<   2012年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
終わったと思ったら
f0034392_7351632.jpg

観てきた映画をイメージして、楽しそうにキッキとして描いていた姿を思い出す好きな一枚であります。

10数年前になるのかナ?

その絵の部分を何故ぼかしているかというと、個展前なのと、仕上げを待つ状態の額を目立たせようという、姑息な考えを持ち合わせちゃって、近々絵に負けるか?上手に絵の引きたて役をこなしてくれるか分かるのも時間の問題、ここでは額が主役ってことで。

マットの色はパソコン着色、マットでも悩むんだぁ、これが。




f0034392_7353091.jpg

キャンバスの額に挑戦中!

前後、右左にと、微妙に歪んでいる材料相手に45度カットで悪戦苦闘。

45度を失敗し切り直す事数度、寸法不足になり焚き火の材料、その燃える火を見て落ち込む、その後は飲むしかない、歪んでいなけりゃ一発決まりなんだが(クソっ)

やっと組み立てまで終わり、歪んで隙間の出たところを木パウダー(ランダムサンダーから出た木の粉)を接着剤と混ぜ合わせパテを作って埋め込んだり、色々仕上げ作業が残って『これを仕上げたら額装から開放』と、少し気が楽と思ったのが大間違い。

もう少し大きいキャンバス作品の額を・・・って

飲みながらやるしかねぇ~ナ。



f0034392_891222.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-30 08:09 | 個展 | Comments(0)
あと五日・・・疲れはピーク
気は焦る、作業は時々ストップ。
あと五日で搬入日、焦る。


久しぶりにトマト味の煮込み料理でも喰って


f0034392_0125415.jpg

トマトを喰うと体と頭の調子が良くなる、そんな気がする。
トマトの赤も良いし、美味くて大好物、トマト料理って酸っぱくねぇ~って言う人も時々いるが、入れ過ぎたら酸っぱいかもナ?




f0034392_013269.jpg

スープが少ない?
写真を撮る為に少なくして、撮り終えてからスープを追加。

美味そう(実際に美味い)な存在感のあるトマトの赤、これを喰って作業開始ダ。



f0034392_014591.jpg

好きな絵を一枚発見!
大きめのイラストボードに描かれたもので、それを額装し展示する事に決定したが、額が大きくなる。

頑丈に作らなければならない、釘や90度の固定金具は使いたくない

そこで、材の厚み半分の切り込みを彫刻刀で入れ、そてに合った硬い木のコマを挟み込んで固定した。

額の形は違うがこんな感じで、明日には塗装(保護ニス)し絵を入れ終えると思う。




f0034392_0143865.jpg

夜の作業時は魔法瓶カップでロック、6時間過ぎても氷は、「こうよ」
作業で飲み忘れて数時間後、
きっちり冷えていて最高に便利なマイカップ、ステン製のマイグラス?

ビールを飲む時にはジョッキー。





f0034392_052324.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-29 00:52 | 個展 | Comments(0)
額にはめ込んだキャンバス
f0034392_1874345.jpg

F3(273mm×220mm)の、小さいキャンバスにアクリル絵の具で描いたモノを額のはめ込んでみた。

昨年夏に、道東を旅した途中、一拍した浜中町のキャンプ場をイメージしたもの、背景の山は実在しません。
想像、濃霧で、少し離れると何も見えない、そんな中バンガローを借り一拍した小屋と管理人の人が一羽のカモメに“ゴンタ”だったか?
そんな風な名前を付け可愛がっていた。
それを描いたモン。



f0034392_18254041.jpg

あと一週間となった個展、額装作業の追われっぱなし、搬入と展示作業もある。

期間中も、トラブルに対応できる体勢をとっておかなくてはならないし、あれやこれやと考え毎日毎晩『深酒』

いい個展になるよう、もう一踏ん張り。
[PR]
by bacamasa | 2012-03-25 18:35 | Comments(0)
古い新聞紙が食卓テーブル
f0034392_1922490.jpg

畳みの上に新聞紙を敷いて・・・新聞紙がここ暫らくは、食卓テーブル。

食卓テーブルは、額を作る作業机になってしまい、食卓テーブルとして機能していない。
と言うか出来ない。







f0034392_1923728.jpg
f0034392_19231881.jpg

家の中で、キャンプ気分をと思えば、これも楽しい・・・かも?


この食べ方の方が、会話がよりいっそう弾むような気がする。
いつもと違う所で、畳の上に新聞紙一枚が、そう思わせるのかもしれないナ。







f0034392_20273844.jpg

大粒の苺を買ってきたが、苺の売り場に何でチューブ入りのコンデンスミルクが置いてあるんだ?

『コンデンスミルクも一緒に買っていって、苺にかけて喰えってことか?つう事は甘くない苺ってことかもナ』
と思いながらコンデンスミルクも買っちゃった。

残ったコンデンスミルクの口を銜え、ズルッと口いっぱいに吸い込んで甘さを楽しむのが大好きなのよ。


でダ、苺は甘味不足だった。
ミルクも買って正解。







f0034392_2028679.jpg

平和な江戸時代の浪人の傘貼り内職のように、カットして接着剤を塗り、張り合わせたりでまったくそのもの、
接着したら削ったり、サンドペーパーをかけ保護塗装と手間がかかる。






f0034392_20283440.jpg

バックはギャラリーの壁色を想像し、材料の色をそのままにしてみた。
手を加えるとしたら、」どの辺か?





f0034392_22454777.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-23 00:00 | ぼやき | Comments(0)
サンドイッチ看板塗装
f0034392_14502073.jpg

物置に緑色の黒板用塗料があるはずと探してみるが、何処の隅に潜り込んだものか見つけれない(又だよ!)

これ以上探す時間が勿体無いので、スプレーの黒板用の黒を買ってきた。

前回は緑色だったので、黒板の字の通り『黒』を使う。





f0034392_23291.jpg

4回噴きつけマスキングを外す。

いい感じダ。





f0034392_2322158.jpg

後は、完全乾燥を待つだけ、最初に書く言葉が楽しみ。
[PR]
by bacamasa | 2012-03-22 00:00 | 個展 | Comments(0)
春は遠い、個展は近い。
f0034392_2239452.jpg

雪どけも一服、すんなりと春は来ねぇ~ナ。

ランダムサンダーで、これから作る額を研磨しょうって時にこの天気、「このクソッ!」





f0034392_22392076.jpg

ハバネロパウダーが残り少なくなったので、札幌に出たついでにと・・・ところがパウダーが無くて、ハバネロソースを買ってきた。

パウダーが無いんじゃ仕方がない。

それにしてもハバネロソースってのは、チト違うんじゃぁ?

舐めってみる、辛いがパウダーの辛さとは別モン、ラーメンに入れてどうよ?って気がする。
ピザになら合うナ、餃子にも、でもラーメンや蕎麦、うどうんにはどうか?

ハバネロパウダーを振り掛ける、程なく鼻がムズムズして麺類を喰う前にクシャミの連発、空気中に飛んだハバネロパウダーを吸い込んだらしい、それから頭髪の毛根から、皮膚の毛穴全てから汗を噴出しながら喰う。

ハバネロソースじゃ、そうならないと思う。
詰まりかかった血管も、辛さで膨れ上がり血流が良くなるようなパウダーじゃないと駄目でしょう。

明日、試してみる。




f0034392_22394595.jpg

裏側、最初はこちら側が表になる予定が『裏』






f0034392_22395668.jpg

古ぼけた感じにしたい。

塗り終えたらサンドペーパーの出番か?





f0034392_22401367.jpg

表、ゴベッとしたのは良い、古ぼけた感じが出ませんテぇ。





f0034392_22402033.jpg

裏っ。





f0034392_22403093.jpg

メディウムを塗って、作品を入れ壁に飾り様子み中。

これで、出来上がりが10個、買った額も使うがもう10個くらい作らないと、枠組みしたのは沢山(あと20位)ある、仕上げが間に合ってくれればナ。




f0034392_22411320.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-20 00:00 | 個展 | Comments(0)
色画用紙を使ったマット
f0034392_1213077.jpg

銅版画作品を自作の額に入れマットは色画用紙で額装をしてみた。

左が実際の色画用紙マットでアクリル板も入っている。
右はマット部分、2色をパソコンで色付けしたイメージ額装、作品に合っていると思うのだが?

色画用紙の色に、好みの色が少なく色ノイローゼだ。
当然、酒の量も増えるし階段から転落しないようにしなくちゃナ。


色画用紙をカッターで切り、四方を何ミリ単位でって切っているうちに『かたっ苦しいくねぇ?』と感じちゃって
それを、絵描きヤさんに言うと「極端でなければいいんじゃない」

じゃっ、てんで微妙な変形、歪みで遊んでもみている。

あと半月か、なるべく今まで展示されていない作品をと額装に奮闘しているのだが、枚数は十分なのか?



f0034392_062162.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-19 00:07 | 個展 | Comments(0)
メッセージボード と 缶詰料理
f0034392_2251341.jpg

歩道から見える、展示会場のウインドーに置いて、通行する人にを送るボードを頼まれて作業中。

大きさは横330mm、縦600mm、コンパネ(ベニヤ板)部分は、黒板用塗料を塗って歩道側に面して置く、
コルクボード面は会場内に面する訳で、どう使うのか、今から楽しみ。

近頃、
『展示用作品の額装が間に合わない!』とか、

『作品が足りネェ~っつううの!』と怒鳴ったりしている夢をよく見るようになってしまった。

“せっかく足を運んで観にきた人をガッカリさせて帰すのだけは、させたくない”との思いが、こんな形になって夢をみちゃう。

当の本人は完全マイペース

夜中に夢で目を覚まし、パンツ一ちょで下りてビールを飲んでいるオレって

おかしくねぇ~っ?





f0034392_2334771.jpg
f0034392_2335937.jpg

安いトマトの水煮缶と、これも一番安いサバの水煮缶の超簡単料理。

両方共、一缶丸ごと鍋に、サバは汁を先に魚は出来上がる寸前に入れ、水はトマトの缶一杯入れ塩少々(小匙1弱)、具は、冷蔵庫の中にあった残りもの野菜や2~3本残っていたウィンナーとかでいいんだよ。

贅沢?気味なら貝とかイカなんていれても美味いハズ。
非常食用にトマトの水煮缶と魚の水煮缶を備蓄しておくとトマト好きには最高だね、庭の隅にでも埋めて置くかな?なんて事、考えたりしてました。

トマト料理って酸っぱくない、酸っぱいと思っている人は是非トマト料理を喰うべきと思っている。


f0034392_23455438.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-18 00:00 | Comments(0)
ツララ と スープ と 額装 と DM
f0034392_1655215.jpg
f0034392_166214.jpg

ツララの奥には、崩壊寸前の小物用棚になっている手作りカヌーがある。

この大雪で何処まで壊れているのかと、ここまでくると雪解けが逆に楽しみでもあるなぁ。





f0034392_1663578.jpg

玉ネギを炒め、スープを飲もうって魂胆、ここから更に炒める。




f0034392_167734.jpg

外側パリっ、中トロっ



f0034392_1671973.jpg

腹ごしらえして、もう一踏ん張り、『額とマットの色はどうする?』と考え過ぎてカラーストレス?だ。

食事して、もう一度考えるか。





f0034392_16172184.jpg

食事をする食卓テーブルの3分の2がこの状態、残ったスペースで食べている訳です。

額を作って作品を入れ、テーブルの上では『いいネェ~』と思っても、壁に掛けると雰囲気がガラリと変わる、
いい方向に変わってくれるのならいいのだが、その反対もある。

考えないようにして食事をしようとしても、同じテーブルの上がこの状態じゃ、色々考えちゃう。




f0034392_1617318.jpg

出来上がって、出番待ちの一部、『十分な枚数、出来上がったナ』と数えてみると、まだまだ足りない、
きっと数えて満足していた時、酔っ払っていた。

正気で数えると、酔っ払っている時の半分、ど~ォしょうもないナ。




f0034392_16175233.jpg

近くを通ったときには、チラ見していって下さい。



f0034392_1831899.jpg

やっとDMが届いた。

遠くの人から『ハガキが欲しいので送って下さい』との連絡が多数あって、DMに興味をもってもらえて嬉しいじゃァ。
[PR]
by bacamasa | 2012-03-15 00:00 | ナンだア? | Comments(0)
 焼きリンゴ と コンビニ   
深夜、ビールを買いに近くのコンビニへ行き、500ml缶6本パック二つ持ってレジに行くと
「ここを押して下さい」ってレジのお兄ちゃん言うんだ。

“20歳以上ですか”の文字の下に“はい”があって、そこを押せっていうんだ。

「棺桶に片足突っ込んでいるような、オレが未成年に見えるかぁ??」

「・・・・・・・ここを」って

なにか、凄く馬鹿馬鹿しく、イライラのイラっとして
「じゃ~、いらん!!」と買わずに帰ってきて、車で遠い別のコンビニで普通に買ってきて飲みました。

未成年かそうでないのかくらい、レジの係りに判断させって、
ほかのコンビニの方が安いし普通に買えた。
訳分からねぇ~な。







f0034392_1927459.jpg

リンゴの芯抜き、やっと上手に貫通することができるようになったかな?

最初は斜めに抜いて、何度もやり直して芯を全て抜き終わったら、リンゴに大きな穴、食べる所が無かった。






f0034392_19275537.jpg

これなら、文句なし





f0034392_19303865.jpg

上とケツから半々に芯抜きしたので若干くり抜いた穴がいびつもOK。




f0034392_19305657.jpg
f0034392_1931839.jpg

焼きリンゴを食べながら

『この頃、カッとなりやすくなったナぁ~、』と反省。

歳を取ると、気長になるって嘘かもしれない、

先が短くなってくるので、気持が焦って短気になる・・・きっとそうだな。


リンゴ、美味い!


f0034392_205580.jpg

[PR]
by bacamasa | 2012-03-14 00:00 | ぼやき | Comments(0)