<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
百人浜キャンプ場での朝食準備と茶
f0034392_15284465.jpg

おはようございます。

百人浜の朝ァ~。

新聞もテレビもラジオすら聞かない生活っていいナ。

一箇所に居て制作をするってアリだと思いながらの百人浜での“おはようございます。








f0034392_1529843.jpg

ご飯の蒸れ按配に神経集中!

「静かにィ~っ!」って場面ですかナぁ?

ハンゴ飯に対する拘りが半端じゃないンだ。

家でも炊飯器だってあるんだゼ?

電気だって通っています。
ちゃんと北電から買ってんのにガスで釜?

なのに、陶器の釜でガスレンジで炊く、それって可笑しくネェ~?

可笑しくないか。

ガスや焚き火、炭などでご飯が炊けるって良い事だと思う。









f0034392_15293366.jpg


「ムッ!いい感じに蒸れてマッっ~」










f0034392_15375897.jpg

ハンゴ炊き飯が程よく蒸れるまで、コーヒーと軽いモン喰って待ってんです。

コーヒーの挽いた豆と紅茶(ティーバック)を田舎のコンビニで買った。
これは大失敗、コーヒーをおとしていてコーヒーの香りがしない、いったい何時仕入れたコーヒーよっ?
それを我慢しながら飲んだ。

朝はコーヒーを飲まないとシャキッとしない、このコーヒーでは半シャキッ、紅茶も香りと味も朝霧のようにモヤァ~っとして何か変なティータイムで「おはようさん」












f0034392_15383359.jpg

折り畳み自転車が大活躍、これはいいもんだ。
夕方トンネルを抜けようとライトにスイッチON「あれっ!?」点かないンだよナ。

トンネル抜けての遠出を断念、『何で点かねぇ~ンだ』
f0034392_041934.jpg


ねぐらに戻って調べるとライトの発光部分が接着離れして浮き上がり電流が遮断されていた。

『メ~ド・イン・チャイナぁ?』

キャンプに瞬間接着剤が絶対に必要品だという事がわかりました。












今朝の飯当番が鹿肉ソーセージを焼いています。

キャンプでの炊事は盛り付けも雑が美味い。












f0034392_15392748.jpg

何を考えてんだぁ?

ただ眠たいだけのようですナ。











f0034392_15402927.jpg

「いいなぁ~、こんな時間」て言いながら朝飯前のモ~ニングコーヒーを飲んでいたから答えらしきものが出たんだナと、後はコーヒーを飲んでいる間、お互い無言。


「おはようございます」

「おはよう」の挨拶を交わし山歩き3人組が朝の散歩からの帰りに通って行った。









f0034392_15405830.jpg
f0034392_15414465.jpg

鹿肉ソーセージ。

鹿肉ソーセージっていわれりゃ鹿肉ソーセージだナ。

アイノネギ(又はキトピロ、行者ニンニク)入りの鹿肉ソーセージっちゃ「そうですネ」

っていった程度なんですがァ。













f0034392_15415862.jpg

鹿肉ジャーキー。

コンビニで売っているビーフジャーキーとは硬さが違う、鹿ジャーキーは軟らかいし料理にも使えそう、コロンとした塊になっている、家に持ち帰る分も買っとけよ。

鹿肉の味を楽しむのなら鹿肉ステーキで喰うのが一番いいンだってと思っています。












f0034392_1546439.jpg

雑で、一枚の皿に何種類もの食材を盛ったりして飲み喰う、盛り付けなんて器に入っていればいいってのがリラックスさせてくれるし、家に帰っての生活のセコセコっとしたモンが再確認されて反省を少しばかり。












f0034392_15474194.jpg

100均のフライパン、使用後の状態で焼いたモノの旨みがへばり付いている。

同じ100均フライパンで一回り大きいフライパンも次から持って行こうときめました。

理由はビーフや鹿のステーキの為にどうしても必要なんだナ。

今日はこれからどっち方面に走る。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-30 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
ターシャ・テューダーのクックブック
f0034392_955505.jpg

ターシャの本は色々と買い込んで暑い今時期に読んだり眺めてみたりしているが、最近までターシャの料理本があることを知らなかった。


中古本をネットで買い暇があるとターシャの絵を観たり、レシピの出来上がりの味を想像したりと、一番身近に置いておき一番ページを開く回数の多い本になっている。

本の中には、どうしても読みきれない読み手を引き付ける魅力のないモノもあるなかで、このような本と出合えると『ラッキー』とすごく嬉しいンだナ。

ターシャの
『料理はわたしの大好きな仕事のひとつです。それを喜んで食べて、おいしいと言ってくれる家族がいればなおさらです』

この言葉「分かり過ぎるナぁ」


オレには料理を作ることが大好きで、食べることも大好きで、それを食べさせたい家族が一人いる。
美味しい料理を食べて夢を叶えてもらいたいという願いも込めて作り『美味しい』と言われりゃ更に健康面と美味しさと時々驚きをもって食べてもらって、いい絵を描く原動力となってくれたら「オラ本望ダ」と、
そんな気持で作っています。


外見と体力が薄汚れながら老いてきていますがぁ~ですネ。
そこそこ、ちょいちょいと大きいのから小さい悩みってモンが発生するんです俺も人並みに、それを何パーセントかを和らげてくれたのもターシャの本、特に『ターシャの言葉』という三冊の本なんだよ。

ターシャの本にクックブックが楽しい部分で加わって

「いいんでないかい?」(標準語だべさァ~)











f0034392_0421424.jpg

「おまえイタリア語を喋れるンじゃねぇ~の?」ってくらいにトマトが大好きなんです。
夏になると「アッツぅういなぁ~、トマト料理喰いてぇ~」って朝の窓の外から入るギラッとした太陽さんの光を見て気合が入ってしまう訳ナ。


何でトマトよ?

色が太陽さんと似合ってマす。
冷やしてもいい、焼いてもっていうか炒めても、干して煮て夏の万能選手だと思ってンだけンどぉよ。
畑からもぎ取って汚れた服に擦り付けて齧り付くトマトが美味い!
その畑が他人の所有物でその他人が植え育てているトマトを一個失敬して頂くあの美味さは絶品ダと考えてんだが、それって盗みだもんナ。
それは夢の多かった昭和の美味しいトマトの食べかたレシピだったのダぁ。  かぁ?


でぇ、「今晩はトマトサラダを喰う」

バジルは育っている。

もぎたってではないがトマトはある。

フレンチドレッシングを作ればターシャのトマトサラダに近ずけるンだか。



オリーブオイル ・・・ ある。
アップルビネガァー ・・・ 無い!


タバスコ ・・・ 無い!




ハーブ類4種類の中で

チャビルとタラゴン ・・・ 無い!


後はクリアーしてんぞと、

白ワインビネガーならあるし、アップルミントも育っているゼって

タバスコ?先日食べたピザについて来たペッパーソースあるんですけど?

チャビルとタラゴン?台所の引き出しに何かドライハーブ入ってゾ
で、まがい物ドレッシングを作っちゃった。

乱暴もんドレッシングで・・・・・・マァ~喰えてました。















f0034392_0424532.jpg

「野菜を食べたい」との注文で野菜で喰うことに決めちゃった。
庭で育ったキュウリと食べ残したキャベツの千きりを梅酢で和えた純和風サラダ、漬けモンかな?

食べる寸前に梅酢がってのがベストだと思う。

飯にパン、喰い方しだいで両方喰える。













f0034392_0425140.jpg

家の回りで育ったハーブ全員集合を木っ端みじんにしたモンを電子レンジでチンじゃがに混ぜ込んだイモハブサラダの回りにこれまた梅酢和え玉葱とトマト、てっぺんには虫から生き残った青梗菜を乗っけて
「喰うベやぁ~」













f0034392_043611.jpg

中途半端に紫陽花が好きなんだろうナ?

直射日光が当たるとクッタァ~とするし、シトシト雨の日が一番のベッピンさんになって、その雨が大降りなら吸い込んだ水分の重みでまたクッタリそんな処も含めて紫陽花が好きなのかもしれンです。











f0034392_0431578.jpg

毎年咲きたいんだか、咲きたくないのか態度のハッキリしない“隅田の花火”なんていう名札の付いていた紫陽花に今年の春肥料をたっぷりやったらキッチリ咲いてくれたし茎、葉っぱもたくましくなってます。

みんな喰いモンしだいだナ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-28 00:07 | | Comments(0)
日高襟裳岬 ・ 昆布アート? ・ 襟裳町百人浜キャンプ場
f0034392_22441535.jpg

帯広で豚丼を喰ってダラダラと車を走らせ着いたのが日高、襟裳岬。
「日高昆布が泳いでいる、ここの海水いいダシ出てたりして」
などとバカ言いながら

襟裳に何度も来ているのに岬を見ていない事に気ずき

「みさきぃ~」





f0034392_22462644.jpg

ついでに“襟裳岬『風の館』”見学。
襟裳岬初めてっていうような顔をしてすっかり観光客気分満喫、望遠鏡でアザラシを見て即「飽きちゃったぁナ」

帰りがけに展示コーナーで





f0034392_234588.jpg

押し葉昆布の額入り作品に吃驚!

しばらくア~でもねぇ~、こうでもねぇ~と話しながら

初めて見た押し葉昆布に感激。


帰ってきてネット検索すると昆布の採れる多くの地域で昆布アートをやっていて、知らないで押し葉昆布を見て感激しちゃったって訳か。

実物はホント、きれいでした。






f0034392_2354812.jpg

昆布漁の真っ最中。


f0034392_2373993.jpg

日高のダシ昆布、お世話になっております。













f0034392_2312597.jpg

チャリンコに乗った地元民風なオヤジがいるナ。


オレじゃねぇの。






ハンゴ飯の米とぎ。

シャッシャッの音がしねぇ~ナ。









f0034392_2314489.jpg

テントサイトの一部分、キャンパーは4組、この広い百人浜キャンプ場にだよ。

襟裳岬の町内放送で

「今朝、熊が目撃されました。十分注意をして下さい」って、緊迫感満点。

北海道ダなぁ~。

でも、薄いテント生地一枚挟んで熊と出くわした場合い、どう注意したらいんだ?
熊撃退スプレー持ってくればよかったかと後悔の気持ちがポコッ。


別のキャンプ場では
『本日キャンプ場で熊の足跡がありました』の張り紙、完全に熊の縄張り内で寝る、寝なきゃならない気分ですナ。












今度は米とぎ音している。










f0034392_23144060.jpg
f0034392_23295998.jpg

本州からのオバちゃん二人とオッさん一人の山歩き三人組と米とぎ中断して四人空を見上げて騒いでいる。

虹が三つ出ているって、後から仲間に加わって写真を撮ったが消えかかりで、なんとか痕跡だけは撮れた。

説明矢印つけなきゃ分からないナ。

オバちゃん
「背と背をつけた二つの虹はアラスカでみたけれど、北海道に来て三つの虹が見れたなんて感激」と言ってました。












ハンゴの蓋が持ち上がって、それからパチパチの音がするのだそうな。











f0034392_23361412.jpg

晩飯前に、鹿肉ジャーキと網走湖畔で食べた残り物の焼き豚と臭いチーズ(好物)とパンで“のどごしさわやか”飲んで乾杯!


こんな時にジックリと話し合うのは小さい頃からと少しも変わっていない、変化があるのはアルコールを人前でも飲んでいることかナ?

中学校で“いじめ”にあい登校拒否をした時に、夕食すんで夜の散歩から帰ってきて、食卓テーブルを挟んで向かい合いながら

「久美さんどう~する?」

「あんた、親なんだから考えてヤ」

そんな会話を交わしながら二人で酒を飲んでいた。

今もあの時と同じだ。

まずは「乾杯」
なにに乾杯なのか不明。













ハンゴでご飯を炊くとき、一番緊張する一瞬らしい気合入ってんなぁ。













f0034392_23444629.jpg

数日居たくなる。

このキャンプ場は17~8年ぶり、手入れがいきとどいて昔のまんま、トイレや炊事場も快適でした。

後は使う人のマナーですよ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-27 00:07 | 小旅行 | Comments(0)
連日の暑い日のは素麺三連発
変わった冷たい素麺が食べたいとの注文でした。
素麺は大阪から送られてきたお中元が一箱あるし、家の回りのハーブ類や野菜なども有るし、何か出来るでしょうよ。


f0034392_18583987.jpg
f0034392_19195189.jpg

庭のキュウリもプリプリに育っている、素麺のタレを水分タップリなキュウリをすり下ろしてそれをベースにサッパリすっきりチョとすっぱ味のあるキュウリソース。

茹でて冷やした素麺にハーブ類の木っ端みじん切りを混ぜ込んで更に残っていた野菜類を刻んで出来上がりです。


庭で栽培している使ったハーブは

バジルの葉、
レモンバームの葉、
ルッコラ、
アップルミント、
大葉、
紫チソの葉、
イタリアンパセリ、
パセリ、
胡椒草、

組み合わせなんてどうでも良い、消費しなきゃ虫に喰われるか育ちすぎて雑草と化するだけだし喰う。



野菜は、鉢に密集植えした

レタス、
サンチュウ、
サニーレタス、
青梗菜、
二十日大根(見た目、九日大根)、

などの、ヒョロヒョロ苗より一歩行ったくらいのを間引き感覚で引っこ抜いて使っちゃった。
それで美味しいと言って食べてくれるし、自分も「美味い!」













f0034392_19203522.jpg
f0034392_19204599.jpg

「冷たくて具たくさんでサ、ピリッとした素麺作れない?」と目の光は挑戦的。

ギョクマムや豆板醤、コチジャンなどそれにキムチとかの味が好きなので
『じゃ、それらの中から選んで作ってみっか』


かつ節も刻み海苔も振りかけちゃった。

「なんで?」

近くにあったからダ。


コチュジャンと
『もう少しコチュジャンを足そう』と冷蔵庫から出して入れて混ぜてビンのラベル見たら“ぎょうざにんにく 三升漬け”「ヤバ!」

それが以外と合うンです。

でした。















f0034392_19215395.jpg
f0034392_19254146.jpg
f0034392_19255787.jpg

そうして、日曜の遅い朝です。

「又、変わった素麺って言ったら怒る?」

内心『ゲッ!また素麺かよ』って思いながら

「素麺かぁ」と余裕をチラつかせてしまったのが運の尽き

「じゃァ、素麺」


具は全てゴマ油にラー油を数滴と少々のボリビアの塩で味付けをした。
隠し味に“ボリビアの梅エキ酢”を一滴二滴、数滴振り垂らし込んでもみた。

出来上がった多国籍“素麺”

麺にはかつ節ときざみ海苔ってのがオレ自身の中の決まりみたいで、最後には無意識で振りかけているンだもな。


「レシピ、覚えているのかい?」って聞かれ

「いや毎回感覚でつくっているからナぁ」

「メモれって、作りながら」って

「そんな無茶ナ」


素麺はこれとこれって決まったら書き残しておきます。
孫ができたら作って食べさせればいいようにレシピノート作っるかぁ。






【地デジの完全移行してもオレ地上波セット】

地デジ放送に完全移行されて、テレビやビデオデッキがあってもただの箱。
テレビ無しの生活が今日から始まるってぇ?

今までもテレビ見なかったンで地デジに変えるつもりはない、大量のビデオテープとDVD映画、そうして毛鉤、各種の釣り紀行などが見たい時に見れる地上波セットのまま残して使うつもり。



アナログ人間なのか今でもオープンテープ、夏の暑い時期しか正常作動しないカセットデッキ、回るレコードを見ながらホッとして聴くLPレコードとか。

iPodやパソコンに取り込んで聴いてもいるが今一ピンときませんナぁ。

本当に地デジにしないと電波満杯?
[PR]
by bacamasa | 2011-07-25 00:00 | 料理 | Comments(0)
十勝・帯広・豚丼
食い意地の張っているアッシに、チョイとショッキングなニュースが残り寿命1日の地上波テレビニュースで知っちゃった。

放射物質汚染藁を食べた内部被爆牛の肉が道東の浜中町でも販売されていたってェんです!!
浜中町の商店で牛肉を買い霧多布キャンプ場で食べたのよナァ!

放射物質の数値はまだ分からないそうだが、オレも娘も食べた。浜中町の子どもも食べているよナ。

原発廃止にしたら、国が貧しくなるって言った大臣がいた。

汚染され、またまた原発が事故ったとしたら、狭い日本国内を逃げ惑い、安全地域と安心していたら汚染された肉その他の食材で逃げ場もなくそれでも原発?。

原発無くして本当に大臣が言うように貧しい日本になるかぁナ?

原発事故で放射物質から住み慣れた土地を追われ逃げ惑うより良かないですかね?


食品流通で遠い所も近い所も避けられねぇ~んだ。

原発なくなっても人間には知恵があるから大丈夫って思う

日本は小さな島国、今のままじゃ無人島になっちゃうかもナぁ?。














f0034392_0453080.jpg

然別湖畔にある無料足湯、「一緒に入ろう」ってぇ~この糞厚いのに足を温泉に突っ込んでらんねぇ~よ。

湯気を見つけては
「うんっ!?」

足湯を遠くから見つけて
「入ってこう~っと」

なんで温泉イコール風呂がそんなに良いんだ??『わからネェ~』









f0034392_0455952.jpg

然別湖。









f0034392_0461289.jpg

ダム湖でない湖はいい。









f0034392_0463739.jpg

帯広駅前。

午前10時半頃に帯広駅前通りに入ると、ぷ~んと匂ってくる豚丼の匂い。

本当なのであります。

時間も時間なので各豚丼店で開店間際に仕込みなんだと思うが、駅前が豚丼の匂いって凄いですナ。


昔、住んでいた頃の面影ぜんぜん無し。










f0034392_04724.jpg

目指す豚丼店の開店時間が午前11時30分、少し時間があるので昔懐かしい建物がないかとブラっ。


すっかり変わってオレの知らない帯広、帯広という名前の別の街になってた。


そんな中、懐かしい名前の看板“かじのビル”の文字、建物は当然変わってはいたがチョっと『ホッ』









f0034392_0473175.jpg

デパートは同じ位置に有って建物や街並みは新品、やっぱり知っている帯広とは違う駅前付近ってことでした。

裏や外れに行くと昔のまんまが残っているんだろうけれど、ここで引き返した。


豚丼喰う時間になってしまったんで。









f0034392_0475348.jpg

シーズンになると行列が出来ちゃう元祖・豚丼のぱんちょう。













f0034392_1441886.jpg

一番客ダと思いながら入ると仕事バリバリといった感じのオネェさん二人組みが注文の最中。

「二番では駄目なのでしょうか?」って

二番でも豚丼喰えるからいいんだぁ。


肉の一番多い豚丼を注文すると、まもなく千ぎりオシンコと茶が運ばれてくる。

二つの湯呑み茶碗をクルっと回し文字を“豚丼”にしたりして念願の丼を待っていると

「丼から肉がはみ出ていますので蓋を取る時にタレにお気をつけください」

一瞬『どんなデカイ肉がのっかってんだぁ』と“わくっ、ワク”










f0034392_1444413.jpg

一番肉の多い豚丼です。

入店順は『大臣、元大臣』二番でもいいんですが

豚丼は一番でなくては『駄目』なんです。



そうして、確かに蓋から肉がはみ出ていました。










f0034392_1451351.jpg

恐る恐る蓋を取ると『イッヒッヒィ~~っ』こういう事でしたか。










f0034392_1453318.jpg

それにしても迫力あるなぁ~。

食べ始めた頃からお客さんが次々入ってくる。

「合い席お願いします」と横の席がお客さんで埋まっていく、4人席にオレ達二人、早く喰わないと合い席になるのも時間の問題といった客の入り。

「美味いなぁ~、お金値ありまっせぇ」

肉が炭かガスかは分からないが網火で焼いた味がして「美味いネっ」て


だい満足。


店を出て駐車場まで歩いていると、豚丼を食べた為か行きかう女の人、何故か『ふっくらしてねぇ~??』

どうも、豚丼の美味さが目にきちゃったようダ。







f0034392_1455344.jpg

駅にも豚丼店、今度ばんえい競馬に来たときに寄り食べる?

ここまで来たら、足は“ぱんちょう”に向いてしまうんだろうナ。


この店の豚丼弁当も喰ってみたい。
今日は“ぱんちょう”で食べてきたばかりだし、次に。


帯広での豚丼には満足でした。

さて、帯広を出て「何処へ行く?」

「まずは国道に出てからにしよう、行き先は」って当てににならないナビが言ってましたぁ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-24 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
網走~足寄~糠平源泉郷
f0034392_223324.jpg

網走湖畔に並ぶ3つのテントが台湾自転車オッサン3人組、一人は日本語、もう一人は英語、そして母国語専門が一人。

テンション上昇させ「こんにちはぁ~」

オレ「・・・・・・・・むッ」

以後、顔を合わせるとニカッとして会釈、会釈。
オレも会釈で会釈・会釈。

娘とは台湾の食話題で盛り上がっていた。
英語と日本語チャンポンで。

北海道を1ヶ月かけて回るんだそうで北海道の感想は
「自転車で走るのには最高の場所」ということでした。

台湾の交通事情と比べりゃ『だろうよ』








f0034392_22562610.jpg

網走湖でのモーニングコーヒー、それにゆで卵。



ヘミングウェイの『最後のよき土地』こんな件がある。

ニックは火を熾し、フライパンをかけ、そこに薄切りのベーコンを並べていった。


ニックは今、鱒を料理していた。
薪につかっている倒木の真新しい切り口の上に、褐色に反り曲がったベーコンが載せられていた。
ベーコンの脂で炒めている鱒の香ってきた。

ニックは鱒の胴に溶けた脂をすくってかけ、ひっくり返してもう一方の胴にもかけた。



ニックハライ麦パンを一人に二切れずつ切り、そのうち一切れをフライパンの中のベーコンの溶けた脂に浸し、鱒といっしょに食べた。

鱒は外側はぱりぱりして香ばしく、身はよく火が通っていてとても柔らかかった。
鱒を食べ終わると、骨を火の中に入れ、今度はベーコンをもう一切れのパンに挟んで食べた。
それからリトリスはコンデンス・ミルクを入れた薄い紅茶を飲み、ニックはミルクの缶に開けた穴に二本の細長い木片で栓をした。








キャンプをして、フライパンで調理するときに何時も思い出す。
フライパンでベーコンやソーセージ、ハムなどを焼いてその脂で焼く目玉焼きを夕食どきに6個入り卵を4個食べその残った二個の卵を茹でた。











f0034392_10561777.jpg

助手席の態度のでかいナビゲーション役の指示どうり走っていると舗装道路から外れ
「林道じゃねぇ~の?」

道幅も狭く対向車が来たらどうやり過ごしたらいいんだっていうクネクネ曲がりながら登って下って長い時間走らされて運転しているモンは対向車がこない事を祈りつつ無事対向車なしで通過できた。

湖畔にホテルがあって釣り、カヌー、湖畔を自転車で走れ、キャンプ場もといい雰囲気です。
『ダニ』には注意ってことは多いんですナ。

ナビ役の娘が『ダニ』に齧り付かれ、何かの弾みで潰してしまったのを知らず風呂場で黒く平たい(潰れて)物がぶら下がっていたそうで、引っぱって取るのにしゃにむに取ったら「いってぇ~!」
『ダニ』は押しつぶされて死んでも喰らい付いたら離さないンですね(笑っちゃったネ)

阿寒湖と共通したところの多いチミケップ湖キレイでした。
道路はこのままが湖を保護し続けるだろうと思うので開発ストップであり続けますように。










f0034392_2256476.jpg

足寄に入って「これが道の駅?ちっけ~なぁ」と言ってしまった。

あの松山千春の足寄だゼ!?

それから散々悪態をついて「チッ、セコくねぇ~」









f0034392_2257671.jpg

足寄駅前に立って左の大きな建物を見ていると、なにやら道の駅マークっぽいのが

「こっちが道の駅で、これは元・足寄駅舎なんだワ、千春の足寄の道の駅が小さいハズないじゃん」

そうだよナ。

それにしてもでかくて新しい。









f0034392_22572613.jpg

ありました。

千春コーナーや歌詞を彫った石碑などがドン。

でかくて立派。石碑のボッチを押すと
「はてぇ~しない、おおぞらを~・・・・」ってあの甲高い歌声が流れてくる。
曲名は分からないがそんな歌詞だったナ。

観光客気分で千春の等身大パネル前でツーショット。












f0034392_22574895.jpg

停止したままの観覧車、手前の建物でもビーフステーキなどが意外と安く食べられそう。

『帰ってきてから新聞で、この観覧車個人所有で町が老築化して倒壊の危険があっても持ち主と連絡が取れず手出しができない』といった記事を読んで半分くらい納得。










f0034392_22582479.jpg

葡萄畑。









f0034392_22583855.jpg

ワインが眠っている。








f0034392_22585556.jpg

ワイン城の屋上から見た十勝平野(だよナ?)









f0034392_2311548.jpg

池田ワイン城のサーロイン・ステーキではない。

どうしても美味しいビーフステーキを食べたくてワイン城に来る途中で食べてしまった250グラムのサーロインステーキ、感想は、食べながら首が自然と左に小さく倒れる。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
おいしいんですが、イメージとのズレが大きすぎてしまった。




もう旅先で『〇〇〇〇なビーフステーキを食べる夢は捨てよう』




肉を買ってキャンプ場で100円ショップで買ったフライパンで“自分で焼いて”食べる事にしたよ。











f0034392_1059417.jpg

糠平源泉郷。

観光客少なっ!って通りで出会わないンだ。

自転車を引っ張り出し走り回って遊ぶ。

温泉街の道がけっこうな坂道で登って下って湖に行ってガッカリ、夜飲むビールを買いに酒屋さんに、
「たっけぇ~」

すかさずオバちゃん
「ほかでは原価を割って売っているんです。この値段が正当価格なのよ」


観光客の少な過ぎを聞くと
「震災の影響大きいンです」

自転車で隅から隅まで走り回って『震災の影響ばかりなのかな??』とチッと複雑になってしまいました。










f0034392_10595776.jpg

歩道に白い足跡。








f0034392_1102022.jpg

「熊の足跡ってことかぁ?」

これが沢山描いてあるのよ。

すこし多すぎねぇ~ってくらいにある。







f0034392_1103823.jpg

通った街中に足湯があると靴下を脱いで足を突っ込む。
お湯を見れば「入りたぁ~ィ!」っていう旅の相棒。

「おめぇ~は茹でタコかぁ」って言いたくなるような人の意見に負けてこの宿で一泊。
客はオレたち親子と若いカップルの二組だけでした。








f0034392_1122214.jpg

入ったら好みの浴衣を
「お選び下さい」と宿のご主人。


飯の時に食堂の前で
「お好きなお箸をお選び下さい」と宿のご主人。

そのほかにも一生懸命さが溢れた宿屋の主人のサービスが満載で娘は大満足。

オレ、「面倒くせぇ~なアぁ~」

持ち込みビール飲んで爆睡。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-22 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
花モンと梅酢ぶた丼
道東に旅はチョイ休憩、なんせ写真の枚数、道中貰ったりなんやかんやと大量の印刷物を整理しないと訳分からなくなってしまった。



f0034392_9463014.jpg

庭のラベンダーを蕾のうちに少し切り取って干している。
ハーブティーにして飲んでみたいので、と、匂い袋の袋だけを買ってきたヤツが一人。

お茶にして飲むはずが匂いィ~?

1~2杯は飲めるンだろうと思う。







f0034392_9472882.jpg

豚丼のタレに梅酢を隠し味より少し出しゃばったものにして作ってみた。

肉の上に載っているのは“胡椒草”ですが、トッピングがガサっ!

これはいけるナ。

肉を炭火焼きにすると完璧に近いかもでっせ。









f0034392_9481854.jpg

白のアジサイが咲いた。
昨年はブルー、飼料にピートモスをタップリやったせいなのか、関係ないのか分からないが去年とは何かが違い綺麗に白く咲いてくれたよ。

アジサイは小雨が似合う、大雨だと水分の重みでシャキッとしないんだ。

白いアジサイは土に左右されないと聞いていたが、そうでもないようだとオレは考えている。







f0034392_9545888.jpg

脂身コッテリ豚肉で豚丼に挑戦してみた。

当然梅酢を使ったタレ。


今、豚丼を作って、豚丼を喰うのが楽しいンだナ。







f0034392_2182875.jpg

次回のキャンプに持って行くつもりで用意した梅酢。

両サイドのおやじギャグぽいネーミング“梅エキ酢”は、梅干を壷に入れておくと微量に出るトロっとした梅酢。
これは自分専用。

瀬戸の粗塩を使って出来た“梅酢”だよ。

そしてボリビアの塩を使って出来た梅酢、ボリビアの塩は少し汚れたようなピンクなのに澄んでいるのは、
梅酢になるとピンクのモノが沈殿して上澄み部分になると、瀬戸の塩を使ったものより透明なんだナ。

あのピンクの沈殿物は何なんだろう?
正体を知りたいような知りたくないような複雑でもあります。


正直言って、瀬戸の梅酢とボリビアの上澄み梅酢の違いって今のところ『分からん』がキャンプに梅酢があればだいたいの料理の味付けに用が足りると思っている。



梅酢が乗っかっているハンゴには炊いて1時間後の3合のご飯が入っているんだよ。
電気が通っていて炊飯器もある自宅で『何でハンゴ??』

絵描きやさんが、ハンゴでご飯を炊くのが楽しいらしく「災害の時に役立つンだからサ」だそうであります。

説得力が有るような、無いような台詞だ。








f0034392_16285828.jpg

何年も前から興味をもっていた沼田町の“夜高あんどん祭り”道東の旅最終日に沼田町役場の観光課に寄って説明とパンフレットほか資料を貰ってきました。






f0034392_1629682.jpg

興味津々。

キャンプ場も見てきたが駅近くの公園とホタルの里のキャンプ場とがあって、ホタルの里(ほろしん温泉)オートキャンプ場のコテージ、外見しか見ていないが住宅ってモンでしたナ。







f0034392_2358013.jpg

今日の締めに梅酒ロックを飲んで寝よう。

去年仕込んだ梅酒を久々に飲んでみようと室(むろ)から引っ張り出すと「ゲッ!」
1.8リットルの梅酒がもう梅が顔を出すほどになっている、『蒸発したか?』

ンなこたぁ~ねぇよ。

ノンベってこんな錯覚をちょいちょいするみたいダ。


飲んだ分は酔いで忘れまだタップリあると何時までもおもうんだナぁ。

梅干も残り数個、梅酒ももうわずか、こんな状態が一番寂しいモンよ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-20 00:07 | 料理 | Comments(0)
知床横断道路を通り・羅臼~ウトロ
f0034392_23161192.jpg

知床横断道路を渡り切る寸前、目の前に邪魔なバスと白い大きな建物が建つウロロが見えてきた。
「あれがウトロかよ」

ウトロに釣りで来ていた頃は、まだ加藤登紀子の“知床旅情”がヒットする前で寂れた小さな、小さな漁村だったのが今じゃモンスター・ウトロだネ。

オレはこの光景で驚いてちゃ駄目って事がこの後分からされちゃうんだ。

だいたいこの横断道路も無かったんだし。






f0034392_6194260.jpg

「なんじゃこれ!?」

道の駅『うとろ・シリエトク』

ここだけ都会の“斜里郡斜里町ウトロ”だ。

小便して一発屁をこいて、コーヒー一杯飲んで早々に退散。







f0034392_620096.jpg

まず、小便満タンで入り込んだら
「トイレは何処じゃ?」

これだけ大きければ大看板立てて
“小便・ウ〇コ”って、そうしないと漏らしちゃうかもナ。
ってくらいデカイ。







f0034392_6202061.jpg

ここトイレ。





f0034392_6203830.jpg

店内の一部、この奥でコーヒーを一杯。


『美味しいコーヒー飲みたいナっ!』










オシンコシンの滝も都会的になってた。

流れ落ちの幅、向き、こうだったっけ????

階段も付いていてサービス満点オシンコシンの滝ってぇ・・・かぁ!?


「オオ~ぃっ!!そこのネ~ェちゃん邪魔だっつうの!」







f0034392_6283586.jpg

右が原生花園付近なハズ。

北海道はこうでなくちゃナ。









f0034392_629172.jpg

どうォ~よこの景色?

チラリと見える川の様なものは濤沸湖。







f0034392_6295950.jpg

網走到着。

通り道の『道の駅』に必ず寄って手帳にスタンプを押す。
そうすると帰ってきてから何処を回ってきたか何を喰ってどんな人と出合ったかまで思い出すのが簡単、スタンプラリーは嫌いだがこれは旅メモスタンプ。







f0034392_6311939.jpg

今夜の野営場所の網走湖畔。

中央付近のテントだ今夜の我が家、左のテントはオートバイ中年野郎今夜の巣。
こいつ独り言が多くて聞こえるんだ。
「さぁ~て、何、食べようかナ」

「さ~て寝ようかなぁ~」

何か一つ行動するたびに大声の独り言を発する訳ダ。








f0034392_6314455.jpg

ここでの野営は二度目。

テントが小さいナ。

2~3人用を買ったら2人用って大きさ、4~5人用でゆったり二人って所でしょう。

平地では。

テントを張り終わった直後、パ・ピ・フ・ペ・ポ行の多すぎるそうな発音の団体さん(?)
違う、台湾からのオッサン3人組が1っヶ月かけて北海道を自転車で回っているそうです。

だけども賑やかな言語だよ。たった3人で団体さんと間違えちゃうんだからナ。

一人英語、一人、日本語もう一人は台湾の言葉だけ、」そんな3人組。

炊事場で娘と英語と日本語で盛り上がっていた。
「台湾の人ってフレンドリー」

オレ
「やかましい」
パ行の音の間にンが入ってそう聞こえちゃんだからシャ~ないな。






f0034392_6331063.jpg

どうォ~だい、このロケーション!?









f0034392_633291.jpg

これを見ながら夕飯、どんな高級レストランで最高シェフの料理にも負けない超贅沢な“夕飯”を食べれて最高の時間を過ごしてきました。


こんな中で親子、色々たくさんな事を話し合って、これっといった明確な答えは出ませんでしたが抜け道方向は見えてきたかナ。

この北海道で育ち(秋田県鷹巣生まれ)娘は生まれ育ったこの土地を誇りに思う。

話が少し真面目になっちまった。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-19 00:12 | 小旅行 | Comments(0)
ロシア語の青看板のある根室の花咲きガニ
根室の街に入ると道路案内看板“青看”にロシア語でも書いてあって『国境の町』っていう雰囲気満点。

娘が小3の時の夏休みに来て一匹4500円の花咲きガニを二匹買って食べた根室駅前に直行。
その時、1匹と約半分を小3の娘に喰われた。


f0034392_744783.jpg

残念ながら時期が早いらしく大きい花咲きが無い。

『こんな小さいのを喰いに来たんじゃねぇ~ンだ』

「じゃ、食べやすいように切ってくれたら食べる」
そう言って「駄目っ」って言ったら喰うのを止めようと考えていたら、あっさりと
「いいですヨ」

1500円のカニを一匹ずつ注文。







f0034392_77108.jpg

手前と向こう側にある白いハサミは客用で本来は客がこのハサミを使って食べるのだが、赤いハサミを使ってオバちゃんがバチバチ食べやすいように切ってくれ、白いハサミには触る事もなく喰う。

やっはりカニは花咲きダ。

タラバは大味で飽きるし毛ガニって、カニに毛が生えているってのがまず気に喰わない。
なんで毛の生えたカニを喰わなきゃなんない?
お金を払って食べるお客さんの前に出るんだから体毛処理くらいせよって難癖付けてからかいたくなるほど毛ガニは嫌いです。

花咲きの甲羅、戦国武将の鎧兜って感じがまず好きだ。
それが茹でられ真っ赤になって怒り狂っているように見え喰うのに気合がはいる。
「花咲きガニは気合だぁ~」

オバちゃんに手足を切断され、ひっくり返されても
『煮るなり(もう茹でられてまっせ)焼くなりどうでもセ~やぁ』って仰向けの姿がまたいいネ。

オレの適当も本人真面目な三種のカニ評価よ。


味が濃厚なのに、いくら食べても食べ飽きない。
食べたいと思っていた大きいカニは7月末から8月だそうで、今回は残念でした。






f0034392_773150.jpg

カニを切りながら、オバちゃんがポツリ。
「切ってやって、料理屋さんコンパニオン付き料金貰わないと」って。

まてや、おばちゃん!かなり傷んでまっせ~。

ガハハハと笑って喰った。








f0034392_775077.jpg

どうだい、食べられた後の殻、戦いすんで武将が脱いだ鎧のようだって言い過ぎですナ。

次はシーズンに来て大きい花咲きを食べたい。
そのころには味噌もタップリ入って・・・考えただけでたまりませんナぁ。(ヨダレ)







f0034392_711140.jpg

根室駅前で駅に向かって車を止めると左側が本家『かにの庄屋』昔と変わっていない、変わっているのはシーズン前のせいなのか貸切状態でオバちゃんにカニの解体までさせてしまった事とオレ老いたくらいかナ。



f0034392_1050311.jpg

電話・ファックスで地方発送。
シーズン中に行けないなら送ってもらうしか喰う方法はない訳ダ。
根室の街を出た国道淵で花咲きを買った事もあって、それがしょっぱくガックリしたこともある。

札幌でも根室のカニ屋さんが出店してもいるが、なんたって長旅の末たどり着くここのカニがいいのよナ。





f0034392_711247.jpg

牛が住んでいる人より断然多い別海町道の駅『おだいとう』で食べたジャンボほたて丼800円。
少し味見したが『美味い!』

けっこう食べ歩きしてガッカリさせられる事が多くここでも恐る恐るの注文。
頭の中では『不味くても料金を払わなくてはならんし』と消えていくお金のことがチッカチカ。

別海町道の駅『おだいとう』は大当たり!

割り箸入れのイラスト、一個一個水彩手書きだ。
何人の客、気がつくのか。







f0034392_7114159.jpg

店内に入って直ぐのカウンターでの注文、
「このラーメン本当に美味しい??」と聞いちゃった。

「美味しいです。」
『不味いです。なんて正直に言う店はネェ~か』と沈黙。

「このラーメンの上に大きなホタテが載ったのはどうです?」
確かに大きなホタテが載ったメニュー写真があってプラス200円の800円。

『まずは不味くても損害の少ない方で』と考え塩らーめんを注文。
ラーメンをらーめんと書いてあるので、用心・ようじん。

昆布や魚貝類のダシが美味い、麺が食い慣れた北海道ラーメンの麺と違う本州の麺ほいのがチョッとでしたが全体で『美味い』おだいとうの塩らーめん。

『これじゃ~、ホタテ乗っけ塩にすりゃよかった』






f0034392_5312727.jpg

道の駅もこの位の規模がホットするよナ。

道の駅が巨大ショッピングモールになっていて?巨大モールの中に道の駅があるのか?
そんな所に行ったら出かかった小便が引っ込んで一滴二滴でおしまい。

この大きさ建物と食い物が美味しいのが良いナ。









f0034392_1550714.jpg

追われた北方領土に向かって叫んでいる像。

土産品も牛。
こういうのは見るだけ。

別海では町民より牛の数が多く牛にも選挙権が有るそうダぁ(嘘)
牛の数が人間より多く住んでいるのはホンと。
酪農の町別海か、ホタテもいいけれど旨いステーキが喰いたい。








f0034392_164076.jpg

尾岱沼の淵を走っているとこんな所に鶴。
どうも住みついてしまっているようです。

カニ屋のオバちゃんも「あの鶴何時もあそこに居るよ」と地元じゃ普通の鶴らしい、オレにしたら『鶴は阿寒だろ?』

この辺りでは牧草地にも鶴が来る。
元・釧路市民としてはヤッパり
『鶴は阿寒だろ。帰れ!』





f0034392_1642430.jpg

足の短い鶴と思ったら白鳥。

渡らない渡り鳥『白鳥』
[PR]
by bacamasa | 2011-07-17 22:57 | 小旅行 | Comments(0)
霧多布、霧とカモメと昆布
f0034392_3584913.jpg

釧路を出て厚岸抜け霧の中を霧多布めざし走っとります。

霧も道東の名物だし釧路育ちとしちゃ気分は最高。

青看も文字が読めそうになると後方へ流れていっちゃうって少々オーバー気味も、それに近い霧だよ。









f0034392_3594874.jpg

キャンプ場も霧・霧・きり。

左から2棟目のバンガロー入り口右下の白いモノは、管理人さんの友達カモメゴン太朗。

この時点でオレたち一組、その後車で旅行中の熟年夫婦とこの広い霧に中で一泊。

更に車中泊の若者が駐車場で計5人、後はカモメだけダ。








f0034392_403783.jpg

「シーズンになったら予約が必要なのかナ?」って聞くと

管理人さん
「いいや、いらないよ」

「満杯になるでしょう?」

管理人さん
「ないねぇ~。今まで一度もありませんでしたから」って、なんか『いいなぁ~』
この感じが。











f0034392_41276.jpg

霧多布キャンプ場から車で数分(だったハズ)の霧多布温泉“ゆうゆ”で旅の垢落とし、長風呂はできないので早々とロビーのアンマ機で老いた体を揉み解していると、いい光景に出会ったネ。

フロントの女の子とお客さんのやり取りをボーッと眺めていた。
女の子の接客態度、笑顔が最高、自然な笑顔で客と離れても微かに残る笑顔って凄い。
この接客態度に接しただけで『霧多布に来てよかった』気分満点。

帰り際にあの笑顔で「ありがとうございました」って普通のトーンで送り出してくれた。




札幌近辺の客にケツを向けながら一斉に「いらっそゃいマァ~ぁせぇ~っ」って言う店員に見せてやりたい。


この頃じゃ住む町のホームセンターのレジでも言われちゃうんでネ、
語尾を思いっきり上げて
「××円、お預かりいたしマァ~ア~すぅ~」ってなんだぁ!?

更に
「ありがとうぉ~ございまぁ~アぁ~すぅ~っ」ってトーンの高い声でもう一発追い討ち
若い子じゃねぇ~ンだ。
オバちゃんレジ係りが言うかァ!?









f0034392_41372.jpg

バンガローの使用料1500円(プラ消費税)
車中泊の疲れと温泉に入った後湯冷めしないようにバンガロー泊に決めた。


左から物置、管理人棟に右端はトイレ(きれいでした)。

そうして、背景はやっぱり霧。
霧で残念とは全然思わない、だってよ道東だぜ。
地名も霧多布なんだしそれはそれで最高ォ~。










f0034392_422846.jpg

野外で調理の用意をしていると管理人さんが来て
「焼肉専用棟を使いなさい」と

そこでご飯担当の絵描きやさんがハンゴで飯を炊く。
「初めチョロチョロ中パッパ」とかなんとか呪文めいた事をブツブツ、どうも火加減の事のようだ。








f0034392_425173.jpg

蓋が持ち上がった。
「パチパチいうのを待つ、吹いてる吹いてる」
ハンゴの前で気合入ってンな。














f0034392_7432883.jpg

持って行った調味料。

一番大きい容器はオリーブオイル、道中に寄った道の駅でこの容器がテーブルの上に『ありゃ、』

七味
醤油
ウスターソース
ケチャップ
胡椒

ドライ・パセリ
一味

ナンプラー
ハバネロ入りオリーブ・オイル
梅酢

一番活躍して一番『もっと持ってくればよかった』と後悔したのが“梅酢”
焼肉の味付け、サラダにあう。
次からは梅酢を大きい容器(100円ショップ)に3種類持って行かなくちゃナ。

ボリビアの塩を使った梅酢
国産の粗塩の梅酢
瓶に詰めた梅干から出た蜂蜜のようなトロミがある梅酢

の三種。
もう詰めて次回の用意完了。









f0034392_4195736.jpg

おかずはオレの係り、
牛サガリの“梅エキ酢”の酢焼きと茸とハーブソーセージなどとサッポロビールで乾杯!









f0034392_4202328.jpg

マ、色々遭ったし缶ビールを飲みながら一つ一つ冷静に話し合いオレは男の立場で意見を言う。
時間はゆったりと流れていくし、自分を見直すには旅、キャンプが一番だナ。

体調を崩すほど精神的に追い詰められ絵を描く事にも支障をきたしていたし“ンじゃ、旅に出よう”って事で正解でした。

出合った人や風景から色々と何かを感じ取り一つ一つ解決しつつある。

小3頃からの二人旅、二股道路に出くわすと道路脇から棒きれを持ってきて倒れた方に行くそんな旅をしながら“いじめ”や“登校拒否”もやり過ごしてきた。
今回もオレ達親子にゃ立ち直らせてくれる北海道のそれも道東の自然があるんだって、そこんと頃も再確認したよ。

やはり育った土地は良い、札幌近郊で暮らしたって
「オラぁ~釧路ダ」
釧路の悪口を言われるとカッとなってしまう。
生まれ育った土地って、そう言うこっちゃ。










f0034392_4233368.jpg

早朝、ドアの外がうるさい、開けるとカモメ軍団。
軋むドアの音で飛び去った多数のカモメを差っぴいてもこの数、ギシギシいわせて逃げられカメラをスタンバイしている間にも逃げられそれでこの数、カモメのキャンプ場か。

ドアを開けたり、もたついてカメラを向けた時にはバンガロー前の大群に逃げられ
それでもこの数。


そんな事を30分以上やって霧多布のカゴメと早朝から遊び朝飯ィ~っ。







f0034392_4241116.jpg

霧多布キャンプ場で管理棟で手続きをしていたテーブルの上の昔懐かしいお菓子の平たい丸缶に入っておいてあった。
「食べていいよ」

『ホンとかよ』
摘んで噛むと初めバリ、更に噛むと粘りと昆布の旨みが出てくる

ねこ足昆布とか言っていたナ。

キャンプ場を出るためバンガローの鍵を返しにいった絵描きやさんが大量の昆布を貰ってきた。
ビールのツマミにあう。

これから霧多布を出て
根室駅前の元祖花咲きガニ販売店で10数年ぶりに行って食べるゾ。
[PR]
by bacamasa | 2011-07-15 21:43 | 小旅行 | Comments(0)