<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
久々の良い天気、暑くて絶好調
f0034392_23265836.jpg

四日間塩と焼酎に着けて、本日より三日間の天日干し。









f0034392_2327154.jpg

今年は20kgの梅、去年は11kgの梅で梅焼酎とチソの梅漬けと約7kgの梅干しを作ったが足りない。

20kgの梅干しを作る。

塩はボリビアの塩、色がピンクで(汚いピンク?)甘さを感じさせる好みの塩で約半分、残り半分をボリビアの塩と瀬戸の塩を半分ずつ混ぜたもので作ってみた。

出来上がりが両方同じ味の梅干しだったら、ど~せばいいンですかネ。








f0034392_23273336.jpg

梅の量が増えたので干し物カゴを二つ増やして四つを物干し竿の両端に二個、二個。

去年の梅干しが、残り20数個、心細いったらありゃしねぇ~んだ。

売っている梅干しに、蜂蜜だとか入っていて苦手、喰えねぇ~。

オレは。

6ヶ月待ち!












f0034392_23274622.jpg

チョッとピンボケ、ガッツリぼけ。










f0034392_2327577.jpg

ボリビアの塩を使って出来た梅酢。










f0034392_23293817.jpg

暑かった一日の〆に豚肉の生姜焼きチマ・サンチュで包んで喰う。










f0034392_2331675.jpg

チマ・サンチュに焼肉を乗せその上に梅酢で和えた玉葱の千切りとルッコラを乗っけて喰う。

やっぱり動物性たんぱく質は胃袋にギシュと入っていいのんダ。









f0034392_23311835.jpg

雑草ォ~。








f0034392_23334622.jpg

紙粘土で“ダブル招き猫”を作っているんだとか。

出来上がったら玄関に飾るらしいので一つ注文

「股間に玉を二個付けてくれ」

「了解ィ~」

オレにはどう見ても“太ったイボ猪”にしか見えねぇ~ナ?
[PR]
by bacamasa | 2011-06-30 00:08 | 食材 | Comments(0)
講演日の朝食と競走馬の名付け親
母校からの講演依頼で出かける朝の食事を野菜(ハーブ)を乗せたご飯との注文でこれを作った。
5種類のハーブ半熟トロ卵に雑穀とシーフード入りドライカレーを食べながら学生に伝えたい事を確認そながら「これでどぉ~?」

f0034392_1115136.jpg

ガーデンクレスの葉には、ビタミンCが豊富だし、
ルッコラは、カルシウム、鉄分、ビタミンCが豊富だとか。
ベビーミックスサラダは8種類のツケナの種子って言うからには栄養素豊富と思う。

それに大葉とパセリ、これで講演も上手くいくはずと考えている。







f0034392_1115927.jpg

女性がフリーで仕事をするとなるとナぁ。

実力主義の環境で試してもらいたい、そうなると海外なんだろう。

男とか女だからなんて関係ぇねぇ~んダ。

男ってかぁ?

今ンところ笑うしかない、オレも男だから本心そう思う。










f0034392_11151724.jpg

失敗に早々と気がついてリセットできたら、それはそれでOKなんだしって考えなんですナ。

オレは。

講演終えて元気に帰って来た。

ビタミンCは必要だァ。














絵描の娘が名付け親となった競走馬がnetkeiba.comの競走馬データーに載っかったネ。

まだレースにゃ出ていないが、今後のデビュー戦を初めとして活躍を祈る。











f0034392_16505713.jpg

いつもお世話になっている農家の人が
「以前に貰った奥尻島のハマナスが枯れたので、一株欲しい」

変わりに八重のハマナスを貰った。

それが咲いたんだ。

淡いピンクでバラの花みたいだが“ハマナス”













f0034392_16511064.jpg

どうしても理解できない事がある。

奥尻島のハマナスも他の地域で咲くハマナスも違いなんてないと思うンだが?

出所、血統っていうかそれに近いこだわりがあるンですかね。

オレとしては、黄色いハマナスが欲しい、奥尻島の道路脇に咲いてんだが、何度も枝を切っては空き缶を使って挿し木したのだが全て失敗ダ。
チクショーめっ!!
[PR]
by bacamasa | 2011-06-29 00:05 | 料理 | Comments(0)
綺麗だベェ
f0034392_22581325.jpg

プランタン栽培のガーデンクレスとかいうハーブを『勿体ないナァ~』と思いながら晩飯にチョイと取ってきました。

水洗いしようとして容器(カップ麺の秋カップ)に水を張ってガーデンクレスを浮かべたら

「おっ!綺麗だぁナ」

で、パチリと一枚。

イメージとしては真夏の浴衣って感じちゃったンですがぁ?

違うか。










f0034392_2259336.jpg

北海道の根曲り竹の筍をドレッシングで喰う。

調べて、考え、残り少ない知恵を搾り出しパソコンでイメージ画をってやっていると目ガァ、首がバッキンチイっカチイカ、飲んでも眠りが浅く起床は3:00~4:00じゃ一日トロ~ン。

野菜を喰おうと努力している。
菜っ葉類なんて馬やウサギじゃないんだからそうそう喰えたもんじゃない、と始めは思っていた。

じゃが芋主役のサラダが美味くてたまりません。

オレは菜っ葉民族なんだぁ?

ってかぁ~ア。

あと、毒を内緒の裏ブログで思いっきり吐くかぁ。
[PR]
by bacamasa | 2011-06-28 00:58 | 食材 | Comments(0)
梅・『青過ぎネェ~エ』
またまたやって来ました梅干し仕込みの季節が。
去年は11kgの梅でチソ入り梅漬けと梅酒に3~4kgの梅を使い残り8~7kgで梅干しを仕込んで現在残り在庫チョビっと。

そこで今年は梅干しだけを20kgを梅干しにと買ってきました“南高梅”
『青過ぎネェ~?』

先日、「梅の10kg箱入りで売らない?」

「少々お待ち下さい」

と、キャスター付き台車で持って来たのがガリガリの青梅。

「青過ぎネェ?」

「何にお使いですか?」

「梅干し!」


「でしたら青過ぎますネ、お取り寄せいたしますか?色ずいた梅を?」

今日、店に行くと昨日とは別のニイちゃんが、真っ青梅を持ってきて、オレは「話が違いまんネ」

プチプチィ~ぃ~っ!!!





f0034392_222712100.jpg

早々と梅干しを仕込んで日程の決まっている事を一週間しなきゃねぇ~って説明して、なんでバッキバッキの青梅なぁ~ンだっつうのよ!

漬けて4~5日、晴れた日に3日間の天日干しで7~8日、ギリッギリだっつうンだぁ。
梅干しも大事、日程の決まっている一週間も大事。

参っちまったなぁ~。


色付き梅と真っ青梅を選別すると真っ青梅が4分の3。

間に合う?














f0034392_22274887.jpg

4分の1の色付き梅って少な過ぎだぁ。













f0034392_2228321.jpg

7kg弱しかねぇ~、

梅干しを喰うのはオレだけっていう負い目もあってあたる処がありません。

気が急くばっかぁ。
[PR]
by bacamasa | 2011-06-25 00:01 | 食材 | Comments(0)
行き先不明・音信不通の江戸っ子オヤジ
そいつとの接点はこのアナログLPレコード。
東京の下町に長い事住んでいて、いい歳喰ってから生まれ故郷『札幌』に帰って来た自称“江戸っ子”オヤジ。

「荒野の用心棒のクリント・イーストウッドが制作・監督した映画『バード』を観たヨ。主人公のジャズマン、実在してたのかい?」が始まり。



f0034392_14144375.jpg

当然、年齢も近くて『ジャズぅ??』アナログLP“チャリー・パーカー・オン・ダイアル Vol.3”を「聞きな」

「レコード聴く回るやつ持ってない」
何だったら聴けると聞くと
「MD」
面倒くせぇ話。
MDに録音してやった。

何日かして「オン・ダイヤルってど~いう意味よ」

「ロス・ラッセルって人がチャーリー・パーカーの為に作ったようなレコード会社っ!」
まだ聞きたそうだったが「音を聴けぇって、これ以上の質問は有料(もちろん冗談)」

それから数年して
「何年かして、弱ったら妹夫婦の所に行くよ」との電話で独身だったことを知ったのよ。

アカイのカセットデッキ(当時は高級機)が玄関先にメモと一緒に置いてあった。

電話すると「現在使われておりません」









f0034392_14145722.jpg

元気で妹さんの処で江戸っ子ぶっているといいのだが。
妹さんがどこの街の何処に住んでいるのか聞いてないし、このままで良いやネ。

ディジュリドゥのアボさんも亡くなって、近頃少し気が緩んで江戸っ子オヤジを思い出しちゃったナ。

もう少し優しく答えてやればよかったかぁ?





f0034392_16191885.jpg

絵と文書の審査を頼まれたとかで、気合一発「きっちり食べてぇ~、ヨッシャ~。」だとかでした。

家回りから取った
アップルミント、パセリ、根を植え再生万能ネギ、ルッコラ、大葉、
レモンバーム、二十日だいこん(一日だいこんだ)の葉と根(だいこん)、
サラダナと思う、とチマ・サンチュで『どうする?』











f0034392_16193668.jpg

豚肉の生姜焼きとチマ・サンチュ。








f0034392_16195022.jpg

じゃが芋とハーブの芋サラに少々やけ盛りなヤツ。









f0034392_1620678.jpg

じゃが芋や玉葱(微塵切り)、ハーブ類に溶き卵。
塩味は強めに付けて、じゃが芋で調和されて丁度良い塩加減になる。













f0034392_16202026.jpg

ハーブ入りキャベツのスープ。
これにトーストが一枚・・・完食!
[PR]
by bacamasa | 2011-06-25 00:00 | 老いぼれ | Comments(0)
胡椒草 と エンジン全開 
f0034392_20553279.jpg

胡椒草(ガーデンクレス)というクレソンの仲間。

ガーデンクレスは土栽培で、クレソンは水気の多い所で育つ為ウォータークレスというらしい。

生の葉を裏ごし、鶏や魚料理のホワイトソースに加えると味がアップする。
ポタージュに入れたり、ハーブバター、おひたし(もったいない)、天ぷら、ラーメンの薬味と好みで色々な料理に使える。
ガーデンクレス、ウォータークレスどっちでもオーケェー。
葉の形からガーデンクレスの方が飾りとして使えるしスープの浮きみとしてもいい。








f0034392_20554578.jpg

種を密集させて蒔きカイワレ大根の要領で収穫して食べるの
密集して芽を出すため、土の表面を持ち上げて水をやるとその土が落ちてクチュクチュっとした芽、芽。めェ。これは3日目の状態だったっけかナ?

この状態で根が鉢の底から飛び出しているといった成長の速さ、数日後に食べるのが楽しみ。








f0034392_21212525.jpg

持ち上げられて土の表面が腫れぼったくなっている上に水をシャワー放水すると芽に持ち上げられた土が落ちて芽ダ。

背中が痒くなりそうな芽の大群。(もやしダな)

明日の昼頃には全芽直立している、多分。










f0034392_21214217.jpg

エンジン全開といった仕事場。

数枚同時に描いている姿を見ているとホッとする。
描かなきゃナ。

パレットは良いが、その向こうの作品はまだ見せられない。
ここまで“ぼかす”のに四苦八苦、何度やっても思いどうりに“ぼけ”てくれないのよ、やっとここまで“ぼけ”たからいいナぁ。

この絵の額装はどうする?
問題だった45度に切る事は、解決。

ひとつ難問が残ってンだな、それをどうする?

作品からはみだしマットに、更に額にまで絵を描いちゃうと、
何処からか「シンプル イズ ベスト」の声が飛んでくる。



やっぱり絵描屋は絵を描いている姿が一番だ。



f0034392_23561748.jpg

これ美味いし、使いみちたくさんある。



f0034392_23574064.jpg

と言って喰った晩飯。
[PR]
by bacamasa | 2011-06-23 00:00 | 食材 | Comments(0)
青ガエル
f0034392_21574982.jpg
f0034392_215867.jpg
f0034392_2159727.jpg

毎年アジサイの葉に来る青ガエル、今年は洋ナシの木に陣取って甲羅干し。

アジサイが1月の大雪で葉が少ないし、葉の多いアジサイの両隣の木にアブラムシ予防の薬を散布したせいかカエルが来ていない、グスベリーとこのナシの木には薬の散布なし。

この住宅に越してきた夏、敷地内を蛍が飛んでいた。
それ以後、蛍を見ていない、年々田んぼの横の住宅街の環境も変化していて、何年か後には青ガエルも来なくなると思うナ。

カエルの青と黒?

2枠と4枠ゥ~??

今週末の色だったり?
[PR]
by bacamasa | 2011-06-22 00:00 | 生き物 | Comments(0)
父の日のプレゼントを頂いちゃったァ。
f0034392_14463747.jpg

父の日のプレゼントを今年も頂きました。
「はい、父の日のプレゼント」と言って紙袋を渡されけれども、父に日が何日なのか分からない。
渡されて『父の日ネ』と思うくらいなもの、でも娘からのプレゼントは嬉しい。

でも、「ありがとう」を何度も言わされるのはチッと苦手。



短パンにこれを着て門別、帯広、札幌、函館に行く。
全部競馬場。

誕生日とかにもプレゼントをくれる、去年の誕生日には『電動鼻毛カッター』ジリンと鼻毛を刈る音、でも刈った鼻毛は何処にいったのか行方不明といったモン。

鼻毛切りハサミより楽でいいし、刈った鼻毛の始末もしなくていい(?)といったスグレモノ。

では、今年も超万馬券を狙ってと。
今度、万馬券取ったら奴(娘)には内緒にして換金しないと半分取られちゃうモンな。


















f0034392_14471339.jpg

只今、家の回りに生っているハーブ類全てと癖に強い香りと味の野菜を刻み素麵の様に細い冷たいパスタに混ぜ込んで、去年作ったバジルペーストをタップリ入れて、三つ葉も入れた。











f0034392_14473282.jpg
ハーブ入りじゃが芋サラダ。
作りながら『ご飯じゃなくパン』と言いそうなので、どうやってご飯を食べさせようかと考えた。

日本人なんだから一日一回米の飯を喰わなきゃナ。










f0034392_14474718.jpg

トマトにアスパラ、こりゃ絶対に「パン」って言う。

トマトにバジルペーストをのっけて『パンかぁ?』










f0034392_144964.jpg

オカカちらし飯を海苔巻きにしてやった。
中心にはオイルをきったシーチキンを一並べして出したら何の抵抗もなく「美味しい」と食べていた。
作戦成功ってことです。








f0034392_14493115.jpg

それとなく塩サバを焼いて出す。

チッ、一箸もつけず完全に塩サバを無視、剥き身の味噌汁は飲んでいた。

「家の料理が美味しくて札幌に出ても食べずに帰ってくるもネェ」って、そう言われりゃ『ヨッシャ~』と気合を入れて作るオレは単純ダ。









f0034392_14495455.jpg

25年経ってやっと咲いた二つのリンゴの花が一個何処かに飛んで行って一個がへばり付いている。
喰えなくていいからリンゴの形になってほしいのだが、どうかナ?
[PR]
by bacamasa | 2011-06-20 00:08 | 料理 | Comments(0)
この本役にたってないじゃねぇ~かよ。
f0034392_8464045.jpg

一階のパソコンの横にこの本が置いてあった。

“甘やかされすぎる こどもたち”って題名ダ。

オレは読む気はまったく無い。

美容院に行ってオーナー美容師さんから貰ったそうです。
店内に6歳の男の子がいて我がままやり放題だったとか、この子はオーナー美容師さんのお孫さんだっつうンだから二度吃驚!

本の内容がこの際どうでもいい、題名『甘やかされすぎる こどもたち』で何か感じないのですかってぇのよナ。

ガキが店内を走り回り奇声を発している、まずはここがおかしくねぇ~でっすかってぇの?



例えばデパートの玩具売り場で「これ買ってぇ~」と泣き叫ぶクソガキ。


『うるせぇって、このォ~』ってイライラのイラっ!


それらのクソ餓鬼を

「だめでしょう、聞き訳がないんだから、いけません」

「皆に迷惑でしょう~。止めなさい!!」

と、かん高い声だけを張り上げている母親(今はママかぁ~?)

お前ンとこのクソガキもうるさいし、迷惑だが、おめぇ~の抑止力のない「いけません」っう声がもっとウルサイぃ~ンだって。


細い住宅地の道を車で安全のためトロトロ走っていると一軒の家からヨチヨチ歩きの子どもが車の前に出てきた。

玄関先には母親がいて車中のオレに微笑んでいる訳ヨ。

『可愛いでしょ?』ってナ顔でダ。

クラクションを鳴らし母親に『どけろよ』って顔で強烈(たぶん)な顔で見ると『フン!』てな態度で子どもを抱きかかえて道を開けてくれたがバックミラーには鬼の形相で睨み続けている母親の顔がバックミラーに写ってンだよ。


あんたには可愛い我が子でも、他人のオレにしたらただのクソガキっ!?

わかるかなぁ~?

分かンねぇ~だろうナぁ~。

“甘やかされすぎる 親とクソガキ”って本が出ても良いころじゃねぇ?
なんて事をこの本の表紙を見て思い出し、カッカカリカリ。

ペットにも同じ事が言えるナ。
[PR]
by bacamasa | 2011-06-19 00:50 | | Comments(0)
ウマジン ・ 7月号 
f0034392_1748538.jpg

[PR]
by bacamasa | 2011-06-18 22:16 | 競馬 | Comments(0)