<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ちょっと老いた海の男。
f0034392_1119522.jpg
              奥尻漁港。島の端っこは崖の上164段の急階段を登った上にお社がある。それが宮津弁天さん。


f0034392_11192141.jpg
               島に来てこの場所にくると元気にバリバリ漁にでていた島の漁師を思い出す。

f0034392_11193898.jpg
向こう岸の二隻停泊している漁船の辺りに小型の漁船(チャッカー)を止めていた。
10数年前会ったときその船のことを聞くと台風の日に流されて行方不明。それを機会に漁師を引退したんだそうです。
その後も毎日茶の間の窓から大きな双眼鏡で海を眺めて暮らしていた。
91歳になったのかな?ホームで元気に邪魔になりながら余生を送っているが今回(8/15)自分だけ顔を見ずに帰ってきてしまった。会った人達から噂を聞くだけにします。
元・義父とかは関係ねぇの。色々とあんのよ簡単な複雑ってもんがよ。これでも以外にデリなんだかんなオレってとこだよ。

f0034392_11291759.jpg
現役時代、ウニやアワビの時期にこんな感じで磯を回っていたしずいぶん食べさせてもらったもんです。

f0034392_142345.jpg
現在の元・漁師。聞くところによるとホームの看護師さんに「あまり歩き回らないで安静にね。」と言われると
「その言葉、聞き飽きた。」と憎まれ口、
看護師さんも「私もおじさんに言うの飽きたア。」
なかなかの問題児?のようだ。

夜はスタッフの人が入れ歯を預かってきれいにして朝渡すんだそうですが、このオッサン夜中に「俺の入れ歯返せ!」って入れ歯を取りに行くらしい。
そのやり取りを想像してニャっとなってしまう。 “夜中に、俺の入れ歯返せ!”かよ。

ホームには何箇所か行ったこともあるし、今年100歳寸前のオフクロが世話になっているホームにも行って施設をみているんです。
それぞれのスタッフさんが親身になって世話をしているのには感謝ですが施設を出ると訳の分からない重苦しい気分になる。それが何なのか分からないんだ。
元・漁師オヤジさんが世話になっているホームにそれがない、2月に行ったときがそうだったんだね。

f0034392_1425346.jpg
(この磯舟漁師さんは現役真っ只中。)

オレがホームに行くたび(あっちゃこっちゃの)思うのは一つ、下の世話をされ、オシメをあてがわられるってボケていない人はどんな気持で介護されているんだろうと思う訳。それを考えるのが自分自身で一番キツイ。

時々思う。もしも元・漁師オヤジを磯舟に乗せたらスイスイ磯を走りまわるんじゃないか?ってね。

ずいぶんと昔に、船で沖釣りさせてもらった夜、島の飲み屋に行って「アルコール少なく甘いのなんだや?」って言うんでジンフィズがいいんのではと教えると。出来てきたジンフィズを見て不服そうに「オイ!ストローついてねぇんだかヤ」その後ストローでズーズー音出して、呑んで満足していた。ズーズーだ!!




ブログランキングに再参加しています。できますればワンクリック!!
[PR]
by bacamasa | 2009-08-31 05:22 | 老いぼれ | Comments(0)
やけ酒にふて寝
今日一日、札幌競馬場内を駈けずり回り、万馬券を取り損ねてドットコムじゃねぇや。どっと凹む!!
やけ酒呑んでふて寝しま~す!!



[PR]
by bacamasa | 2009-08-30 23:02 | 競馬 | Comments(0)
藤田伸二の本 『特別模範男』
f0034392_15552775.jpg
6月初めから頭を動かすと割れるような頭痛。7月は歯槽膿漏とそれによるリンパ腺の張りでの睡眠不足などなどで、競馬場に行って馬券は買えるが好きな本読みと絵を描くのが苦痛だった。
その歯の治療も終わり来月初めに型を取った被せ歯をセットして口内工事完了となります。
久々に一気読みした本がJRAジョッキー藤田伸二騎手の自叙伝(自叙伝書くのには若すぎ?)“特別模範男”

全てじゃないが共感できる部分が多くついつい一気読みしてしまった。

仕事はきっちりやって自分の信念は曲げない、JRA職員にも、騎手仲間、調教師にも言いたいことは言う。
云う事が正しくとも仕事がサッパリでは口達者の仕事は能無し、誰も耳を貸さないンだ。
藤田騎手はJRAの花形ジョッキーとして最高の仕事をし連続して年間フェアプレー賞を獲得している。

オレも若い頃から仕事上、上の者から納得のいかない指図には絶対に従わなかったが仕事はキッチリやっていたから今の生活があるんだがそれにも白旗揚げてしまった。
相手にではなく、自分自身の中のもう一人の自分にだよ。約束した金は払わない。約束の金額を忘れたふりして少なく払おうとする、自分より弱い立場の者には高圧的な態度と人間的にも完全に上といった絶対的錯覚をもって物をう。(媚を売る気は昔も今も無い!!)
当然、性格的に従えないのでキッチリ云う奴は敬遠されるし、そんな者達を相手にここまできたがオレはオレにもう白旗揚げたのよ。(これ以上は実名あげてバッシーッとそれように書こうかい!?)

この本の192ページ~193ページに書いてあることってどの職業にも当てはまるんだよな。
アマゾンやブック・オフなどで探し読むのもいいのではないですかね?

一歩間違えば死という騎手。競馬学校を卒業して間もない10代の騎手が落馬死亡したってぇ話を聞いたことがある。今、競走馬、騎手、生産者、競走馬の世話調教する人達に興味がありますんで色々クンクン嗅ぎまくっている真っ最中!!

この本いいよっ!!



クリック? してくれるかナ。
[PR]
by bacamasa | 2009-08-30 00:00 | 競馬 | Comments(0)
バァちゃん の 見送り 
f0034392_16463540.jpg
             8月。離島からフェリーで出航するときに見た光景。
娘さん一家が盆休みにジジ・ババの住む島に来て帰る娘や孫を見送りに来て、
バァさん、少しでも近ずいて「まダこえぇ~(また来いよ~)」とか娘家族の心配などしながら声を嗄らし岸壁で別れを惜しんでいました。
少しでも近ずきたくて、こんな物の上に乗ってフェリーの娘一家との別れを惜しんでいる。
次は正月か?来年の夏かもしれない。

車なら「じゃ、また来るワ」と乗り込んでブーで終わりだけど、フエリーは乗船して2~30分。
汽笛を鳴らし岸壁を離れだしても数分手を振り別れを惜しむ間がある。

一度はこんな見送りされたいもんですが、
「さっさと島から出て行ってくれ」に近いものは経験していますが、こんな味のある素敵な見送りされた経験がないのでありますナぁ。

これが“岸壁の母”っすね!

f0034392_610227.jpg
f0034392_6103075.jpg




人気ランキングに参加中です。ワンクリック?・・・!
[PR]
by bacamasa | 2009-08-29 05:00 | 小旅行 | Comments(0)
ギャハハっ!歯医者に行ってきたぁ~!
2年前に歯医者に行ったときアンケート用紙に記入させられた。
どんな治療を希望するかって欄があったんで、とにかく痛くない治療をと書いたのよ。
自分の番が来てあの治療椅子に座って待っていると医者が苦虫噛み潰したような顔で言うんだ。
「痛くないようにって言ったら治療できません。」って憮然としている。
「どうします?」ってどんな治療を希望しますか?って書いてあったら当然痛くない治療って書くべっつう話だよ。


2年経って奥歯の歯槽膿漏でグラついた歯を抜きに同じ歯医者に行ったんだよな。

「この歯は麻酔を打って抜きます。反対側のブリッチは一度剥がして被せ直します。歯ぐきが痩せた歯の根元に補強剤を塗ります。では麻酔を打って効いてくる間歯垢をとります。」ってぇ説明。

歯垢を取っていたオネェちゃん下の歯をやって医者の所に行って
「歯垢が沢山付いていますので上は次回の診察にいたします。」って報告。
「ハイ。ありがとう。」と医者。
抜歯して受付で「次回は木と金が空いています。どちらにしますか?」って言うんで木を予約。


木曜に行くと
「抜いたところは大丈夫でしたか?」って聞いて
「あと他になにか?」って聞いてくる。
「レレっ・・・・・・????」だよな。

被せた歯が虫歯になっているので横から削って詰め物をして「盆休みに入るので仮に詰めときました。盆明けに本格治療いたします。」って云ってたじゃ!?

なに言ってんだよ。 ったくう!

歯垢取りも無し!
根元の治療の話も無し!


「どうします?」って今日来たのが予想外ってことかよ。

文句いいたいけれど、口開けて見えない場所を電気ドリルを振り回される患者としては、口のなかを人質に取られているようなものでジッと我慢するしかねぇんです。(タハァ~)

なんがなんだかさっぱりわかんねぇ~ヤ。
あと一回で終わりだってサ。

歯垢取り無し!!
歯の根元治療無しで!!

なんかおかしくネェか!?




歯医者で痛い思いに同情していただけましたら・・・ワンクリックを。
[PR]
by bacamasa | 2009-08-28 00:03 | ぼやき | Comments(0)
ワインのラベルで楽しい落書き手帳!!
気取って“ワイン”ではない。ウイスキィーやジンで胃袋と肝臓さんが疲れきったときに安い(手頃な値段の)ワインを一本飲むと寝つくのに丁度いいンです。
f0034392_1095812.jpg
飲んだあとのボトルに貼らさったラベルを剥がし味気ないノートのページを楽しくしようと飲みながら酔っ払いつつ考えたって訳。
シール剥がし液を色々使い試してみたけれどもボトル(メーカーかナ?)によっては、何としてもきれいに剥がれないのがある。特にデザインのいいやつで欲しのが上手く剥がれないんだ。

f0034392_23195892.jpg
中には簡単に剥がれるのもあってそんな時はボトル一本分すべてのラベルを手帳のページに貼りつけて余白がメモする部分。
後で読み返して面白い手帳の書き方は無いかと考えたときに、ターシャ・テューダーの『大事なことはみんな、キッチンのドアにメモしてあります。いつ、誰が、生まれた、亡くなった、結婚した、といったことです。そうそう、山羊の出産のこともね。』というのを思い出し、 この手帳のページをテューダーのキッチンドアにしたらいいんじゃないかってことでこんな按配にしてみたのです。ワインのラベルを貼ったページには飲み食いメモ。蕎麦屋さんの割り箸袋を貼ったページは食べに行って美味かった店やこれから行きたい店などをメモ。
こうすると、あれ何処に書いていたっけと慌てることが少なくなるし貼ったものを見ても楽しいだろうと思う。
f0034392_1720761.jpg
ハンコを押したりして次のオイ交換予定走行距離とか。瀬棚ー奥尻間のフェリー発着時間とかをメモって色鉛筆で囲むと知りたいところが一目で分かるンです。
先日の競馬的中も書いてあるし、“バカ政のくぎぶくろ”の縮小薄型ノート版といったところですかね?
表紙はなんのことない一枚の革の中心部に上から下部分にゴムが張ってあってそこに薄型ノートを挟めただけの簡単な物。ノートが2冊挟まる何とも使いやすい手帳!
ブログに載せれるページはこのくらいで後はアッハッハハァ~の落書き!




また、ランキング登録しました。できますれば帰りがけなんぞにクジラ君をワン・クリックしてくれるかなぁ?「駄目?」しゃ~ないナ!じゃ次にお願いしますね。
[PR]
by bacamasa | 2009-08-27 00:06 | Comments(0)
『一攫千金』夢の後!
f0034392_1330111.jpg
一レース終わるごとに増える新聞、空き缶、マークシート、外れ馬券などなど。
この放置されているゴミを見ても『汚い』とか『マナー悪いナ』とか思わない(たしかにマナー悪いんですが)。
なんで汚く感じないのかと考えたら、どれもこれも真新しいゴミで、昨日のは一つも無いからですかね!?

自分の買ったゼッケン番号を背負った馬がゴール板の直線になだれ込んで来たときに「行けェ~!おりゃ~ぁ!」などと自分の子どもの運動会でさえこんな応援はしなかった大人達が真剣そのもの。
買っていた馬が負けたら「くっそ~ぉっこの~オ!!」と外れ馬券を足元に破り捨て次のレースの予想やパドックにとカッカと忙しい。

買った馬券が当たった瞬間「おっしゃ~!やったゼェ~!!」と全身の力を込めてそれぞれのガッツポーズ。平凡な日常生活の中で『やったゼェ~!!』という達成感なんて競馬でしか体験できません。
なので、応援し負けた悔しさ、腹立たしさの真っ最中に外れ馬券を持って「ゴミ箱はどこだ?」とはできねぇもンなぁ。外した悔しさをぶつける矛先は床、ゆか、床、時々あっちゃこっちゃ。

左下の食い物は場内売店の“牛丼”。この干せ乾びたような牛丼が一杯600円!
勝っているときはこの牛丼を幾ら払って買ったか記憶にのこらない。『あの牛丼幾らだったっけ?』くらいのもんですよ。
ところが負け続けた日は大変。
自分で買っておいて『あの牛丼600円~ン!?ぼったくりダァ~ッツウの』とか。
『場内に入るのに駐車場代1000円!入場料100円だぁ~。こんなの無料にせぇ~よっコノぉ』と何からなにまで面白くないが本気半分に洒落半分の八つ当たり。これも楽しい負けたストレス不満解消法でして、ハイ。

だから、このゴミ散乱風景と600円牛丼が好きなんです。





[PR]
by bacamasa | 2009-08-26 00:00 | 競馬 | Comments(0)
09’8/23 札幌競馬 第9レース『札幌記念』
馬券自慢であります。レース結果配当は
1着 2枠  3番 ヤマニンキングリー (牡4) 柴山雄一
1着 6枠 11番 ブエナビスタ (牝3) 安藤勝己

【配当】
     馬連  3-11   1600円
      
f0034392_17492577.jpg
ブエナビスタに勝ってもらいたかったがパドックでのビエナビスタを人垣の後方から背伸びしてチラチラ覗き見しながら札幌のスタンド前直線では届かないかもと云う思いがしていたんです。
後方からマツリダゴッホがビエナビスタの前に出てそれを外に出て交わしたその分がなかったらとどいていたろうナァ!? そうなっていたら『凱旋門賞』のニュースで盛り上がっていたろうに、残念!!競走馬って繊細な動物、輸送などで精神面から体調を狂わしちゃう事もあんだろうし、牝だしとかと素人考えしてみたりしてましたぁ。
安藤騎手も減量で頬がこけていた好きな、騎手の一人なので「お疲れさんでした。」です。






f0034392_17503080.jpg
11レース『ルスツ特別』
1着 6枠  9番 パールシャドウ (牝3) 三浦皇成
2着 7枠 11番 クーデグレイス (牝3) 横山典弘

【配当】
     馬連 9-11   2680円

このレースを絵描き屋さんと2回口頭馬券販売窓口前のシニヤ席後ろで見ていて9-11が入ったと同時に「やったー!」と叫んでガッツポーズしながら片足上げて飛び上がり半回転。それをズラリと並んだ窓口の女の販売員さんがニコーっと笑って見ていた。それを換金に行く途中、話て聞かせると「えっ!!ホンとに」つってたよ。
9番の馬、パドックで観客なんぞ無視。気負った風もなくタンタンと回っていたその歩き方もよかったんで買ったらやっぱ来たんだ。

ただ、パドックで気になることがあったのよ。デジカメで馬を撮るのも結構ですがフラッシュ焚いてる人が多いのにビックリ。立て札で注意してもいるし、係りの人がパドックの観客を回って注意して歩いてもいたけれど四方八方でパッ、パッだもんなぁ。レースに影響すんゾって。(最低限度のマナーでっせェ。)悪すぎ!

帰り道に、少し懐具合もいいからってんで飯を喰いにファミレスに入り店員さんの「こちらが只今、当店お奨めの○○でございます」って云われ、他にこれといった物もないのでそれを頼んだ訳。
○○の刺身なんざぁ~ドンブリいっぱいの氷に乗せてきたって家の近所のスーパーで買った○○の刺身の方が断然プリプリシコシコしてうめぇ~よって。二人で4千数百円たぁ~よォ、競馬帰りの飯の当たりの悪さ。
これからは真っ直ぐ家に帰って家で喰うしかないな。





[PR]
by bacamasa | 2009-08-25 00:08 | 競馬 | Comments(0)
09’8月23日札幌競馬パドックの「とォ~まぁ~れぇ~エぇ~」の合図。
8月23日、札幌競馬場でGⅡ『札幌記念』の日で色々と勉強の為と言って行って来ました。
馬券がどうのこうのは横に置いておいてです。パドックでの一声に注目せねばなんねぇのでは・・・と動画を撮ってきたっつう訳。

11レースのパドック。
その一声がもう発するころか?今か?今かとデジカメを動画モードにして撮ってはストップの繰り返しで、まだかナっ?まだだとストップさせるとブーツに白いパンツと赤い上着で黒の帽子スタイルの人が一声発する。撮影失敗が5レースから10レースまで連チャンの失敗続きで、見た人が『何が言いテェんだいと云った動画で、これはその数多い一つ!!



やっと撮れた一声動画がこれで、11レースのパドックでやっとだぁ~。
この掛け声って聞いたことはないんですが。大名行列を止める号令があるとしたらこの掛け声だと思ったのですよ。
イギリス貴族が正装して楽しむ競馬っすよ?
あのスタイルでパドックを回る馬(馬といってもその口輪を持つ係り員にですが)にこの掛け声で止めるのは、
刺身にケチャップの組み合わせがあったとしたら、そんな感じだぜなもし!
駄目とか言うのではなくそのアンバランスな掛け声が好きなだけ。毎回きいても顔がほころぶ一声なんです!


競馬用語でパドック、ゲート、ハロン、ラストラン、マークシート、オーナー、って色々カタカナが多い中で思いっきり侍ニッポン的一声ではないかナとパドックでの楽しみの一つってことだけです。
馬券結果はこの次か次の次くらいにでも証拠写真と共にってとこでした。

でも、Tバックと褌(ふんどし)くらいの差っての?   無いかぁ!?




[PR]
by bacamasa | 2009-08-24 00:06 | 競馬 | Comments(0)
タヌキの溜め糞(グソ)。
f0034392_16433366.jpg
「あっ!と驚く為五郎ォ~オっ!」ってクレージィー・キャッツのリーダーが云ってたが、これは「あっ!と驚く溜め糞ォ~オっ!」なんだ。
奥尻島はタヌキの天国か?と思うほどタヌキが生息している。以前に一年近く奥尻島に行っていたときに海岸ぷちの道路を車で走っているとタヌキが海の方からコロコロとした走り(超鈍足)で車に向かってくる。避けようがない、一時流行った“当たり屋”かと思う行動ですよ。
避けようと減速しハンドルを反対にきるときった方に鈍足突進で前輪でゴットン続いて後輪でゴットン。

2001年当時の話。島の裏に新しく道路が開通したので行ってみると道路の端っこにコンモリとした黒いダンゴの山が何個もあって道路管理の人がスコップで道路上の糞を集めたのと思っていたが、それはどうも違うようだ。
調べたら『狸の溜め糞』といって同じ場所にするにだそうです。が、なんで盛るのかナっ?てのが大きな疑問なのです。
そのときの動作を想像してみると、糞の前に来てクルリとケツを糞に向ける。糞を踏まないよう後ろ足を広げシズシズとバックして前足を伏せ状態にしそこにアゴを乗せ作業開始動作完了ってところだが、高くなってきたら更に後ろ足をピンとさらにつま先立ってその後ろ足をプルプル震わせながらするのかナ?って思うとなんかトムとジェリーの世界だな。
タヌキがいざって体勢が整ったときにトムが出てきてタヌキをズルズルと溜め糞の山から引き離す。引き離されたタヌキはそのままの体勢でバックする。そのニ匹にジェリーがちょっかいを出して三つ巴のドタバタ。(ちょっとトムとジェリーの見過ぎだ。)





[PR]
by bacamasa | 2009-08-23 00:00 | 生き物 | Comments(0)