも胃袋の隅っこにビールが残ってへばり付いていると云った感じの日が続いて憂鬱。



f0034392_16124389.jpg

[PR]
by bacamasa | 2009-07-22 01:28 | お菓子 | Comments(0)