<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
いま一番はまっているカップラーメン
f0034392_11491559.jpg
今のとこ一番口に合っているカップラーメンがこれ。スープが美味いのよ。
これにアツアツな炊き立てご飯は合わない適度な冷や飯とオシンコ数切れでいい。

先日、以前から気になっていた蕎麦屋に行って来た。
厨房の前を通ってこ上がりに案内されて「かしわにザル」と注文をすると
「かしわはやっていないんです」

「えっ!・・・・・・・・・・」だよな。
色々な蕎麦屋で『かしわ』を食べてきたが『かしわ』をやっていない蕎麦屋は初めてだね。

注文は『トロロ蕎麦とザル』

こ上がりから蕎麦を茹でる店主の後姿が見える

「あれっ?」

茹で時間をキッチンタイマーを使ってるじゃん!
と、ヤバイ雰囲気が漂ってんじゃないですか。

品物は運ばれて来て、蕎麦の香りが弱すぎ。
連れがザルを啜りながら

「この蕎麦モチモチしてるし、舌がしびれる」

モチモチ感は“つなぎ”が多い。舌のしびれは
タレの化学調味料らしい。
かつを節のダシとりじゃない。

トロロ蕎麦も最悪で『こりゃ~駄目だ』
半分以上残して店を出た。

ありゃ叩き上げの職人じゃねぇナぁ。腹空かして入ってスカされたのってこれで二件目。
趣味の蕎麦打ちが講じて店を出すってのが。
二件ともこれダぁ~。

それからいくと、このカップラーメン一個98円で美味いんだって、ホント。
こんときの蕎麦代で10数個か買えんだゼっ!
店主に「これはねぇ~だろう」と言おうとしたら必死に止められた。
腹は膨れないし帰ってきて“つるつるワンタン麺・醤油”を食べながら蕎麦屋の悪口吐きまくったンです。

98円の味を遥かに下回る物を売るなって言いたいし、作っている本人が食べて美味しいと思っているのか?
思っていたら『おめぇさんの味覚狂ってんゼ』と言いたい。

98円の大勝利!
1ラウンド秒殺KOでカップラーメンの勝ヤ!!(あの味に払ったお金が勿体ないィ~)




[PR]
by bacamasa | 2010-03-31 00:00 | Comments(0)
記憶喪失
昨夜の記憶が無い。ウィスキーのストレートをツーフインガー(ダブル)で2杯と右の自転車のラベルのワインを少々飲んだだけだ。
いつもはウィスキーをボトル一本飲んで平気なのに、二度転倒したことも朝に聞かされても信じられない。

f0034392_1994116.jpg
少量の酒が一気に脳味噌に駆け上がったらしく、さほど複雑でもないオレの脳の回路が吹っ飛んじゃったらしい。
酒が弱くなったって話じゃない、まったくキツネにつままれたって感じなんだね。

朝は自分のベットで目覚めたってことは、自力で部屋に入り服を脱いで照明の電源を入れて切った。少量のアルコール分で意識をなくしながらやったってのが・・・分からん。

考えられるのは、その日飲む数時間前に首の灸治療をし血行が良くなり少量のアルコールで利いちゃったのかってことくらい。
首の灸治療してからもう一つ不思議な変化が体に現れてンです。
老眼鏡無しで小さい字が読めちゃうようになったんだよな、これは嬉しいが少量のアルコール摂取で記憶喪失はショックだ。
その前夜はボトル一本飲みながら本読んでいたんだからデカイショック。
今夜は試し飲み。



[PR]
by bacamasa | 2010-03-30 00:00 | Comments(0)
ワインとオイルサーディンとカツ煮込み
f0034392_14234668.jpg
ある物でいかに美味しく短時間で調理して喰うかがバカ政の食に対するちっぽけなモットーなんだナ。

見てくれも大事だし味も良くなくては、雰囲気もでっせ。

サラダはありとあらゆる姑息な手を使ってまでも“やり放題サラダ”を製造食べまくっている。

ここには写っていないが最近のヒットメニューは『ブラウンソース絡めチャーハン』
チャーハンを作っていて冷蔵庫に何が残っていたっけ?って
昨日のブラウンソースちょっこし残ってたナ。
こんな感じなので「あの時のあれが食べたい」って?
オレ、アントキの猪木じゃねぇよ。レシピなんてねぇ~。

そこでメモることにしました。
そのメモが増えて整理、誰すんの?

ワインは絵描やさんが飲む、白を飲んで顔は赤。
だったら最初から赤の飲みななんて騒ぎ食べる飯はいいよナ。

カツ煮込みは美味いぞ!
ホント。
ダシは本気でとっています!
包丁はシャリ~んと刃を砥ぎ玉葱を切っても涙が出ない切れ味。

限られた時間を適当に喰って
飲んで
何個かの内緒事
そして
また、喰って飲んで







[PR]
by bacamasa | 2010-03-28 06:30 | 料理 | Comments(0)
口臭、ネバつき防止の『生薬・当帰の力』
f0034392_17464411.jpg
朝夕に口の按配がよろしくない、毎日ではない。そこで薬局へ行き口内をさわやかにするうがい薬のデカボトル2本とこの歯磨きを買ってきた。
うがい薬の一つがさわやかどころか口の中がビリビリ。説明書には“液をそのままキャップ1っ杯を30秒・・・・”と書いてある。

これって全然さわやかじゃねぇンですけれど。

昔は若い衆と呼ばれてチヤホヤ、今じゃ加齢臭と毛嫌いされる身。自分が発する臭いには過敏になりまっせぇ。
同じ臭いでも『屁』は別格「屁は臭く話しは面白く」って島の老漁師さんに言われてましたっけ。

歯磨きで毎食後シャカシャカ、うがい薬を含んでクチュクチュガラガラやってその効果いつ出るのか?

健康診断で口臭チェックがあり「ハ~イ息を軽く吐いて下さい」
「ハー」
「・・・・・・・・」

「臭います?」
「いいえ、30㌢離れて臭いませんからいいですね」って説明していた看護師っ!!
「あんたの口、くっさ~」

これってホント“災いは口から”?『口は災いの元』(ダった)の見本だね。
加齢臭より口臭いって方がダメージ大きいもんな。

この時の看護師さん、自分の口臭チェック忘れたな!?
歳はとっても女なんだかサ~ぁ。

少しでも口臭を探知したら町内の皆様方に聞こえるような大声で
「くちぃ~くさ~い!」って叫ばれちゃうもんナ。
叫ぶなっ!オレは『口臭力』か??
ラリアット喰らわすゾ~。
チェックウーマンが口が臭くてどう~すんだって、本人は『私めは、さわやかなそよ風のような息を吐いているのでございます』という目をしておりました。




[PR]
by bacamasa | 2010-03-27 00:00 | ぼやき | Comments(0)
救急車がやってきた。
先日、早朝に救急車が我が家にやってきた。

早朝と言っても外は真っ暗な時分に家の中がざわついているナ?部屋にそーっとは入って来てそーっと出て行く人の気配!夢の中?
二度目!
座敷わらしか?
そいつが一言「救急車呼ぶからネ」ってそいつが言うんだ。
「・・・・ネ」ってってェよォ???

何か下から「ゲボゲボ」と・・・・・・ヤバ!

まもなくパフンパフンと救急車が到着しオイラは二階の窓から回転する赤色灯を眺めながら『こうやって家族が減っていくんだナ』って思いながら横にいた娘にも言ったよ。


娘に「俺達が元気な内に飛び出した方が出やすいと思う。何処かへ行って『やるぞ~!』ったときに、家族が倒れたなんたら後髪引かれて大変だから」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」って聞いていた。

「遠くにいて知らせが来て、駆けつけてもまた元の居場所に帰れるじゃないよ、その辺りを考えてナ。」

「・・・・・・・・・・ウン」って言ってた。



救急車=死と言う図式なんだね。
頭ン中は。

ハイヤーとは違う救急車だから、赤色灯を見ていると「こうやって家族が減っていくんだナ」と考えてしまう。

『密葬だな』
などとぼんやり考えていると救急車が走りだした。

夕方、無事の連絡、高血圧と特殊な胃袋の構造が原因らしく生きて帰ってきた。

夕飯は生還者?の体調に合わせてお粥を食べながら救急車に乗り込んでから病院での長い長い検査までの話をおかずにした飯タイム。
お粥を啜りながら、『二階の窓から眺めて“こうやって家族が減っていくんだナ”なんてオレって冷たかないかな?』と考えたよ。

その辺りの感情は、娘に全て向いていて、他の家族の分が無いのかもしれないナって茶碗のお粥眺めながら思ったネ。






[PR]
by bacamasa | 2010-03-26 01:15 | 住宅 | Comments(0)
バカ政のオムライス
f0034392_1415832.jpg
f0034392_14152540.jpg
f0034392_1422214.jpg





[PR]
by bacamasa | 2010-03-25 00:50 | 料理 | Comments(0)
だしがらかつお節でロールおにぎり
子どもの頃から蕎麦と縁が深かった。
兄貴が蕎麦屋だったというつながりで毎日ダシを取ったかつを節を棄ててしまう。
勿体ないナと乾燥させてミキサーで粉砕して庭木の根元に肥料として与えてみたら育ちがいいんだね。

しばらくして『庭木が育つなら人間が食べても栄養分がある』で、出涸らしを“オカカ”として再生して食べだした訳です。

f0034392_1193625.jpg
昆布とかつおなので、昆布は初めからキッチン用ハサミで千切り状態に切り刻んで昆布入りかつおオカカ、少し液体の昆布ダシとかつおの粉末ダシを少量入れ鍋で醤油を絡めながら少し炒めるだけ。

で、海苔を一枚パラリと置いてと。

f0034392_1195423.jpg
混ぜ合わせた昆布とオカカ飯を敷きシーチキンの缶詰のオイルを棄て一列に置いて巻くだけ。それを三等分に切って一人前分のロールおにぎり。

f0034392_11101590.jpg
無駄なく食べ尽くすがモットーで考えると、食べれる部分や物を随分と棄てているなって思ったのよ。
喰う物が不足してくると賞味期限だのダシがらを喰うかァ?!なんて気取っていられない。

食料が不足したら野鼠だって喰ってしまうんだろうから食品が溢れている今、食べれる物は最後の最後まで喰おうってのが自分で料理をするチッケェ~柱なんです。

大根や人参、じゃが芋などの剝いた皮を使って調理しているが、まだ『ドダっ!?』ってまでいってないのサァ、今ンとこ。



[PR]
by bacamasa | 2010-03-23 00:00 | 料理 | Comments(0)
ローソンの天丼弁当とコンビニ利用
f0034392_5254618.jpg
昼飯にエビ天弁当(正式名は忘れた)を買って喰う。久しぶりに食べるコンビニ弁当は美味しい。
一番出入りするのはセブンイレブンで次ローソン、稲荷鮨はセブンイレブンのが美味いし鮭のおにぎりもセブンイレブン。
レジ近くの大福餅はセイコーマート。
コミック漫画はセブン。

離島を除いて(一軒だけのコンビニだった)
一度だけ入ったのがセラーズ。

セブンイレブンの利用度が一番。
セブンイレブンの裏に住んでいるし。


ほんと、ローソンのエビ天弁当美味かった。
たまに喰うからかナ?

f0034392_13244375.jpg
                  カボチャの今!





[PR]
by bacamasa | 2010-03-22 05:00 | 外食 | Comments(0)
美唄市を“とりめし”探してブウラブラ。
f0034392_146429.jpg
f0034392_1461612.jpg
美唄“中村のとりめし”を探して12号線沿いをプラプラ、そんな中で個人果物専門商店を発見。大型スーパーに押されて次々廃業していって珍しくなってしまった。
店の奥で数人のオバチャン客が同年代の女店主となにやら果物を手に楽しそうに笑い声を上げていた。
昔は普通に目にしていた光景も今じゃ少ないナ。

f0034392_1464350.jpg
店構えが格好よくて一度通り過ぎモナカを買おうともう一度戻った。

“くるみ餅”
“べかんべ最中”
“磯次郎”

「ごめんください」と店内に入っても誰もいない。
店内に商品が無い。

帰りの車中で『くるみ餅』は想像できる。
『べかんべ最中』が気になる。
阿寒湖だったか塘路湖近くのアイヌの祭に『べかんべ祭』というヒヒの実を使った祭が。
ヒヒの実を使った最中なのか?ニニの実餡子か?食べれないとなると気になるナ。

磯次郎の名も格好いい。

f0034392_1471979.jpg
A-コープでの“中村のとりめし”。モツが無い、遅い時間だったので売り切れたのかナ?おにぎりや長方形弁当も売り切れのようだし次は早めに行くか。

f0034392_1495039.jpg
美唄駅舎内。こんな感じの駅が増えた。
以前はそれぞれ独自の個性が建物にあったような気がするンだが。




[PR]
by bacamasa | 2010-03-21 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
びばい名物“中村のとりめし”
f0034392_17151120.jpg前々から噂に聞いていた美唄市の『とりめし』をやっと食べた。



炊き込みご飯があまり好きじゃないので食べるのに二の足踏んでいた理由の一つだし、他人が勝手に具を入れ味をつけるご飯を口に運ぶことが嫌だったし、美唄市の食堂で“とりめし”を食べてガッカリしたと聞かされたことなどで美唄市内の12号線を通っても“とりめし”はパスだった。



美唄市内のA-コープでも販売しているとかで美唄市の12号線を走りながらA-コープ探し。
駅近くでこの“とりめし”ののぼりが、車を近くのスーパー駐車場に置いてのぼりのある建物に来ると、そこが美唄A-コープ。
札幌近辺で見るA-コープ色ってものが違うナ。




えぷろん倶楽部というオカァちゃんのグループが“とりめし”を作ってA-コープでも販売していると知って『本家本元の“とりめし”はA-コープ』
弁当の陳列棚の端っこに有りました。
お釜型プラスチック容器に入ったのが。二個買ってレジでチンしてもらってとコンビニ感覚で・・・?温め用の電子レンジなんて無い。


二個の“とりめし”と二本のお茶を買って車に戻り食べた。


f0034392_17153852.jpg
これが“びばい名物とりめし”何種類かあるらしいが、売れたのか?今日はこれ一種類だけ、モツが別売りで210円も楽しみにしていたので品切れで残念。


f0034392_17155319.jpg
食べる前に車の横で舗装の上に置いて写真撮影・・・と。横を通ったオバちゃんが『なぁ~にやってんだかヨぉ~いい歳ぶっこいてぇっこの』とでも言いたげにしかめっ面しながら何度か振り返っては怖い目線を飛ばして行った。
弁当を舗装のベタッと置いて写真撮るなんてまともじゃないよナ。

f0034392_1716691.jpg
容器はこんな感じです。味はどうだったか?
残念ながら・・・すごく美味しかった。もう一個食べたいとオント、思ったモンね。
紅しょうがの赤が昔に引きずり込んでくれるよナ。
洒落た店構えのカレー専門店に入ってカレーと一緒に三個横つながりケースに紅しょうがの千切り、ふくしん漬け、らっきょのトリオもそうだ。古い昔に引っ張られちゃう。
それが良いのか悪いのかは別として生姜の赤が目に飛び込んでくる。

f0034392_17315394.jpg
本当に美味しかった。
A-コープのレジに電子レンジが無くて正解。冷めたままで美味しいんだから温め直したら食べた味が別モノになってここまで美味しいと感じたかどうかって、食べ終えて思った。

f0034392_1732798.jpg
チラシのえぷろん倶楽部の写真横の文字が読みずらいのでここに書いてみます。
『えぷろん倶楽部とは、中村町に嫁いできた女性たちが地元で取れる農産物を利用し、付加価値をつけて販売することにより、地域のまとまりと活性化を目指した平成10年3月に発足した女性を中心とした倶楽部です。』と書いてあります。

じゃ美唄名物“中村のとりめし”というのがよく分かりました。



[PR]
by bacamasa | 2010-03-20 00:00 | 外食 | Comments(0)