<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
道営競馬出だし好調!!・・・『北海道遺産』やぞォ~! 
3年間の『競馬改革ビジョン』の最終年の今年、道営競馬が4月28日開幕。
出だし好調でこのままの調子でいってほしい、オレはいきそうに思う。

だけど、連日「今年赤字の場合廃止っ!」「・・・・廃止!」「廃止!」と報道され、聞かされ、お互いに話し合い、関係者も馬も大変だろうナ。
一競馬ファンのオレも気分が上がったり下がったりですよ。
道営競馬に携わっている人の数5~600人?何分の一とか関わっている人も入れたら、もっと多いかも、廃止の場合馬の就職先が」問題ダ。他の公営や中央(ここは更に厳しいンだろうし)に行って走れる頭数なんて限られてしまうでしょう。


f0034392_1645597.jpg
f0034392_16475992.jpg
スケッチ・佐藤久美子


ばんえい競馬では商業観光施設を開設、競馬場の観光地化ってことで、今まで十勝農協連と1年更新だった競馬場の賃貸契約を5年に延長って事は5年は帯広ばんえい開催できるって事。
騎手の一人がインタビューに「俺達に5年やれますよって、それだけだもんね」と何処にぶつけていいか分からない怒りを噛み殺して言っていたのが印象的でした。(勝っても賞金の少ないこと)
最後に「俺はやっていく」というような事を言っていたっけ。馬が、職業が本当、好きなんだナ。

道営競馬もばんえい競馬も北海道遺産に指定されているんだ。
『北海道の馬文化(ばん馬、日高のサラブレッドなど)。』
『北海道遺産とは北海道民全体の宝物。』
『北海道遺産は地域の未来を創造していく資産なのです。』

『ばん馬競走は世界でた一つの・・・・』 なんだそうです。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-30 00:00 | 競馬 | Comments(0)
コンパニオンプランツ(companion plants)
コンパニオンプランツと聞くと宴会おネェちゃん?それが違うんだ。
植物を植える時、近くに別種の植物を植え良い効果をもたらす組み合わせっつう事だらしい。

ミントはアブラムシや毛虫を遠ざける効果があるらしい。家の回りに雑草かアップルミントかと言うくらい生える。確かに毛虫が大発生した年もミント界隈には毛虫はいなかったナ。

バジルはコナジラミやアブラムシを遠ざけるらしいが、なんで無農薬だとバジル自身が葉を喰われる?オレにじゃなく虫にだよ。

バジルは大量に栽培、収穫したい、と、書くとイッチョ前なハーブ農家ってニオイが・・・しねぇかぁ?
バジル、イタリアンパセリ、パセリは食べる量の順、昨年は半分のバジルが虫に喰われたから去年の倍は植えなくては足りない。
なんでっ?
食事に、酒の肴にペタッ。
思う存分食べるには量産・増産って能書きこいてチョボッとしか作れないという楽しさがいい。

植物栽培にも近くに植える種類の相性があるって人間より『不一致』がはっきりしていていいなぁ。
人間の場合『性格の不一致』だか『性の不一致』なんだか知らないが離婚が多めにある、暮らしてみないと分かんないもんな。
そこで男女間の『男女コンパニオンプランツ』が有ったらって然程思っていないけれども有ったらいいかな?
そんなモン無いから男と女、女と男が面白い、植物と一緒にすんなってかぁ。自分の子どものことを思うと有ったら精神的にゴッツウ楽なのはたしかァ~ニィ~「ウイッシュウ」です。

どんな男を連れてくるんだろう?


f0034392_1324387.jpg
雪の下から出てきた去年のミツバと野生化した物、それを一箇所に集めてミツバエリアの出来上がり。と、なにか凄い事をしたとか、大規模な農園をやっているような言い回しって大好きで法螺に通じる快感。(写真の右上部分に写っている枝はグスベリー)
ついでに『嘘』と『法螺』の違いは
嘘は徹底して相手を騙そうとする強い意志があってこりゃマズ。
法螺はよ、話だした途端バカっ話と分かるモンだと思ってます。法螺話が大好きなんでオレって法螺吹き政!

ミツバはそう食べないので半分で良いのだが、せっかく雪の下で冬を越しちっこい葉っぱ出しているので棄てられないのよ。

f0034392_13242742.jpg
階段に置いてあるクンシランの蕾がここまで伸びてきた。根元の緑色の針金は葉があまりにもだらしなく垂れ下がるもんでバンド代わり(腰パン嫌い)
クンシランもそろそろ始末しようと思っていた。
『近頃、花も咲かないしナ』って、そうしたらどーだい花を咲かせようとしている。
ガッツのあるクンシラン。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-29 00:00 | 料理 | Comments(0)
“歳のせい”ってぬぁ~ンだっつうんだ。
若いネェちゃんの会話で「21歳になっちゃったぁ~、もう歳だからサァ~」ってぬかしてけつかる。

電車のなかで席は近いので会話は聞きたくなくても聞いてしまう。
20歳そこそこで「もう歳だからサァ~わたしィ~」って言うかぁー。

『ここまで生きてしまったオレは、どうだってんだ。おぅ~』と頭の中で反応してしまうんだ。
ネェちゃんの顔は見えない、向こう向きだから、『お前らだけが乗ってんじゃねぇんだ。バリバリの年寄りだって乗ってんだ』と思いながらオレの降りる駅が近ずいたので出口へ向かって歩きながらネェちゃんの顔を見た。

『アハハハァ。おネェちゃん、おネェちゃんの場合は自分で歳だからって言ってもいいヤ』と、このバカと思いました。ケッケッケェ~(なんでアハハやケッケッかは勝手に想像してください。ハハ)



歳なのに『歳』と考え、思わなく生きているオレはバカなンかな?

歳を重ねていくその時々が最高なんだけれど、とオレは言いたい!

これに似た話でこんなこともあった。
若い知り合いのネェちゃんが個展をするって言うんで額装などを手伝ったの。
その時に「私の作品なんか・・・・・・」って自分の作品をそう言いやがるんだ。
自分の作品をその様に思いながらオレに手伝わせ、個展やって他人に足を運んでもらい見せようってのかよ。
こん時は怒ったね。



『わたし歳だから』ってことを話題に娘と一杯飲みながらヒートアップしたんだ。
この件に関しては同意見で熱くなって飲んだ飲んだ。
娘の「友人と美味しい食事をして飲んで楽しい時間を過ごせたのは、歳を重ねた今だからだし、年々そうなっていくんだから、歳ダ、歳ダって言うのってオッカシイ」と言ってた。
それに対してワタクシめの意見は「ごもっとも」ですよ。





[PR]
by bacamasa | 2010-04-28 00:00 | ナンだア? | Comments(0)
家庭菜園準備 と 桜満開。
又々こんな季節がやってきた。
隣近所の迷惑なんのその、落ち葉や板切れを燃やし煙が右に左に、バタンと何処かの家の窓が力強く閉められる音。
「あぁ~、オレまた嫌われるナァ~」

f0034392_17153554.jpg
近所迷惑もほどほどにして、桜の根元に住宅が3軒それも洋館でっせ!こんな家に住みたいもんです。
真冬でも暖房なしてもポッカポカって感じしちゃう。(暖房がなきゃ生活できないがぁ)
クロッカスも咲き出したし勢いずく好きな季節、夏になったらアジサイの陰でビールが飲める、たまりません。



f0034392_10214828.jpg
f0034392_1022036.jpg
おれンちの桜が満開。北海道じゃまだ咲いていないはず、確かに我が家の庭の桜ダ。

実は、冬囲いが不味くて枝を折ってしまった。それを更に切って一輪挿しに水を入れ挿して置いたら2~3日前から咲き出したという訳。
ピンクの花のはずが一輪挿しでは『白』。土の養分などで花の色が変わるんだ。白の方がきれいだよな。

一つの根から二本の幹。兄貴がトレーラを引いて持って来たとしは薄いピンクの桜で二年めに枯れてしまったので、二本の幹を切って、根っこをどうしようかナと考えているうちに月日が経ち横からニョキニョキ新しい幹が伸びて4m近くまで伸び濃いピンクの花を毎年その時期に咲かせている。


f0034392_1715488.jpg
無農薬野菜を植える畑の見張り役灯台。鶏のウンコ(鶏糞)も買ったし土も手に入った物を3種類ミックスした。それが良いのか悪いのかは分かンない。

バジル。
ミント(これは雑草を跳ね除け毎年嫌になるだけ何処にでも育つ厄介もの)。
イタリアンパセリ。
パセリ。
三つ葉。
京蕗。
紫蘇は勝手に育つ。

あと、何を植えようか?
「カボチャだ」
ンて考えると元気が出るような気がする。






[PR]
by bacamasa | 2010-04-26 00:00 | 植物&花 | Comments(0)
雪の下で生きていたハーブ (明るくない家庭菜園便り)
f0034392_119992.jpg
何と言う名の葱なのかは、オレだけが知らない、聞いても直ぐ忘れるからもう聞かないことにしちゃった。『あの葱』でいい。

万能葱より細い、かなりの細さだ。これを食べるのはオレだけ。

毎年、毎年同じ処に同じ分量伸びてきて、毎年、毎年オレに喰われている変テコな・・・ネギ。
f0034392_182431.jpg
雑草に拉致され状態なのを解体してスッキリ、肥料もタップリで楽しみ。
今になって、白い部分は土の中では?と持ってしまった疑問!・・・だよナ。

f0034392_1192182.jpg
もう一箇所にも雪が溶けると既にこの状態で横倒しで出てくる。

肥料も手入れも、なんにもしねぇ。

雑草に交じって、雑草より元気なんだから最高。

ミントなんて草刈り機で刈っても直ぐに生えてくる。雑草より厄介ってより、ミントってバリバリの雑草だよ。



f0034392_1193428.jpg
これミツバ。雑草と仲良く育って食べきれない。嫌いではないが好きってほどの葉っぱじゃないし増える。




f0034392_1194737.jpg
イタリアンパセリ。
雪に保護されて去年の葉が青く残ったのかと思っていたら次の日から少しずづ起き上がってきて葉っぱの顔色が健康的になってくるんだ。
こりゃ~ラッキー!バジルの次に食べるハーブだもんで。


パセリも生き残っていそうな気配。今は気配はあっても危篤状態生と死の間を彷徨っているんでしょう。
息を吹き返したら『オレが喰う!』


f0034392_184619.jpg
f0034392_1841751.jpg
畑、ちっけぇ畑に昨年植えたイタリアンパセリ3株の1株をこっちに植えることに、根っこ凄いや。
3株で十二分食べてペーストにもして1年間OKです。茎も“茎だけペースト”。



f0034392_1845659.jpg
今朝のスープは具だくさん野菜と豚肉ってやつ。

豚のロース薄切り。
茄子。
コーン。
人参。
グリンピース。
トマト。
ほうれん草。
玉葱。

パブリカ。
ケチャップ。
ウスターソース。
塩。
コンソメ(固形)

あとなんだったっけ?・・・冷蔵庫の整理も兼ねての食材もありで、マァー、こんなんが出来ましたってとこダな。
味?
やつは二杯食べ飲んでた。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-26 00:00 | 料理 | Comments(0)
リュックを背負い隣村ぁ~。
f0034392_18181940.jpg
一気に50㌔走り股がサドルに擦れて痛いのなんの、折り畳んで電車で帰ってこようかと真剣に思ったほどの痛さ。調べたら長距離を走る為の股をサドルから保護するスパッツ(モモヒキ?)があるそうです。
そらぁ~必要ダ!

リュックは必需品、ママチャリの様にカゴや荷台が無いので弁当(おにぎりなど)、お茶、カメラやその他小物を入れて走らなくては遠出は無理。そこでこんな格好でバカが行くぅ~。


f0034392_1820693.jpg
隣村の外れのバス待合室に「ごめんヨ」と入り込んで昼飯タイム、貸切状態なのでリラックスランチでっせ。
と、そこに村人の老婆と老犬が散歩、『何やってんだぁ~』ってジロっ。
写っていないが、一人と一匹の後に猫が。婆さんが猫の名前を呼ぶと猛ダッシュで駆け寄り犬と鼻っ面摺り寄せていた。
その写真も撮りたかったが婆さんに「撮るんでネっ!」と一喝されそうでやめた。
オレ達、不法侵入者だし。


f0034392_18202340.jpg
最高のリュックの置き場所。
箒もスコップもあるし、食後に箒を借りておにぎりの海苔くずなどを掃きだしてきました。
ここで食べたのがミヤネ屋のおにぎり。


f0034392_18212685.jpg
f0034392_1821409.jpg
白鳥のイメージって澄んだ湖で気取った態度でシズシズと泳いでいそうだ。・・・がぁ~、泥んこの田んぼの中をつぶれた鳴き声を上げて落ちている籾殻を食べている。




喧しい白鳥の鳴き声

動画は無視で鳴き声だけを聴くしかないね。(わざわざ動かして聴くほどじゃありませんネ)

f0034392_18232486.jpg
この場所から15㌔走って合計50と3㌔で帰宅、腰から下はガクガク、股はキンコン股間ってくらいに痛い、妬けど傷の唐辛子塗ったようなビリ唐な痛み。
伴走車(勿論自転車)がとばすんで2~300m離され、
千代の富士の引退時の台詞じゃないが『体力の限界!気力も無く・・・・・・・』がピッタンコでヒィ~ヒ、ガクガクで玄関先で「体力もっ・・・・・気力も両方無い!!」




[PR]
by bacamasa | 2010-04-25 00:00 | 遊び | Comments(0)
深夜の訪問者
f0034392_1814872.jpg

深夜にドアがコンコン。「一杯飲まない」とツマミとワイン持参での訪問者。っつうンなら格好良いのだが、部屋の前で顔を合わせたので「飲む?」と誘ったのサ。


f0034392_182781.jpg
何かを流せって言うモンで音でもと「何にしようかなぁ?」とオーディオの方を向くと「笑いがいい」てンでYouTubeで検索し志村けんと石野陽子の夫婦コント『五時の夫婦』を見ながらゲラゲラと笑い飲み。

今見ても面白い。娘が小さい頃一緒に見て大笑いしたのを今また体験できて、酒とネットっていいよなぁ~ア~って処かな。


“そこまで言う?ホクテンユー、醤油、ラー油、アイラブユっ!ウンうん、(合間にお互いの手を)パチパチ。なかなおりっ!”
これは何度も何度も付き合いでやらされたが、今はほぼ無理。



f0034392_1821577.jpg
約2時間後の淋しそうな皿とバターナイフとバジルペーストの瓶。張本人の姿無し。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-24 00:00 | Comments(0)
ミヤネ屋のおにぎり
f0034392_17144849.jpg
f0034392_1715968.jpg
“おにぎり”をとセブンイレブンに行くと、こんなおにぎりを発見。青じそ御飯の『ちりめんおかか』と、韓国風『焼肉』の二種類を早速買って試食。

二つ並べてどっちが美味いか?っていうと、おにぎり好きの独断と偏見でジャッジすると、青じそ御飯の『ちりめんおかか』に軍配ダァ~なぁ~。

一緒に買った日刊スポーツにこの“おにぎり”とミヤネ屋の記事が載ってます。本日発売ってことで、これって「ラッキーィ!」なのか?と思っているのは自分で自分を『いかがなものか、と』皇室ぽく思ったぁ。


f0034392_18411353.jpg
一ヶ月間の限定販売で1500万個を売ろうってんだから凄い。テレビの力ってまだまだ凄いのかも。
売れたら面白い。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-23 00:50 | 料理 | Comments(0)
もっともらしい理由が飲んべぇ~にはある。
f0034392_13565295.jpgf0034392_135716.jpgまたもワインパーチィ~です。色々とストレスの溜りやすい昨今飲んでねぇ~とやってらんない雰囲気、気分っつうのは建前で、本音は深い処にある『ただ単にアルコール分をが飲みたい』という大義名分が御座います。

白カブのクリームシチューを市販のルーを使わずオイラのボスが作ってくれたし、モッツァレアチーズ(我が家では“牛の金玉チーズ”で通っている好物チーズ。)とトマトもバジルペーストもあるんでこうならない方が不思議って訳。

完熟トマトを厚くスライスしてモッツァも苦労しながらスライスしトマトに乗せバジルペーストをペッ、それに少量のアンチョビを追加して・・・大好物。
ただ飲んで馬鹿言ってるだけでもないんでね。今後の悪巧み(?)を乏しい知恵を振り絞り話すチョっといい時間でもある訳なんです。

とうぜんワインの度数では度数不足、ウイスキィーの原液を流し込むと馬鹿ネタのオンパレード。

酒癖が悪くもなく、酔って愚痴る訳でもなく、陽気なだけのノンベオヤジ。
心配は酔って階段から転げ落ちることだけ。

f0034392_13574229.jpg
白カブのクリームシチューが二人分残っていた。どうしてもスープを多く盛るので残りは具沢山になってしまう。それを器の盛ってトマトの水煮缶とミートソースを半々にした物を中央に大匙2、その上にミートソース小さじを乗っけて“とろけるチーズ”を二枚で覆い隠しオーブンで4分チ~ン。


f0034392_13575492.jpg
それにホーローマグカップ一杯のハーブティーで飲んだ?飲みすぎの朝飯にピッタンコ。




[PR]
by bacamasa | 2010-04-22 00:00 | Comments(0)
坂道でギブアップ
f0034392_16314731.jpg
今年初めての“つくしの坊主”今度はこいつを喰ってやろうと、もう少し伸びるのを待つ。



f0034392_1632818.jpg
f0034392_16322133.jpg
パン屋さんが増えた。お客さんも色々選べるから店の多いのはいいンでしょう。オレは興味本位で一度は買って食べるって処かな。ボストンベイクやロイズが値段も味もオレの財布向き。
この『パン工房』の美味しかったがぁ!急な坂の上なので自転車じゃオレの足腰じゃ無理、行きたいけれど行けそうにない理由は“そんだけぇ~!”


f0034392_16324031.jpg
ベンチの背もたれ(だったかな?)に付いていたこのマークはスェーデンの何かなんだろうな。



f0034392_1633674.jpg
道中道産子を飼っている農家の前を通りいっぷくがてら馬眺め。この馬“恋わずらい”か? 春だもんな。
生きている間はこっちの道産子の方が喰っちゃ寝で楽かなと思う。末路はどの種類の馬も大部分同じなんだろうけれど。

この馬、なにかもの思いにふけってでもいそうなポーズ。“うつ病”かぁ?


f0034392_16332514.jpg
f0034392_16334671.jpg
f0034392_16354358.jpg長くて急な登り坂を6段から5,4,3,2,1と変速を切り替えても5分の1でゼイゼイ息も絶え絶え。
坂が右折して更に急勾配と知っている坂だけに、先を考えてしまうと更に意気消沈。そんなみっともない格好を撮られてしまった。
日常が格好悪いンでいいよ。
口を大きく開け肩で息を吸って吐いて「ゼェ~っ。」

股関節疲労!
電動自転車を買うべきだったかナと、つい弱音を吐きたくなる。

この坂を上りきったら長い長い下り坂があるのでそれを励みに行くしかない。

この折り畳み式自転車を買った目的は畳んで車に積み遠くに行った先で小回り移動にだったのが一回に20㌔~30㌔走行だもんな。

肛門から前の部分がサドルと摩れてサドルカバーを装着しても痛い。
痔主の気持が少し、ほんの少し分かったような分からないようなサドル対股間対決。






[PR]
by bacamasa | 2010-04-21 00:00 | 遊び | Comments(0)