ジョー メイ ツー
f0034392_1224896.jpg

洞爺湖温泉街の一本高台山側道路を歩いていると足湯発見、先客二人そこへ「こんばんわ」って仲間入り
二人の会話、中国語、一人が英語を少し話せて意気投合『足湯の友』の出来上がり。

台湾の郵便局に勤めていて退職し元同僚の相棒とツアーで北海道に来た。

「台湾に来たら知らせろ、案内するから、何時来る?」

「何処に泊まっている?車?シャワーどうしてる?」

「メール交換しましょう」

アドレスと名前を交換すると

「久美子?」

「台湾の言葉発音で久(ジョー)美(メイ)子(ツー)と言う」

久美子を台湾読みすると「ジョー メイ ツー」となるそうだ。


メール交換たって社交辞令だろと思っていたら帰宅後メールがくるくる。
メールでも、“何時来る?来たら台湾のいい所案内する”ってよ。
フレンドリーな優しい大阪のオバちゃん風な人達でした。




f0034392_1813859.jpg

久美子とふりかなはジョー メイ ツー本人が聞きながら書いた字ですよ。

下はアドレスと名前を大阪のオバちゃん風台湾人が書いた
『やっぱ、漢字の国の人だ』と思わせちゃう字だ。

写真でメガネのオバちゃんが持って書いているのがオレのスタンプ帳にしているこのノート。




スタンプは後々『あんときゃ~何処へいってた?』といった時に役立つンで出来るだけ押しとります。
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-09 00:00 | 小旅行 | Comments(0)
洞爺湖畔で花火見物 (9月13日)
f0034392_11572177.jpg

ポロト湖畔これを行くと




f0034392_11575150.jpg

この風景ですよ。
これを更に行くとポロトの森キャンプ場で一回200円シャワーを浴びてきたいい所。
建物もログハウス風でその奥がキャンプ場。

カヌーを積んで走るべきだな、北海道は特に道東はナ。






f0034392_11595692.jpg

道の駅『とうや湖』のホタテ汁100円美味い。
握り飯を頼むと「品切れ」

「このパンを良かったらあげますよ」って
貰っちゃった。




f0034392_1203575.jpg

先にホタテ汁を飲んでいた中年男女の女性が
「これ100円だからまぁまぁいいんだけれど、300円とかだったらねぇ~」って
どう解釈したいいんだ、これから頼もうってのによ

一杯100円で美味いホタテの味噌汁、なにが不満だったのか「分ンねぇ~な?」
ショッとして味噌汁を作らしたら達人って人かぁ?
オレは満足。





f0034392_12124651.jpg

今夜は洞爺湖畔の駐車場で一泊。
温泉街の入り口にある小さな駐車場、トイレもあるし目の前がこうよ。
夜には洞爺温泉恒例の花火大会が湖に浮かぶ船から打ち上げられるっていう絶好の場所。




f0034392_12132983.jpg

止めた車の前がこうです。
隣に大きな本州ナンバーのキャンピングカーが二台それぞれリタイヤ風の夫婦が夕食をして楽しそうにしていたが、奥さん二人が湖の柵から身を乗り出して二人ともなにやら振り落としているようよ。
身を起こし振り返るとそれぞれに片手にフライパンを持ってキャンピングカーに入っていった。

フライ鍋の食べ残しか洗うかした汚れを湖に棄てたのよ。

日本には都合の良いことわざがあるもんな

“旅の恥はかき棄て”

今は “旅のゴミと汚れは投げ棄て”に変わっちゃった。






f0034392_12132623.jpg

羊蹄山





f0034392_1214837.jpg

これも羊蹄山
蝦夷富士っても言われている。







f0034392_12151015.jpg

えぇ~ですのう~。






f0034392_12153444.jpg
f0034392_12154513.jpg
f0034392_12155676.jpg
f0034392_121688.jpg

20:30過ぎてから花火が打ち上げられた。
宿泊も無料それで花火も観れる文句なし
打ち上げ花火が終わって一杯飲み夢ン中。

洞爺湖周辺いいところだらけ、明日が楽しみダぁ~
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-08 00:00 | 祭り(年中行事) | Comments(0)
ウトナイ湖 と 白老牛
f0034392_6462036.jpg

道の駅『ウトナイ湖』で一泊した朝の散歩をフラリと湖畔をよ。

白鳥は釧路に住んでいた時、釧路湿原でイトウ釣りしていて出会ったのが一番きれいだったかナ。





f0034392_6473251.jpg

白鳥の糞って真っ黒くて太いのでビックリ!
硬そうで「これ白鳥のクソかぁ?」ってくらいだもんな。
白鳥の湖を作曲したチャイコフスキー『クソを見なかったのかね?』

形状は「大型動物のです」と言われても納得する。



f0034392_6482689.jpg

朝はコーヒーを飲まなくてはスッきり目が覚めない、夜はアルコール朝はカフェンを摂取すしなけりゃ始まらない。






f0034392_6484077.jpg

一人ワンボックスカーに乗って行方不明もどきの長旅もいいような気がする。
あの住宅地を離れた途端体調が全て絶好調、出発したその日から下痢がピタリと納まって自分で言うのも何だが(オレ自分しか見てネェし)以後立派級。






f0034392_6485143.jpg

コーヒーを淹れるのにはこの注ぎ口の形が広すぎる、もう少しキュッとしぼんでいなくちゃナ、ダメだ。

でも新しく買い替えはしない、使いみちが色々出来て重宝している、」コーヒーを淹れる以外は文句なしです。





f0034392_6503316.jpg

白老ふるさと2000年の森『ポロトの森』キャンプ場の入り口小川、見た目流れの水はきれいだ。





f0034392_6504820.jpg

これで小魚でも泳いでいるとらしいのだが、人工の小川か?





f0034392_6542443.jpg

パンフレットにはキャンプ場が載ってません。
何で・・・だ?






f0034392_1134628.jpg

小川の手前にある砂利広場駐車場に車を止めて小川を渡って数分の所に施設使用センターがあってシャワーが使えるらしいので行ってみる。



料金はこうなっていて、さっそくシャワーを浴びる。
一回200円で旅の垢を少し落とす、気分爽快。
道中コインシャワーがあったが時間的に使えなかったり、現在使用中止だったりで不便よ。
100円で10分でもオレには十分すぎる時間、それがポロトの森は1回200円、時間じゃないが10分以内で出てきた。

管理もキチンとされているようだし次に来た時野営してもようと思う。シャワー室もきれいでした。





マナー悪いから、道の駅トイレに『キャンピングカーの汚物を水洗トイレに流さないで下さい』の張り紙があったし、トイレのロールペーパーを持ち帰らないようにとも書いてあった。
道の駅にコインシャワー設置してもきれいに使わない人が多すぎて採算がとれないんだろうと思う。

キャンピングカーで来た人が道の駅トイレのゴミ箱横に大きな紙袋にゴミをてんこ盛り入れて放置していったオバちゃんがいたしで「どぉ~ゆうこっちゃ!?」










f0034392_6551283.jpg

白老ダ!

白老って言ったら『牛』

道路の案内立て看板を頼りに車を走らすと
「こんな所にレストランがあるのかよ?」ぅて不安になるような道を走らされやっとたどり着いた場所は牧場の片隅のような所にありました。








f0034392_6552744.jpg

看板もいい雰囲気





f0034392_655397.jpg


白老牛ではない。

白老牛を喰いたい、一人前10.000円で少しのお釣りが来る値段
「食べたい、どうする?」

二人の頭には散々な目に合わされているビーフステーキの事が脳味噌ン中で“赤色灯がチカチカ”
無難なところでとこのセットメニュー、大外れでも気持を鎮めるのも簡単価格ってことで、

ところが、この肉でも柔らかくて美味しい!
「どう~する、白老牛も喰う?オレならもう1枚喰える」
「私は無理」

店を出て走り出してから
「なんで白老牛頼まなかったんだ。」とか
「去年のあの叩き広げた硬いビーフステーキの後遺症よ」と
喰わななった。頼まなかった愚痴のオンパレード。



f0034392_65982.jpg

しばらく走って
「カウベルに戻る?」
諦めきれないのよナ。

白老は牛肉で有名なのだし、戻る距離を考えたら現在位置から近い所を探そうってなって

白老駅前の案内所でこれを貰い案内所のオネェさんお勧めの店『いわさき』を
一軒をピンポイントでって(おめぇ~身内か?)






f0034392_6594192.jpg
f0034392_6595339.jpg


“いわさき”の白老牛、なんかぁ見た目が「きをつけっ」「やすめっ」で表現すると「やすめぇ~!」
運んできたのが白老牛の牝か?と思った大きなオバちゃん。

塩コショウで炭火で自分で焼く「うめぇ~!」
脂身なんて口ンなかで溶けちゃう

こうなるとなおさらカウベルで喰わなかった事を後悔しまくりです。







f0034392_712734.jpg

白老牛のパンフレットの写真、見た目この肉を切り取ったベッピンさんで出てくると勝手に思っていたんで
運ばれて来たのを見て『レっ??』

喰った味は「美味い!!」



同じ美味しい肉なら盛り付けの形と器の役目って、でかいよナ。
近々白老のレストラン『カウベル』にいくぜぇ。



オレに金を払わせ美味くないビーフステーキを喰わせた店に一言
食い物は見て匂いを嗅ぎそして味だと思う。
料理人が長髪で手グシしたりタバコ吸うやつって「そりゃ~ねぇ~だろ」
オレは残された時間が少ないのよ、喰う事で貴重な時間と金を無駄にしたかねぇ~のよ。
料金に見合ったモンを喰わせて頂きたい。




で、白老に牛を喰いに行く。





f0034392_744714.jpg

昨年7月、ネットで“ここのお肉凄く美味しい”とかと載っていたので旅の途中寄って喰った7.500円だったかのステーキ。
注文して座った席からその肉を叩いて、叩く調理人が丸見えで、その作業を見て『ゲッ!こりゃ~失敗ダったナ』って、前の席に座った娘と目で『参ったナァ』

調理人の作業を見て

『あの叩き具合じゃ肉を叩き広げるのが目的で、値段に見合わない硬いステーキが出てくるハズだ』

的中!!

目の前に運ばれてきたステーキを見て『!!』
喰って『!!!!!』





f0034392_751485.jpg

今年の6月、札幌で人の出入りが多い場所にある店で喰ったステーキに付いていた屈強な筋。
用意されていたナイフとフォークを使ってどんなに力んで切ろうとしても切れない、
「いらっしゃいまぇ~」
「ありがとうございましたぁ~」
と、にこやかに言うかぁ?

「空いた食器お下げしてもよろしいでしょうか?」の前に、残された筋みて何も感じネェ~のかね?!


オレ達はこの二枚のビーフステーキさえ喰っていなかったら白老牛をカウベルで喰っていたと思うと悔しいねぇ。
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-07 00:00 | 外食 | Comments(0)
9月12日・『門別競馬場』
1レース発走までタップリと時間がある。
競馬場内をウロチョロするのも楽しいし、この場の雰囲気が好きなのダ。
f0034392_10344868.jpg

競馬場内に入ったら新冠温泉で予想したことなどすっかり忘れてしまった。







f0034392_10351759.jpg

時々「競馬って博打、賭け事でしょ?自分は一切いたしません!」て言われる事が多くある。

そんな時こう思う
『人間生きている事自体が大博打だっての、どこの馬の骨とも知らない相手を伴侶に選び、全てのとは言わないが半数を遥か超えたカップルは大外れ券をかっちゃってんでしょ?』

家や車を買っても、あの店は美味しいと聞いて入って注文した料理にだって大外れが多いぜぇ。

結婚なんて人生を賭けちゃうんだ、若いカップルが熱々ムードでいるがそんな状態ってオレがパドックで馬見てるのと同じ、さほど時間が過ぎないうちに相手を見る目が無かったって知らされちゃう、競馬は笑って認めちゃうが男女間じゃヘタすりゃ修羅場だぜぇって、身の回りは博打、賭け事だらけ少ない金額の博打馬券でも競走馬を肉にする頭数を減らせるのであります。
門別競馬を盛り上げれるのでございますダ。






f0034392_1036298.jpg

天気は良いし最高、最終レースまで遊んでいくつもり、第一レース発走までまだまだ時間が有る。






f0034392_1037518.jpg

黒澤愛斗騎手のファンなのよ。










f0034392_10372677.jpg

目付きの悪いやっちゃ~
第一レースの3枠3番アンリヴィエル 牝3 (馬名を間違えていましたウインクエール号です)
騎乗は上の写真です。

黒澤愛斗(くろさわ まなと)騎手

確か一番人気だったと思うがあまりの目つきの悪さに買わなかった。
結果7着でした。


目付きが悪いって鋭すぎる目ではない、ヒステリックで『おめぇ~男問題で悩んでねぇ~ェ??』ってな目付きなんだよ。

それと、下痢している馬も買わない、根拠らしいく言うと
オレのような少ない虎の子叩いて馬券買いに来ているファンに「失礼だろ」ってだけ。











f0034392_10493051.jpg

パドックから戻ってマークシートに記入して馬券購入。






f0034392_1050387.jpg

誘導馬本日一度目の御勤め終了で引き上げます。

誘導馬の騎乗は女性よ。
乗っている姿勢や馬の歩みに小さく合わせた体の動きがきれいで格好いいのよナ。






f0034392_10505991.jpg

返し馬、自分が買っている馬が返し馬で全速力で走っていそうなのを見ると
『おいおい、本レースでバテちゃわねぇ~?』って心配になるのよ。

レース前のウォーミングアップの按配がオレは全く知らないのでハラハラします。





f0034392_10513558.jpg
f0034392_10515234.jpg
f0034392_1052910.jpg

レースが終わっちゃった。

オレ、外れぇ~






f0034392_10533072.jpg

ワンコイン馬券師です。
オレが二点買いする、たとえば2-3  2-5と買うと買っていない縦目の3-5が来るといった按配、
それを知ると肩越しに見て縦目を購入しコツコツと当てていた。

こうゆうのって「気分が最高に良くない!!」

オレとしちゃ~
「ペッ!!クソだ」よ






f0034392_10541860.jpg

f0034392_10542560.jpg
f0034392_10545234.jpg

優勝馬との記念撮影ファンも一緒に撮っていた。
ファンクラブみたいなモンに入っている人達なんだろう、良い記念になりますナぁ。





f0034392_10473194.jpg

『門別グランシャリオナイター』日も暮れてナイター突入。





f0034392_10551791.jpg
f0034392_10554687.jpg
f0034392_1056013.jpg

どうよ?

いいだろうぉ?






f0034392_10561870.jpg

腹が空いてきた。
天ぷらそばとキノコうどんとオニギリを喰う。

オレは天ぷらそば、ホンと美味い!

おにぎりがサランラップに包んであるのが「??」だがすきっ腹には「満足」






f0034392_10564124.jpg

前日、9月11日に滑り込みセーフで楽しんだレース表。
赤囲いがその3レース。





f0034392_10565085.jpg

肩越しに予想数字を見ら多少面白くありませんでした。

赤囲いの10レース
『また覗きにきてんナ』と感じたので新聞の余白に数字を書いてなく

「こんどはどう~なのサ?」って聞くので小声でつぶやくように
「10と11ってのもあるな」

「ホンと!」

レース終了後
「取った?」

「何言ってんの、6-11って言ったじゃない!」
自分の気に入っていた6番が頭にあり、オレの声が小さかったのとで間違えたようです。

少しは気持がスッとしたナ。


馬券の結果、オレは“ゲームオーバー”で最終レースをやらずに今夜の寝床を探しに競馬場をバイバイ。
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-06 00:00 | 競馬 | Comments(0)
ハイセイコー号の像 と 温泉施設
「おはようございます」とまずはハイセイコーの銅像に朝の挨拶をして『楽しい門別競馬場になりますよう』と勝手な願いも少々込めましてのご挨拶でした。
f0034392_1723971.jpg

長距離トラック、近距離小型トラック、キャンピングカー、普通乗用車などが車中泊しているすみに入り込んで熟睡、目覚めは爽快。






f0034392_1734743.jpg

こっちゃ側からも一枚パチリ。






f0034392_1733789.jpg

逆光でもう一枚。






f0034392_175865.jpg

写真をクリックすると大きくして見れます。

門別競馬はナイターなので第1レース発走が14:45、それまで時間がタップリあるし旅の汚れを落とす温泉。
これが大衆浴場???
ってくらいに立派、到着も開店時間前でした。

新冠温泉




f0034392_1763234.jpg

施設全体と広大な駐車場。

施設全体を知るにはネット検索がいい。


なんでこんなに温泉(風呂)が良いんだかオレには分らない!
入浴料600円、

脱衣所で裸になる時間がヤク30秒
浴室に入りシャワーを浴び体、頭をシャンプーして5分くらい
あとなにをする??
あがって濡れた体を拭いて衣服着用して合計15分未満ダ。

入浴料600円のいくら分になるのかぁ?
勿体無い!!

それを何時間も、ヘタすりゃ半日入っているなんてキチガイ沙汰だぜぇ。
バカ政オヤジの中での“七不思議”の一つ、一生涯分らん!!





f0034392_1772656.jpg

待っている間にコーヒーを入れ





f0034392_1774712.jpg

これから行く門別競馬を当たりもしない予想をしている訳。
なんの根拠もなくどう予想するつもりなんだかよ。

それが、このバカさ充満した時間が好きなんだナ。






f0034392_17101162.jpg

少し走るとまた立派級温泉





f0034392_17103473.jpg

トイレの壁タイルも馬、それもシマウマ、馬産地でサラブレットじゃなくシマウマってのがいいよナ。






f0034392_17111095.jpg

13:30になった。
もう少しふら付いて門別競馬場ォ~
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-05 00:00 | 競馬 | Comments(0)
門別競馬場には滑り込みセーフ、馬券は完全アウト!
f0034392_13342535.jpg

伊達から道草をしながら門別競馬到着19:00頃、レース表を貰いながら
「10,11,12と3レースお楽しみ出来ますよ」と係員?のオネェ~さんの一言で大型モニターのある部屋へ




f0034392_13365864.jpg

この雰囲気「いいでンなぁ~」





f0034392_13392258.jpg

ここで予想話を小耳に挟んだり
新聞に印しをつけている馬番をチラ見しては『マジかよ?』と自分の予想馬と比べて不安にもなる楽しい場所でもあります。

「この馬なんてこねぇよ!なんでこれがくる!?」と自信たっぷりに大声で話す若い数人グループ

『その馬オレが買っているヤツだぁ!』と不安になったり忙しいところですよ。

本心は『聞こえネェ~ように話してくんない?オレ人の意見に左右されやすいタイプなんでね』と思うのよ、
特に競馬は





f0034392_13401664.jpg

パドックで馬をチェック?ってどこをチェックしたら的中させれるんですかね?

ここでどれとどれが来るなんてわかりゃ~もうとっくに億万長者になってるって

まったく分りません。





f0034392_13404012.jpg

時々、「分らないっ、」とパドックを離れ数歩進んで振り返った時に
6番と7番のケツが大きくきれいだったので4-7を買い配当が30.120円の万馬券ゲット!
そんな閃きも時にはあります。

配当金の半分を娘に取られました。





f0034392_13405685.jpg

誘導馬に誘導されてコースに出て行ったパドックのこの光景を見てしまう。
パドックを回りながら落としていった馬糞掃除タイム。





f0034392_13413158.jpg

スタート地点でのゲート入り前、一番気持の高まる時間よ。




f0034392_13414480.jpg

最終レースも終わって
3レースのオレの結果はこの写真の通りダ。



f0034392_13422052.jpg

明日は1レースから

一日門別競馬場で過ごす予定、始めて予定をたてました。

まずは一泊、道の駅『サラブレッドロード新冠』見えるのは『レ・コード館』のモンです。

この道の駅も車中泊するにはいい、ゆっくり休めるし、あのハイセイコー号の像があって縁起が良くねぇ~?
その像が写ってンですけれど、撮った者にしか分らないかもしれません。







門別競馬場にたどり着くまで気まぐれに道草喰ってきた中の数箇所。
f0034392_17572279.jpg

大沼駅、しっそりした感じで建っていたかな?
駅員さん?
駅長さんかぁ?
暇だろうナと余計な心配してしまった。





f0034392_17573881.jpg

昆布茶の試飲コーナーで二杯ずつ飲んだ(二度目は一杯に二袋の昆布茶を入れて)道の駅『つど~る・プラザ・さわら』

トイレを使って茶まで飲んで道の駅っていいもんです。
マナーを守って使わねばなんねぇ~。
いい歳喰ったオッサン、オバサンの若い人とかわりがねぇ~、マナーの悪さは





f0034392_182716.jpg

森町の『YOU・遊・もり』道の駅、警察官が9月11日は警察相談の日キャンペーンでチラシとタッチペン+の三色ボールペンにカバの消しゴムをくれた。

二人共にくれたので『早くなくして帰りたかったのかぁ?』
それなねぇな。

本日の門別競馬でそのボールペンを使用してしまったのが負けの原因かもしれません。
原因はそれダ!!





f0034392_182267.jpg

15:40頃、道の駅『あぷた』





f0034392_21513924.jpg

元・チャンピオンのノボリ、ここの出身だった。



自転車で道の駅に全て寄る旅もしてみたいもんダ。
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-04 00:00 | 競馬 | Comments(0)
通りがかりに見つけた公園・・・(函館)
f0034392_2126193.jpg

大沼公園の建物内でこの写真に遭遇し『でっかぁ~!』
しばらく眺めては溜め息。

「えぇ~のォ~」





f0034392_21292789.jpg

えさんから函館市内に舞い戻り朝飯を喰う人の少ない場所を探してたどり着いたのが
立待岬駐車場、まずは湯を沸かして






f0034392_21294572.jpg

(写真をクリックしたら多少大きくなるぜっ)
この景色を見ながら朝飯、贅沢な朝食。






f0034392_21295559.jpg

飯喰った後にこんな事をやらされトホホよ。

後ろで老後観光夫婦が「?????」って小首を傾げながら見ているのにダ。


そのご夫婦、旦那さんが奥さんを記念撮影、奥様右足を数センチ後ろに引いて
腰をクィっと軽くひねり「ハイポーズ」

久々に見た昭和40年代頃の決めポーズ、思わず「プッ」と吹いて見ているオレを無視し堂々の“きめ”でした。

「やるぅ~!」




f0034392_21302356.jpg

道に迷って通りかかった良い雰囲気のこんな所を発見。
さっそく車を道路脇に駐車して徒歩で入って行く「公園?」らしい。





f0034392_21303961.jpg

こんな中を下りて行く

人も少なく歩いている人はオレ達以外は地元の人たしい、犬を連れて散歩する若い人や犬に散歩させられているようなお年寄りやジョキングなどのんびりとした良い感じよ。





f0034392_21305418.jpg

由緒正しいであろう古い建物、立て看板に説明書きしていたが読まなかったし、読んでいても忘れているハズ。




f0034392_21311027.jpg

ゆったりと曲がりながら下がると無料子ども小動物園、鹿もいた。
遊具も小規模ながら完全こじんまりときれいな遊園地、今日は動いていなかった天候のせいかもな?




f0034392_21312614.jpg

鳥類が数種類




f0034392_21314773.jpg

遊園地前のトイレ、こんな所でオレのようなオヤジが汚ねぇ~ケツ出せネェよ。
誰が見てもそう思う可愛くてきれいなトイレ。

オレ、ケツ出して用をたしてきた。

汚さないように
トイレットペーパーは極力短めにし
使用後は汚した処はないかと点検し出て来てトイレに対し
「ゴメンよ」



f0034392_21323288.jpg

その後フラッと立ち寄った先で
“あなたの声をきかせてください”の箱をみつけドブが一声ってポーズ。

その声じゃねぇ~よ






f0034392_21324632.jpg

ご自由にお飲み下さいの張り紙がお湯入りジャーの横に貼ってあって昆布茶の小袋が竹かごに入っていました。

さっそく一杯ずつ飲んで「うめぇ~」

「もう一杯飲もう、二袋入れて」

店員さんが向こうを向いている間に二杯目のカップを持って長椅子に座り

「ヤッパ茶は昆布ダ」なんて言いながら飲む。

こんな事を続けながら

(写真の品は売り物です)





f0034392_23262925.jpg

16:03伊達市に入る。

想像以上にデカイ街だ。





f0034392_23264462.jpg

道の駅も大きいしきれい
伊達の殿様兄弟が一人は石狩当別町、もう一人がこの伊達市を家臣と開拓した殿様の街なんだそうです。
道の駅に鎧兜が展示されていた。

これから門別競馬場に直行、最終レースに間に合うかもしれない

このあたりで 『門別で儲け、伊達で豪遊??』そんなノー天気モード突入
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-03 00:00 | 悪巧み | Comments(0)
ラッキーピエロのハンバーガーを喰う
f0034392_2124343.jpg

やっと来たラッキーピエロ!!





f0034392_2126783.jpg

これと



f0034392_21262372.jpg

これ、二個をコーラーと一緒に




f0034392_21264032.jpg

ここで喰った。
満足!






f0034392_21281047.jpg

少し時間を戻し大沼公園でソフトクリームを食べる。
注文する時に

「イカ墨だぁ」
『あれぇ~オレ韓国語話してネェ??』

「イカスミダァ」・・・な?


食べた感想は
「グレーのソフトクリームを食べた」

店先と言うかその辺りに羆の剥製があって、台湾からの観光団体客の大半がキャキャワイワイと騒ぎながら剥製との記念撮影をしていく凄い人気ダ。




f0034392_2129047.jpg

道の駅『なとえ・えさん』で迎えた朝です。





f0034392_21492758.jpg

[PR]
# by bacamasa | 2012-10-02 00:00 | 外食 | Comments(0)
道の駅『くろまつない』利用者のマナー
f0034392_18384192.jpg

浜頓別町クッチャロ湖畔を出てまもなくのパーキングエリアでコーヒータイム、湯を沸かしている容器はヤカンになったり調理用片手鍋だったり、湧き水場では水汲みヒヤクと30年近く野外遊びに大活躍。

奥尻島に長期間仕事で行っていた時には昼飯時のお汁代わりのインスタントラーメン専用鍋、今は格好も良くて使いやすい野外用容器鍋が売っているがここまで使うと以後これでいいんだぜぇ。





f0034392_1839974.jpg

大好きな羊蹄山を色々な角度から眺め二人「えぇ~ですのう~」の連発、時間の経つのがハヤっ!!





f0034392_18393410.jpg

トイレぇ~と尿意をもうおした頃に道の駅『ピンネシリ交流プラザ』横にキャンプサイトなどもあっていいかナ。
今日はトイレ使用と周辺散策だけ。





f0034392_1840414.jpg

雨模様の中、一息つこうと剣淵道の駅『絵本の里けんぶち』
入り口近くで鶏のモモを焼いて売っていたが、いまは鶏のモモって気分じゃなかったんで中の入り絵本を見て一服よ。
これから雨が強くなるらしい、ラジオ、テレビ新聞無しの生活、天気予報は携帯で時々見るくらい世の中のニュースを知らないで過ごす生活も良いモンです。

コンビニに入っても新聞のチラ立ち読みをする気も起きない。






f0034392_18402311.jpg

方向音痴が二人、助手席のナビ役がオレ以上にハチャメチャ北竜町道の駅『ひまわりの里・サンフラワー北竜』ってよォ??
伊達通って指示通り走っていたら「雨竜ゥ~??」
着いてしまったモンはシャ~ないンで寄ってから次を考える事にする。

それにしてもスゲェ~門、一昔前によく似た建物があったような、そんな感じで門をくぐると立派級施設
すげぇ~ナだよ。





f0034392_18403729.jpg

雨に濡れながら門の龍をアップ。
門の両サイドに階段があってそこを登れば龍と近距離接近でき展望台の役目も果しているようでした。

雨の中登ってドブねずみと龍のツーショットを撮っている馬鹿は他にいませんでした。





f0034392_18404253.jpg

増毛、浜益、厚田って

石狩街道を走ってねぇ?
自宅に大接近してんだけどナ。
このナビねぇちゃん故障してる!!

小樽を通って倶知安です。
いつもここを通ると寄って本を買っていたBOOKOFFが100円ショップになってた。
楽しみだったのに残念よ。




f0034392_18424315.jpg

昨夜遅くに黒松内道の駅『くろまつない』に着いて一泊、朝早く軽ワゴン車に乗ったオネェさんが登りを出し開店。

軽い食べ物とコーヒーなどを販売、さっそくコーヒーを頼むと
「400円です。マイカップ持参の場ワイは350円です。」

400円の紙コップ付きを二杯、予想に反してコーヒーが美味しいンだ。




f0034392_1843221.jpg

コンビニかで買ってきてここで食べそのゴミを芝生の上にそっと置いていったんだな。
建物の前にゴミ箱が有るのにこうだ。




f0034392_18431278.jpg

これなんか車中で飲んでドアを少し開け置いて走り去ったモン。





f0034392_18434939.jpg

極め付けはこれ

この箱の裏駐車場が端っこになっていてコーヒーを淹れる湯を沸かす場所としていいんだよナ。
薄暗い朝に目を覚ましそんな事を考えボンヤリ見ていたが、その場所に車中泊した車が一台止まってた。
すると中年の上品そうな御夫人が箱の裏から現れその車の助手席に乗り込んでいったので
『裏に水道の蛇口でもあるんだろう』と思いながらボヘェ~としてたのよ。5時過ぎた頃その車が出て行ったので湯を沸かそうとその場所に移動したら
あの上品そうな御夫人小用を・・・その痕跡を見つけ湯を沸かしコーヒーを淹れる気分が何処かに飛んでいっちまった。

1分か2分明るい照明の下を歩くときれいな水洗トイレがあるのになんで野ションベンよ?

直ぐに車を移動させあの軽ワゴン車コーヒーを飲んだって訳。

野ションベンした御夫人「コーヒー代800円返してくれ!」と言いたくなる黒松内の朝。





f0034392_18532945.jpg

日本海、道南海岸だ。





f0034392_18541264.jpg

函館に入ってラッキーピエロのハンバーガーを喰う前に温泉大衆浴場で汚れ落とし
ほとんど貸切状態でした。
今日も気まぐれにあっち見たりこっちで飯喰ったりで

あまりの目的計画の無さに笑い合うしか御座いません。

ではラッキーピエロにいくぜぇ。
[PR]
# by bacamasa | 2012-10-01 00:02 | ぼやき | Comments(0)
網走港と鮭 クッチャロ湖畔
f0034392_18501417.jpg

一泊し顔を洗い歯を磨いて深呼吸ってとこです。
場所は道の駅『はなやか(葉菜野花)小清水』

深夜、熟睡していると突然直ぐ横で大型バイクエンジンの爆音を響かせていくモンが数人。
意識的に爆音を発していく迷惑なマナー無視の行動にイラッ!

お湯を沸かしコーヒーを淹れ早朝の熱い一杯を飲んで
「どこ行く?」

「ん~、あっち」

これで本日の行き先方向決定、

あっち方向です。





f0034392_18504272.jpg

細い線になって見える濤沸湖、馬の放牧地てまえのオレンジ色したフッ散らかしは大量のニンジン。

空気が美味い。





f0034392_1850538.jpg

屋根に芝、ノルウェーのグリーンルーフを真似たのか?

この地方(小清水)でどんな利点があんのかナ?

屋根を芝にすると夏涼しい?
年間通して涼しい所だろうしなんて話しながら駐車スペースで軽めのストレッチ





f0034392_1851682.jpg

観光客気分も少し味わい

「あっちってよ、網走じゃねぇ~?」

「じゃ網走」





f0034392_1851493.jpg

網走港

ズラリと並んでの鮭釣り

浮きにビニールタコ付き針に秋刀魚の切り身、投げてはゆっくり、ゆっくり引いている。





f0034392_1852221.jpg

見物中に、この人に鮭が喰らいついた。

引き上げるところを写真にともう一歩近ずこうとしたとき

「バレたぁ~」




f0034392_18522371.jpg

本職漁師さんが上げたばかりの鮭





f0034392_1852397.jpg

ホークリフトで大型輸送トラック積み込む

しばらく遠巻きからその作業を眺めてウロチョロ。





f0034392_18541496.jpg

銀ピカで美味そう。






f0034392_18543288.jpg

作業見物から回れ右すると道路1本挟んだ向こうに“網走感動朝市”







f0034392_18545169.jpg

新鮮な魚貝類を食べさせてくれるし販売もしていた。

しつこい呼び込みやお勧めもなく良い雰囲気、奥の方にテーブルと椅子があってそこで好みの魚などで飯を喰うようになっていたし朝早い時間なのにお客さんが買ったり奥で食事している。
有名なんだナ。

オレ達は喰わず覗いただけでした。
魚介類で朝飯ってのは苦手なんで、どこかでコーヒー淹れてパンとかソーセージとかなんでこの次に。





f0034392_18551082.jpg

網走感動朝市会場近く(直ぐ横って感じ)でギャング針で鮭の引っ掛けをやっていた。
横っ腹に三本錨針が引っかかって引き抜いてコンクリートの上にドテッ!
カラフトマスのオス、魚に触るとヌメッタリ臭くなるからなのかマスの脳天に棒で一撃、針を外すときには左足で尾っぽ側を右足で頭側を踏んで魚に触れないよう外す『なんちゅうこっちゃ!』


朝から見たくないモンを見てしまったナ。



f0034392_19325779.jpg

道の駅『流氷街道網走』裏(すぐ裏よ)の網走川河口岸壁での朝飯。

奇妙な取り組みの二人がコンクリーにモロ座りで喰う
見て見ぬふりしたり、ジロっと見てく人などもなんのその気にせず喰って話して笑ってました。






f0034392_19354063.jpg

あっちゃフラ、こっちゃフラしてそろそろ宿場探し、偶然通った道に“キャンプ場”の看板、Uターンしてキャンプ場へ。

場所は浜頓別町クッチャロ湖畔キャンプ場、キャンプサイトの目の前がクッチャロ湖畔、





f0034392_2315923.jpg

テントを張り終わって藪蚊に喰われた体をかきながら湖畔を見た。
いいんだなぁ。

旅に出てから腸の調子が好調、りっぱ級なんだよ。
旅が終わって帰宅すると途端に何時もの“下痢”自覚症状なしのストレスかな?
今住んでいる立地条件・・・オレ合わないんだナ
きっと。







f0034392_2321510.jpg

テント内で明日から天候下り坂にって情報、ここまで最高に良い天気だったのに雨かよ。





f0034392_2323438.jpg

外に出ると藪蚊の猛攻でテント内で晩飯、食器は洗う手間を省く為に紙容器、毎晩二人共飲んでたナ。

5日目終了。






(追加)
f0034392_816389.jpg

インホメーションセンター近くのクッチャロ湖畔キャンプサイト朝の風景っつうことです。
この場から180度回転すると野営している人がグンと少なく、なんでかっつうと
センター側のトイレは水洗なんだ。
奥のサイトは昔懐かしい香り漂う『ボッタン便所』又は『ボタ場』とも言いますトイレが原因で起こる偏り現象なんだそうです。
(写真をクリックすると多少大きくなりますぜぇ。)

6日目、何処に行く?
[PR]
# by bacamasa | 2012-09-30 00:00 | 釣り | Comments(0)