五厘(本当は一厘)坊主刈り・・・にされてしまった。
f0034392_0342356.jpg
襟足を整えてもらいましょうと長さ調整カバーを外し一厘刈り(0・5mm)の電気バリカンを絵描き屋さんに渡したら鼻歌まじりで「ハイハ~イ」と軽い調子でグイ~ンと襟足から頭のてっ辺目掛けてバリカンを登らせてキィ~たァ~!
ニット帽やセーターが引っ掛かって数日厄介な目に会う。サボテンにパンスト穿かせる事を想像すればご理解頂けるかと考えます。 それにしても腹立たしい「ギャハ~っ!間違えちゃったワ。キャハぁ~」ってんだから。
エコねこ石鹸屋さんが来たのが次の日「この生え具合って触ると気持いいよねぇ~」って後ろから触り小さなこぶを抓み・・・『オレの頭で遊ぶナ~』
※ 写真は小樽の『ぱんじゅう』ではない。壁に写った一厘刈りの頭と真上に乗せたメガネと反射光の影。
[PR]
by bacamasa | 2009-03-22 00:03 | ぼやき
<< 出っ歯の基準とメンテナンス有り... 落書き ・・・ 歯の矯正説明補... >>