<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
冷やし瓜
“冷やし瓜”を作って喰わせてくれたのがオフクロで、喰ったオレは12~3歳だった。
汲んできた冷たい井戸水に生味噌を溶いてキュウリのスライスを浮かべた汁を冷や飯にぶっかけて「ほら、喰え」


こんな食物見た事ねぇ~
「美味いなぁ~、美味いナァ~」と鼻をウガウガ鳴らしながら喰っていた。

現在その通りに作って喰った。
『なんて不味いンだ!?』

あの頃は目先の変わった物を喰わされると「美味めぇ~、美味めぇ~」よ。
ヤギみたいにウンメェ~




f0034392_20381191.jpg

今日も「冷たくてサラッと入るモノが食べたい」

ンじゃ「冷たい飯」

クソ暑い中でのダシ取り





f0034392_20382771.jpg

ダシを漉した洗い物、





f0034392_20383768.jpg

カツオのダシがら、ピリ辛佃煮を作るような量じゃない、乾燥させ粉末状態にして畑の肥料だな。




f0034392_20385171.jpg

アジの開きを焼いて身をほぐした。
これも入れる。



f0034392_2039414.jpg

絹ごし豆腐の水をきってクタクタに潰しこれも入れる。




f0034392_20392498.jpg

ダシを冷やす、最終的にはビニール袋に氷を入れてダシの中に浮かべて冷やす。
この段階ではカツオと昆布の煮出し汁、他はなにも入っていない、井戸水とは大違いだ。



f0034392_2039362.jpg

電子レンジでチンした茄子が二本と金串が1本




f0034392_20395441.jpg

切り口に金串を刺してガスレンジで焼く、手っ取り早く焼き茄子を作ろうって訳。
程無くして切り口から茄子の水分が蒸気となって金串を持つ指先に噴射熱いったらねぇンだ。




f0034392_20441519.jpg

じゃっ、てんでフライパンで焼き焦がす。
焼けたら皮を金串でそっと浮かし摘まんで剥いでいく、茄子の焦げた匂いがいいんだナ。それを細長く裂いてこれも最後に載せちゃう、ワカメも一緒




f0034392_20441498.jpg

水をはった寸胴に裏返った丼が沈んでマす。
あるモノを冷やしてんだ。

すりゴマも入る。

もう一つ大事なモノが入ってンだ。
自前の“大葉味噌”これで味がピタッとしちゃんだよ。


f0034392_2045345.jpg

皮を剥いだ焼き茄子。
ここから作りながら写真を撮るのが難しくなって

ここでお仕舞い。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-31 00:00 | 料理 | Comments(0)
連続の猛暑と冷たい麺
f0034392_21371924.jpg

この大きさの鉢植えバジルが4個、今日で3度目のバジルの葉を収穫、虎刈りの綿羊を思い出す情けないナ。
上手くいったらもう一回収穫できそうだ。




f0034392_21373476.jpg

今日の分で550gのバジルペーストが出来た。その他に小瓶に一個(行き先は決まっている)

バジルの葉      採れただけ全部
胡桃          45g
松の実         20g
オリーブオイル    ミキサーが辛うじて回り攪拌できる量
ニンニク        好みで量を決定
塩            今回はパスタに絡めて食べる事も考えて塩味強め
             トマトなどに載せて喰う時用には塩分控え目

これで冷凍保存が」800g・・・一年分にはたんねぇ~ナ。

4~5日前、じゃが芋の跡にバジルの種を蒔いてやったら、今朝芽をだしていた。
なんとしても一年分のバジルペーストを確保しなくちゃナ。





f0034392_2138387.jpg

連日の猛暑
『晩飯は米の飯で』と考えていると

「暑いねぇ~、今晩冷たいうどん食べたい」の声が階段を下りる後ろから飛んできた。

『猛暑日と冷たい麺、何時まで続くダァ?』
気を取り直し冷たいうどんよ。
体の事を考えて、具をあっさりコッテッと載せて出した。

具は

薄卵焼き
焼き茄子(皮は剝く、裂いて麺つゆで味付け)
挽き肉と魚肉ソーセージ
ベジタブル野菜
ミニトマト
ワカメ
キュウリの千切り

中間で麺つゆ味の摩り下ろした長芋をいれて喰う。



f0034392_21381935.jpg

麺を喰い終わって覗き込んだ丼の中が「きれい」よ。
勿論つゆも飲んで完食も
『オレ米の飯くいてぇ~』


こっそりでもないが一人で米ご飯で「ニッポン人飯を喰った。


冷たい色々な麺を喰いたいって!!
今度から味を少しずつ落としてやろうかとも思う。
(ヒィッヒッヒ~)
[PR]
by bacamasa | 2012-08-29 00:00 | 料理 | Comments(0)
飯をかっ込んで、健さんの『あなたへ』を観てくる
f0034392_1903969.jpg

高倉健さんの『あなたへ』を観に行く為に簡単美味飯の材料を収穫、主役はキュウリよ。




f0034392_1905420.jpg

何かが原因で落下した未熟な梨、なにか美味く喰う方法はねぇ~のか?




f0034392_191444.jpg

昨日のキュウリ4本、今日のをあわせると7本昨日の分4本を奈良漬けの漬け味噌で漬けてみた。
キュウリの奈良漬けもどきが出来ると良いではないか。
なんて言う軽い気持で漬かるのを待つ。




f0034392_1911582.jpg

カツオと昆布の冷やしたダシに生味噌と去年作って保存していた大葉味噌を溶きキュウリの薄切りを入れ
冷や飯にかけてスプーンで喰う、喰った。




f0034392_198631.jpg

久々に健さんの映画を観るとなると、チケット購入後、用心に為にトイレに駆け込む。
入ってこの一番上のこれは蓋かぁ?
少し迷ってこの上にケツを乗せると「いってぇ~!」
左のケツを何かに挟まれた。

原因は薄っすら写っているひび割れに挟まれたらしい。
その痛さで戦意(便意)喪失。

携帯の写真を見せ
「これ、蓋?それとも便座か?」と聞くと
「上のは子供用じゃない?」




f0034392_1982869.jpg

案内掲示ばんに“準備中”点灯なので腹ごしらえをしながら待つ。
便座のひび割れに挟まれたケツが痛てぇ~。




f0034392_199145.jpg

館内に入ると、“あなたへ”年代が居る。
まず、この年代にしてマナー悪過ぎ、上映中携帯を開いて光らせる者がチラホラ、携帯の着信音と、いい歳喰ってなにやってやんだイ!?
って状態よな。


ストーリーは具の盛り過ぎだったかな?






f0034392_19153651.jpg

高倉健さん81歳、格好良いんです。
後ろ姿が良いのよ。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-28 00:18 | 映画 | Comments(0)
硬いオージービーフ
f0034392_2219168.jpg

スーパーの肉売り場で
「肉喰いたくねぇ~?」
「焼いてヤァ」ってんで、こうやって喰う。

肉の硬さが問題ダ。
そこで赤ワインで長時間煮込んだ。

なんでこうも焼くと硬い?
オージービーフって『オジサン牛の肉』って意味なのかぁ?

野菜は保々庭先栽培モンです。
皮付き焦がしじゃが芋が美味い、皮を厚く剝いて棄てちゃうのってもったいない話よ。

白老牛を自分で岩塩と粗引きブラックペッパーで焼き喰いたい。
と、この肉を喰いながら考える。




f0034392_22191958.jpg

キュウリの浅漬け、これがオレの一回分。

キュウリを切って適度な塩分にした水を適量作り、これらをフリーザーパックに入れて軽く揉む。
それを冷蔵庫に放り込んで半日~一日置いて喰うと美味いんだ。





f0034392_22204552.jpg

家の北側から採った『そろそろお仕舞いかナ?』と思わせるキュウリ、トマトはこれから赤くなる。




f0034392_2221195.jpg

南側、青いトマトは間違って落としちゃったので天ぷらにして喰うつもりだ。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-27 00:00 | 料理 | Comments(0)
今年の収穫一個の坊ちゃんカボチャを喰う と 本
f0034392_1321428.jpg

坊ちゃんカボチャの苗を一株買って日高の馬糞肥料使い育て収穫したのがこれ一個よ。
肥料と手間ひまを計算すると高価なミニ・カボチャ、何日もこの皿に乗せて考えた。
『どうやって喰えやぁ~いいんだ』って、今日、思い切って喰っちゃうことにしたが、
この大きさじゃ二人前弱か?




f0034392_133726.jpg

順番は左上から横にいくが説明は無し、焼く手前のチーズを乗せた写真を撮るのを忘れちまった。
だから、自前のトマトとパン(市販)の写真で上下3・3で揃えたって訳。




f0034392_133765.jpg

残暑厳しい一日を元気で講師を務めてくるには丁度いいボリュームかと考えている。










f0034392_162476.jpg

カバーの端が磨り減っているが古本屋で買ったモンではない、ポケットに突っ込んで何度か読み返していたからなんだな、
部屋の膨大な本を始末しようと引っ張りだすと棄てられない本の方に回してしまった一冊だ。

14本の川をカヌー(カヤック)で下った旅行記で、北海道は釧路川と尻別川を下ったが載っかって、釧路川がトップ、この事も単純に嬉しい。

“釧路川は全長129kmとなっているが実際は110km前後であろう”と書かれている。
釧路に居た頃の秋に五十石まで達磨ストーブで暖をとらせて走る鈍行列車に乗って釧路川へ釣りに行った。
薄っすら積もった雪と氷付き始めた川岸を釣りながら茅沼まで下がってくるといった釣りを、数年前久々にその事を思い出して25万分の1の五十石地図を買い見てビックリ、
五十石~茅沼までが釧路川排水路になっちゃっていた。

元の流れは小さな沼になって点在している、地図を眺めて行くのを止めたよ。
今度行くチャンスを作って見て釣ってみようと考えている。
そう思ったのもこの本を読み返したからだ。

湿地帯を直線化した川の水が一気に流れ乾燥化させて農地に、牧草畑とか、今度は曲線に復元しようって?
もう始めているもかもしれんんナ。

元気のいい川、死んでいくような川などそんなニッポンの川の事が皮肉交じりでユーモラスに書いてあるのでおすすめダ。

生活排水で洗剤の泡まみれの多摩川を

“一体、これはどういうことなのか。
魚も洗剤に洗われてあんなにきれいになったのか。”

奇形の魚が釣れると思っていて、釣り上げた魚を見てそう書いている。

オレの住む町で、何年か前に下水処理場から処理しない糞尿を川に流し新聞に載った事があった。
「川で小便しても10m流れたらきれいな真水になる」って言ってた人がいたが、少しの小便も集まると小便川になっちまう。

環境問題に興味がある訳じゃない、魚がいなくなり釣りをしても釣れない、つまんねぇのよ。


f0034392_19454121.jpg

鯉のぼりの目のような赤丸の中に黒い丸印の上がJR五十石駅、下が茅沼駅です。

青い途切れ途切れの曲線が旧釧路川で赤が直線化された排水路化された改修釧路川排水路?


蛇行しながら流れ大地に水を滲みこませ釧路湿原を作っている、直線化にしちゃうと湿原は干し上がってしまうし、魚が休む流れのゆるい場所も無くなってしまう。

スポンジを硬く絞ると水に浮いて水を吸い込まなくなる、湿原にもそう言えるんじゃねぇ~の。
元の蛇行した川に戻してどうよって思うのよナ。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-26 00:00 | 料理 | Comments(0)
本日の調理長
f0034392_15185912.jpg

仕事場に昔懐かしい提灯が1個、ど~ォ~ゆうこっちゃ?
暗くなって窓の下の長椅子で涼んでいると提灯に火を灯し現れる。
「歳いくつになった?」と言うと
「まぁままま、気にしない気にしない」とニカァ~。




f0034392_15191399.jpg

咲き方がいい。




f0034392_15192133.jpg

これ、八重なんだが開き過ぎて、もう少し小ぶりに咲けないのか?
と毎年イラッとくるムクゲ、咲く前っつうかこの感じを楽しんで、開ききった大開の花はなるべく見ないようにしているブスなムクゲ。



f0034392_15194870.jpg
f0034392_15195583.jpg

瓢箪の花ダ。





f0034392_1520431.jpg

「冷たいうどんを作ってご馳走しますネ」
って調理担当を申し出てきた。

大根おろしにキュウリも摩り下ろし混ぜ込んじゃったナ。
その他のトッピング材料、大葉とパセリの微塵切り、長ネギ、キュウリにミニトマトに刻み海苔。



f0034392_152022100.jpg

ガッチリかつおダシがベースの冷たい汁をかけて




f0034392_15204548.jpg

小学一年頃から普通に料理をして食べていたので結構なモンよ。





f0034392_15205810.jpg

こんな感じ、作ってもらい喰うのって「えぇ~もんだ」

美味いネ。




f0034392_2121684.jpg

プラムの枝にぶら下げて晩飯前に涼んでいる訳ダ。

ローソクは10分弱で燃え尽きる豆ローソク、このローソクを買って正解。




f0034392_21212947.jpg

ドブも家族の一員、

その他に

老いぼれトマト、
ピンクのゴミ豚のブヒ、
ドイツの“うんモゥ~熊”
東南アジアの白熊、
その他多数でこの頃じゃオレの揺り椅子や食卓の座る場所を占拠していて『むっカァ~!!』
オレの居場所がねぇ~ンだ。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-24 00:00 | 料理 | Comments(0)
猛暑日の涼み場所
f0034392_053171.jpg

SEIYUとJR手稲駅と手稲区役所がくっ付いている処に用事で行ってきたが外気温は猛暑日、
そんな中方向音痴全開運転であっち走りあっちから戻りやっと目的地の建物前も反対側に行かないと駐車場に入れネェ~。
線路沿いの道を走り踏み切り探しやっと反対側も随分離れてしまいましたです。





f0034392_0111063.jpg

ここに座って
「涼しいィ~な」



f0034392_01117100.jpg

娘がドイツに行く数日前にも来た。




f0034392_0113277.jpg

コーラとアイスでチョロッと作戦会議?
こんな風になんとなく話した事が実現出来たりと、大事と思わないが大事な時間なんだナ。
「お年寄りが多いネ」って




f0034392_0114595.jpg

あの長椅子には入れ替わり立ち替わり年配(お年寄り)の人が腰を下ろして涼んでいる。
女の人は3~4人固まって楽しそうに話をし笑い声をあげてもいるが、男は目の前の一点を見詰めている人、
携帯をギリギリまで近ずけ文字を打つ、首をクィッと上げて確認の繰り返しをしている白髪の人。
会話が無い、「あの中にオレが座っても違和感ないんだよな?」と言うと、
「だよネ」と送り込むような一言。





f0034392_0115593.jpg

こんなの買ってどうする?
「おにぎり作ってこれで包む、そして自転車行こう?」




f0034392_01224.jpg

なんだか知らないが、こういったモノに興味を異常なまで示す。
で、買った。




f0034392_0121277.jpg

オレはキッチリ練ったり混ぜる為にプクンと小ぶりで厚い木ベラを買う。






f0034392_012203.jpg

上が長年使用しているスヌーピーの木ベラ、ボウルを起こし気味にして練り込むには少々広すぎる、今回買ったものはボウルの丸みにシックリくるだろうし、ヘラ部分が厚く小ぶりなので練り混ぜやすいハズ。
値段も100均並みの安さだし、こういうのってつい買っちゃうのよ。




f0034392_0123228.jpg

「農家さんからたくさん頂き食べ切れませんので」とお裾分け、昔喰ったとうもろこしは指で弾くようにするとポロポロと芯から外れたよな、今のは柔くてそうは出来ない、でとうもろこしが嫌いになっちまった。



オレの部屋に娘がパソコン指導に来た。
途中FM放送でギャハハでご機嫌な音が連続して流れパソコンどころではなくなって、酒はグイグイ、久々な時間よ。

娘世代に威張れる「オラァ~、ビートルズもジャズもリアルタイムで聴き育った」って事だけ、だな。
『若い頃はよく聴いてたモンよ』ってオヤジが多いがよォ

オレは今も聴いてンだぜぇってことだナ。

この調子だと明日は二日酔いだ。

多分。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-23 00:27 | ぼやき | Comments(0)
少し賑やかになってきた
少しずつ賑やかになってきた。
紫?のムクゲを植えようと思った動機がジョージア・オキーフの絵を見てだった。

ムクゲって花が咲いて種を付け落ちて増える増える、花びらが思いっきり開いて咲くのは好きじゃネェ~。
せいぜいこの位が良いのだが開き過ぎなのが多い。


f0034392_18541467.jpg

この色のこのムクゲを高く育て満開にして楽しもうと物置前に二本植え育てていた、それを冬に雪下をかいくぐっての鼠が二本の根元から20cmくらいの樹皮を喰ってしまい1本は根元から切断、残った方も咲くには咲いたが少なっ。





f0034392_18542622.jpg

白い花びらの中央が赤い丸、日本の国旗と似ているムクゲ、



f0034392_18544593.jpg

白ムクゲだ。

この太い木も大雪でやられてしまった。
根元から2~30cmの所から切断、今細い枝が無数に伸びてきて元気元気な木よ。





f0034392_18544874.jpg

紫ムクゲの八重バージョンってとこだ。

明日の朝には咲くナ。




f0034392_18554817.jpg

白八重の赤丸ムクゲ、これいいよな。

まだ種類の違ったムクゲが有るのに雪で今年は咲けない。

ムクゲの春先は、アブラムシ駆除でけっこうイラっとさせられちゃう。




f0034392_18571238.jpg

のっぱらから持ってきた野生の萩、なんでか知らんが大好きな花なのよ、今年は白い萩も混じるが成長が野生モノと比べると遅い、何年か後の野生と白を入り乱れて咲かせようと考えて植えた。
そんなこんなでオレんチの庭は過密状態、これも問題ダ。




f0034392_18572344.jpg

狭い敷地を我が物顔でのさばっているミントの花、伸びすぎたら刈る、庭にミントの香りがして良いんだ。
伸びすぎたら刈ればいいのでドーって事ネェ。




f0034392_1857397.jpg

ニラにバッタ。
食用として植えているニラではない。





f0034392_18574664.jpg

ニラの花が可愛いんで勧賞用ニラにバッタが許可無しで登っている。
あれっ!?最近のニュースに似てねぇか?




f0034392_18581059.jpg

雨風で飛んできた葉っぱと朝飯のサラダにともぎ立ての熟れ損ないナ甘太郎トマト。
酸っぱいだろうからヨぉ、サラダに刻んで混ぜたら味付けに一役って思うのよ、マヨネーズとかドレッシングの量が少なく済むだろうし『これって節約??』




f0034392_18582214.jpg

って、こうよナ。
自棄気味に乗っかっている緑色の葉っぱは育ちすぎて喰いきれないサンチュ。
ここまで育つと“ノー・サンチュ”だな。

写真撮る時間がなかったがぁ、オニオンスープとパン。
玉ネギを練りチョコレート状まで炒めるってのは、もう労働よ。

蒸し暑い、夜になっても変わらない蒸し暑さウィスキーをロックで呑んでで呑んで気絶睡眠しようと思う。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-21 00:00 | 植物&花 | Comments(0)
バジルペースト・キュウリのつけ麺タレ
f0034392_114747.jpg

2回目のバジル収穫、もう一回採れそうだナ。





f0034392_115234.jpg

今回もバジルに胡桃とニンニクと塩にオリーブオイル。
ここまでにするのが大変なのよ、空回りになるし上から突っついてやらないとならない、時々突っついている菜箸が刃に当たる。





f0034392_1153726.jpg

出来上がったのでフリーザパックに入れて計量する、550gのバジル・ペーストが出来た。





f0034392_1154586.jpg

前回が400g、今回が550g、プランタンに残って育つバジルで500~600gは作れるから、大量消費するパスタに使わなければ来シーズンまで間に合うハズだが?




f0034392_11104751.jpg

晩飯にまたまた冷たいつけ麺うどんが喰いたいと注文、それも変わったつけ汁で、
『どんなタレにすっか?』と考えていると先程採ってきたキュウリが目に付いた。






f0034392_11113762.jpg

カツオと昆布ダシの濃い目醤油と少々の酒と味醂ダレを作って冷たくし、キュウリを摩り下ろし酢をキュウリ1本に対して小匙1の割合、キュウリの青臭さを消す役目を果すンだ。

簡単には市販の麺つゆにキュウリを摩り下ろしてでも良いハズ。
挽き肉と卵焼きにはキュウリが入る前のタレを使って味を馴染ませている、特に挽き肉の『オレは挽き肉の炒めダ』って味を和らげているつもりよ。




f0034392_11133654.jpg

八重のハマナスがまた咲き出した。

奥尻産のハマナスはまだ1個も咲いていない

「ど~ぉゆうこっちゃ?」




f0034392_111412.jpg

このムクゲも咲き出した。





f0034392_1114925.jpg

朝、「バジルのパスタを食べたい」って

『もう大量消費かよ』と思いながら

「いいですよ」ってかぁ。





f0034392_11194446.jpg

「ンまぁ~」
「金取れるよなぁ~」
と、色々つぶやきながら喰っていた。

オレも喰いたいがバジルペーストの残りを考えたら『喰えネェ』





f0034392_11201120.jpg

ゴーヤを貰った。
ピーマンも入っていた。

ゴーヤの料理方法を良く知らないんだナ。
ゴーヤチャンプルにするくらいか?

More『 ヒグマごみを採食』という新聞記事
[PR]
by bacamasa | 2012-08-19 00:00 | 料理 | Comments(0)
田舎の祭り
f0034392_20212698.jpg

祭り最終日にプラっと散歩がてらに神社の公園まで





f0034392_20215089.jpg

最初に飛び込んできたのが“とうろう流し”、流れていく燈篭に手を合わせ『あぁ~ニッポンの風景だナァ』





f0034392_20221769.jpg

遠くで(本当は近い)太鼓と笛、盆踊りの唄が聞こえるし「良いナァ~」ってモンですよ。





f0034392_20224137.jpg

夜店通りは賑やか、オレの好きなお面ヤが今年はいない植木ヤも




f0034392_20225396.jpg

人ごみに混じってチョロキョロと歩くのがいいんだナ。




f0034392_20232320.jpg

知り合いのワタ飴売り二人が店を出していない、一人は豆腐を食べていて奥歯が欠けたなんて言って「ギャハハハハ」と笑ってビニール袋に入ったワタ飴を突き出して「金はいらねぇ~」

もう一人は「ウン」と一緒に歩いている娘にワタ飴を突き出し、モゾモゾしながらオレの顔とワタ飴を突き出しているオッちゃんの顔を見て『どうしたらいい?』

もう一度「ウン!」と娘に渡し大きく手を振って渡そうとしたお金を『いらねぇ~よ』
このオッちゃんは亡くなったと聞いた。

もう一人の噂も耳に入ってこない。

今年のワタ飴売りはバリバリの若い人だった。
ワタ飴売りの世代交代っつうやつだナ。




f0034392_20242235.jpg

「これ食べよう?」

1個買って盆踊り会場で半分ずつ喰いヤツは踊りの輪に、輪っていっても3分の1輪くらいだった。





f0034392_20243545.jpg

帰りにもう一度よって
「三個ください」

帰って今晩の飯。

左手にぶら下げているビニール袋は先ほど喰った空箱、こういうモノは祭り会場で喰うのが美味いんだな。

家で喰う、「何かがタンないなぁ」

雰囲気か?



f0034392_2025095.jpg

広島名物焼きたての(少し時間経っている)“お好み焼き”





f0034392_20251095.jpg

神社でおみくじを引いて、布袋に手を突っ込みモゾモゾ、出てきたのがヤッパこいつ。





f0034392_20252580.jpg

車屋の前で以前の愛車とご対面、本気で売る気なんだ!?

見た目と加速はバッチリ、燃料はハイオクで近所走るとリッター3,5~4てとこかな?

ジャッキアップして底を見て、ボンネットを開けてチェック、そうして買わないことだナって思うゼぇ。







札幌市平和バーチャル資料館 戦争体験談/学習資料のイラスト・・・・・・・・学習資料②と③のイラストを二年続けて担当したのが佐藤久美子です。
[PR]
by bacamasa | 2012-08-18 00:00 | Comments(0)